クレジットカードやポイントの情報を中心に、お金の効率的な使い方・増やし方を伝えるメディア

クレカマネー

dカード Tポイント ガソリン dポイント

ガソリン給油におすすめのクレジットカード(月1,2回給油版)

投稿日:2017年8月11日 更新日:

私はクレジットカードを10枚程所有していますが、ガソリンスタンド用のクレジットカードは1枚も保有しておりません。

理由は、ガソリンを給油する頻度が月に1、2回程度であることと、ガソリン専用カード以外のクレジットカードを使ったほうが十分にお得だからです。

スポンサーリンク

月1,2回程度の給油でおすすめのカードは「dカード(GOLD)」

月1,2回程度の給油であれば「dカード」がお得だと思います。
「dカード」を「エネオス」で利用+電子マネー決済 をすることによって還元率がいいからです。
では、今からその還元率の良さを解説します。

 

dカードは「エネオス」特約店!100円につき2ポイントで還元率2%

「エネオス」ではクレジットカードの特約店がたくさん存在しますが、「dカード」もその中の1つです。
「dカード」は基本還元率1%ですが、特約店の「エネオス」でdカードでの支払いを行うと+1%で還元率が2%になります。

 

「dカード」付帯の「iD」払いだとキャンペーン時3%還元!

「dカード」には電子マネーの「iD」が付いていますが、そちらで払っても特約店のポイントは付きますので2%になります。

dカードは、毎年11月~5月までの間にカード付帯「iD」使用でポイント2倍キャンペーン(エントリーが必要)を行っていますので、その間に「iD」で支払いを行えば、

dポイント決済1%+dポイント特約店1%+「iD」決済1%=還元率3%になります。
「エネオス」のセルフスタンドでも画面に「ケータイ ICカード」という表示がありますので、そこを押せば電子マネーが使えるようになります。

「iD」で支払う際は一番右の「iD」をクリックして「dカード」をかざします。

 

「dカード」は「Apple Pay(アップルペイ)」キャンペーンで最大ポイント7倍も

エネオスでは「Apple Pay(アップルペイ)」で支払うことも可能です。
「dカード」を「Apple Pay(アップルペイ)」に登録すると「iD」として支払うことができるようになるので、「iD」払いと同じように「ケータイ ICカード」→「iD」を選択し「iphone7」を画面にむかってかざせばOKです。

dカードキャンペーン

Apple Pay のご利用で今ならもれなくポイント7倍 (2017/4/28~6/30)

 

この「Apple Pay(アップルペイ)」ポイント7倍キャンペーンの時に「エネオス」で給油すれば、

dカード決済1%+dポイント特約店1%+「Apple Pay(アップルペイ)iD」決済6%(7倍)=還元率8%になります。

 

「エネオス」ではさらにTポイントも貯まる店がある。

「エネオス」はTポイント対象店でもありTポイントも貯まるのですが、「dカード」のような特約店カードで支払いをしようとするとTポイントが貯めることができない店が多いです。

でも、一部ですが「dカード」で支払っても、Tポイントを貯めることができるガソリンスタンドもあります。

でも、私がエネオスを数店舗まわって感じたことは、Tポイントも貯めることができるエネオスは、ガソリンの価格も高めに設定されているということ。

ポイント分がガソリンに上乗せされている感じです。

私がよく利用する「エネオス」では、「Tポイント」は貯めることができないのですが、その代わりとして、次回利用時リッター2円引きQRコードのレシートが出てきます。

それを利用すれば、リッター2円引き=一般価格から会員価格にガソリンの価格を下げることができます。

ですから、「エネオス」ではTポイントが使えるかどうかだけに着目するのではなく、ガソリンの価格にも気をつけて見て欲しいということですね。

「エネオス」のスタンド選びをする時は、ガソリンの価格だけでなく

ガソリンを実質「会員価格」で入れることができる

スタンド選びをすることが重要です。

 

まとめ

「dカード」を「エネオス」で使った場合の還元率を表にまとめるとこんな感じです。

 通常時  iDキャンペーン時  Apple Payキャンペーン時
2%  3%  6% or 8%

これらの還元率に加えて、「dカード」はあとからリボに設定すれば還元率+0.5%、さらに「dカードGOLD」なら年間100万円カード利用で10000円クーポンが発行されるので実質還元率+1%です。

正直、「Apple Pay」キャンペーン時以外は、「還元率が少ないかな?」というところですが、もっと得したい人は他の手段もあります。

それは「楽天バリアブル」といって、それをキャンペーン時に購入して、獲得した「楽天ポイント」を「出光」で使えば、実質還元率7%を達成できます。

「dカード」で「Apple Pay」と「楽天バリアブル」を両方準備しておくのがガソリンスタンドで得するポイントです。

「楽天バリアブル」の詳細については,↓コチラ↓の記事をご覧ください。

楽天バリアブルカードキャンペーンで約7%ポイント還元ができる!開催情報と電子マネー&クレジットカード購入技の紹介

 

「dカード(GOLD)」の簡単な解説

「dカード」と「dカードGOLD」でカードでの支払いによるポイントの貯まり方に違いはありません。

普通の方なら「dカード」で十分 基本還元率は1%ですが、あとからリボ設定にして毎月リボ残高が発生するような支払い方をすれば、還元率は1.5%になります。

 

ドコモのスマホ契約者なら、断然「dカードGOLD」がおすすめ!携帯利用料金の10%を「dポイント」で還元。携帯全損3年保証。年間100万カード利用で1万円相当のクーポン取得で実質還元率2% あとからリボで2.5%にもなります。

 

月1,2回程度ガソリンスタンドを利用する人には最もお得な「dカード(GOLD)」。
私も当然「dカード」スタンダード持ってます!
ポインコデザインもあり。(↓クリックすると公式サイトに移動します↓)

 

クレジットカードでかなり得することに興味がある方は、お得なクレジットカードランキングを作成しましたので↓そちら↓もご覧ください。
>>ポイント還元率で選ぶおすすめクレジットカードランキング2017

-dカード, Tポイント, ガソリン, dポイント
-,

Copyright© クレカマネー , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.