クレジットカードやポイントの情報を中心に、お金の効率的な使い方・増やし方を伝えるメディア

クレカマネー

LUXURY CARD ラグジュアリーカード

LUXURY CARD ラグジュアリーカードで新生銀行ランクが「プラチナ」へ!

投稿日:

【特報!】楽天カードが新規入会&利用で「7000ポイントもらえるキャンペーン」を12月18日(月)10:00まで開催!!!申込するなら今!

新生銀行の子会社が発行する富裕層向けの「LUXURY CARD(ラグジュアリーカード)」 が2016年11月1日に登場しました。

最初にこのカードが登場したという話を聞いた時、私は「ふ~ん」ぐらいにしか思ってなかったんですよね。

私は実用性重視のカードしかもっておらず、「プラチナカード」や「ブラックカード」みたいなステータスというか格式重視で、ポイント還元率があまり高くないカードにはあまり興味がないからです。

でも、最近になってあるメリットに気付きました。

それは、このカードを持つことによって新生銀行ランクが「プラチナ」になるってことなんですよね。

私が利用している銀行口座の一つに「新生銀行」があるのですが、元々は「Tポイント目当て」で口座開設してTポイントがもらえるアクションを行って、こつこつ「Tポイント」を貯めていました。

ですが、それがきっかけで、少しの額ではありますが、「外貨預金」・「外貨定期預金」を始めたり、「投資信託」を始めたりして、それが結果的に自分が投資を興味を持つことにつながったんですよね。

で、お金を外貨に換えるときに手数料がかかるわけですが、「新生銀行」はランクによって手数料が違うんですね。

「新生プラチナランク」・「新生ゴールドランク」・「新生スタンダードランク」

とあって、「新生プラチナランク」が一番為替手数料が低いんですよね。

余裕資金があまりなく、投資金額もそれほど多くない私みたいな人は、がんばっても「新生ゴールドランク」が限界です。

でもそこを「新生プラチナランク」に出来たら、為替手数料をさらに下げることができるわけで、どうにかして「プラチナランク」にできないか考えてたんですよね。

そこで「LUXURY CARD(ラグジュアリーカード)」登場です。

新生銀行の「新生プラチナランク」の条件に、「LUXURY CARD(ラグジュアリーカード)」を保有しており、月に1回でも使えば「新生プラチナランク」になれるんですよね。

一番年会費が安い

・Mastercard® Titanium CardTM  

で、

年間50,000円+消費税4000円

かかってしまいますが、新生銀行のランクが「プラチナ」になるのと、カードの素材がめずらしい金属製という点を考えると、たまにはこういうカードを持つのもいいかな?

と考えてます。

-LUXURY CARD ラグジュアリーカード

Copyright© クレカマネー , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.