今の時代、すべての支払いをクレジットカードで行うことこそが最強です。ポイントがたくさん貯まるからです!おすすめのクレカの比較やランキング・電子マネー技等

最強!クレジットカード

*

アップルペイ(apple pay)

iphone7「Apple Pay(アップルペイ)」登録におすすめの対応クレジットカードは?「wallet(ID/QUIC PAY(クイックペイ)」アプリ編

投稿日:

「Apple Pay(アップルペイ)」が登場しましたが、仕組みが複雑すぎますね。。。。(苦笑
「iphone7」を購入していない状態で、「Apple Pay」についての情報収集をしようとしても、なかなか頭に入ってきません。。。w

これは、自分が実際に使ってみないと、完全に正確には理解できないなと思いまして、今使ってるandroid携帯を2年契約の途中でしたが機種変更して、実際に「iphone7」を手に入れ、今現在「Apple Pay」を実際に使っています。

で、実際に使ってみて感じたことなんですが、「ID/QUIC PAY」を使う時に、登録する「Apple Pay」対応のクレジットカードの中でどれがおすすめなのかは、「キャンペーン」が鍵を握ることがわかりました。

「Apple Pay(アップルペイ)」におすすめの登録クレジットカードは、「キャンペーン」の充実さで選ぼう!

「Apple Pay(アップルペイ)」に登録するカードは、なぜ「キャンペーン」で選んだほうがいいのか説明します。

「Apple Pay(アップルペイ)」は、電子マネーの「ID」や「QUICPAY」に転換させて支払いを可能とする仕組みなのですが、「ID」や「QUICPAY」の最新バージョン「QUICPAY+(プラス)」は限度額のない後払い方式とはいえ、小額の決済に使用する方がほとんどです。「電子マネー」で高額な支払いをする方はほとんどいません。

毎月、「Apple Pay(アップルペイ)」で高額な決済を行っていないのであれば、それによって貯まるクレジットカードのポイントもそれほど多くありません。

得られるポイントが少ないということは、クレジットカードのポイント還元率が違っても、それほど大きな差にはなりません。つまり、「ポイント還元率」でクレジットカードを選ぶ必要はないということになります。

「Apple Pay(アップルペイ)」対応のクレジットカードのポイント還元率は0.5%~1.5%まであります。

還元率0.5%というものもありますが、さすがにそれは還元率が低すぎてポイントがほとんど貯まらないので、最低でも還元率が1%あれば「Apple Pay(アップルペイ)」では合格ラインともいえます。

話をまとめますと、「Apple Pay(アップルペイ)」では、還元率が1%以上で、お得なキャンペーンが定期的に開催される「クレジットカード」がおすすめということになります。

これから、その条件を満たすカードをオススメ順にランキング形式で紹介していきます。

1位 dカード 還元率1%+キャンペーンが充実

dカードは還元率1%と合格ライン。「dカード」「dポイント」普及のためにドコモの資本力でお得で魅力的なキャンペーンを展開していくものと思われます。

期間 キャンペーン内容
2016 10/25~2017 1/31 1万円以上利用で1000名に10000ポイント
2016 11/25~2017 3/31 dポイント5倍(上限1000ポイント/月)

特筆すべきは、dポイント5倍キャンペーンですね。「ID」が使えるお店で「Apple Pay(アップルペイ)」使用で還元率5%。「マクドナルド」「nojima(ノジマ)」なら請求時3%offなので合計8%還元。さらに、ローソンなら「dポイント」のポイント3倍キャンペーンもありますので、合計11%還元ととんでもない還元率になっています。(1月31日まで)

「dカード」を手に入れて、ぜひ「Apple Pay(アップルペイ)」を使い、脅威の還元率を達成させましょう!

-アップルペイ(apple pay)
-

Copyright© 最強!クレジットカード , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.