クレジットカードとポイントのおトク情報から、お金の増やし方(資産運用)について解説するサイトです。

クレカマネー

自動車保険

保険の窓口インズウェブの自動車保険一括見積もりサービス

投稿日:

多くの方が自分でマイカーを購入する際に、一緒に自動車保険に加入すると思いますが、その時、どの保険に加入しようと悩む人も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

たしかに、自分で保険会社を1社1社調べていくのは大変ですし、それだけの時間もなかなか取れませんよね。

そのな時に便利なのが、自動車保険の一括見積もりサービスです。

この自動車保険の一括見積もりサービスは、専用サイトから必要項目を入力するだけで複数の自動車保険会社の見積もり額を結果として出してくれるので、自分でも簡単に比較する事が出来て、大変便利です。

いまでは、たくさんの自動車保険の一括見積もりサイトが登場していますが、今回紹介するのは、その中でもユーザの支持を多く集めて評価が高い「保険の窓口インズウェブ」です。

このインズウェブの一括見積もりサービスは、最大で20社の保険会社の比較が可能です。また、利用者が900万件と非常に多く、保険料も以前よりも安くなったという声が数多く聞かれるなど、堅実な実績を誇っています。

さらに、インズウェブのサービスをご利用になったユーザーの方には、素敵なプレゼントがもらえるキャンペーンも定期的に開催されています。

それでは、保険の窓口インズウェブの一括見積もりサービスがどの様なものなのか、これから詳しく紹介していきます。

 

保険の窓口インズウェブとは?

保険の窓口インズウェブは、SBIホールディングス株式会社が2000年4月から始めた、インターネット上で行う保険の一括見積もりサービスです。

SBIと言う社名をどこかで聞いた事がある方もいらっしゃると思いますが、元々はソフトバンクグループの金融関連企業で、1999年に設立されました。

その後SBIホールディングスはソフトバンクグループから独立し、いまやSBI損保、SBI証券などの子会社を抱え、連結従業員数が約5,400人、連結売上高が3,370億円を誇る東証一部上場の大手企業となっています。

ですからインズウェブは、この大手企業であるSBIホールディングスの個人情報保護方針の下で運営されており、利用者は自分の個人情報の漏洩を心配が無いので、高い安心感を持ってサービスを使う事が出来ます。

また、実際にインズウェブに一括見積もりサービスを利用した人は、平均で3万円強も保険料が安くなっています。

そのような実績もあり、現在の利用者数は900万人を突破しており、2018年度のgooランキング調査では、「利用者数」・「満足度」・「使いやすさ」・「安心度」・「わかりやすさ」の5部門で第1位を獲得しています。

提携している会社も、子会社のSBI損保をはじめ、東京海上日動・損保ジャパン日本興亜などの4大メガ損保、アクサ損害保険・チューリッヒなどの外資系損保、さらには地方の神奈川県民共済や他業種の住友不動産まで計23社(2019年5月現在)と多岐に渡っています。

 

インズウェブでの見積もりの流れ

それでは、実際にインズウェブでの見積もり方法を説明していきます。

事前に準備するものは、現在保険に加入している方なら保険証券・更新ハガキ、新規加入したい方なら車検証になります。

事前準備が出来たら、次は専用サイトをパソコンやスマートフォンで開いて、いよいよ必要事項の入力です。

1.必要項目の入力

入力内容は以下になります。

所有車の情報

  • 車の情報(初度登録年月・メーカー名・車名・型式)

付加情報

  • 保険加入状況
  • 車の使用状況(使用地・使用目的・予想年間走行距離)
  • 改造車か否か(※改造車は一括見積もりの対象外)

現契約情報

  • 車のナンバー
  • 現在の契約内容(保険会社等・保険満期日・ノンフリート等級・事故有係数適用期間)
  • 保険金の適用件数

運転者情報(個人情報)

  • 主な運転手の情報(氏名・生年月日・性別・婚姻状況・職業・免許証の色・保険契約者との続柄・過去1年以内の免許停止及び免許取り消し処分の有無)

保険契約者情報

  • 保険契約者の情報(郵便番号・住所・居住形態・電話番号・メールアドレス)
  • 車の所有者

保険契約情報

  • 見積もり希望の補償内容及び保険金額
  • 特約等(自動ブレーキシステムの有無・ファミリーバイク特約の有無・保証される運転者の範囲)
  • 運転条件(運転予定者の中で最も若い方の年齢)
  • 保険に対する希望(保険選択の際の重視点・保険会社又は代理店からのアドバイスの有無)

以上、ここまでが入力項目になります。

ここまでの入力は最短で5分程度しかかかりませんので、気軽に調べる事が出来ます。

2.見積もり結果の確認

全ての必要項目への入力が完了した直後には、見積もり結果を確認する事が出来ます。

見積もり請求の完了後、送られてくるメールに書いてあるURL、ID、パスワードを使いログインすると、その場で見積金額を確認する事が出来ます。各保険会社からのDMを待つまでもありません。

そして、この見積もりサービスは、最大20社の比較が可能となっています。

このように、複数の保険会社の見積もり結果がすぐに確認出来るのは、利用者にとっては間違いなく大きなメリットですね。

また見積もり結果は、郵送でも送られてきます。見積もり申請をしてから3日程度で自宅にハガキが届きます。入力した条件とは違うプラン内容まで案内してくれますので、こちらも大変参考になります。

 

3.見積もりの比較検討・加入へ

その後は、その見積もり結果を基に各保険会社のプランを比較検討して、自分が契約したい保険会社が見つかればその保険会社に申し込む、という流れになります。

ここで気を付けたいのは、インズウェブでのサービスは、あくまで自分が入力した条件に沿って各保険会社の自動車保険の見積もりを出す事です。

ですから、結果が出た時点で無理にどこかの保険に加入しなければならない訳ではありません。この結果を参考に自分でじっくり吟味してみて下さい。

以上がインズウェブでの見積もりの流れになります。

 

何と言っても、見積もり結果がすぐに分かる事が大きなメリットではないでしょうか。現在加入の保険の満期日が近くなっている時に、次はいまの保険を延長するかそれとも別な保険に乗り換えるか、と悩んでいる時に大変便利です。

 

見積もりの結果どのくらい節約出来るの?

冒頭でも述べたように、インズウェブの一括見積もりサービスを利用した人は、平均で3万円強も保険料が安くなっています。中には5万円以上も安くなった人もいます。(※2018年度に行われた、インズウェブを初めて利用された方のアンケート結果より)

なぜ、これほど安くなるのかと言うと、比較の対象となる保険会社の中に、代理店型の保険会社とダイレクト通販型の保険会社が一緒になっているからです。

代理店型と違いダイレクト通販型は、支店や代理店を持たないので、コストがかからない分、保険料を安く出来ます。

勿論、これは一例に過ぎません。しかし、他の様々な要因も合わさって保険料が安くなる可能性は十分期待出来るのです。

 

加盟店からの電話勧誘は?

インズウェブの一括見積もりサービスには、20社超が提携していますが、ここで皆さんが気になるのが、「インズウェブの一括見積もりサービスを利用したら、保険会社の営業から保険加入の勧誘電話がかかってくるんじゃないの?」と言う事ではないでしょうか。

確かに、個人情報を必要項目として入力していますので、それが各保険会社に本人の知らないうちに提供されているんじゃないかと心配にもなりますよね。

それでは、インズウェブを利用しただけで勧誘の電話はかかってこないのでしょうか。

結論から言うと、そのような営業目的の電話は一切かかってきません。

インズウェブでは、個人情報は厳重管理の下で管理されています。一括見積もりサービスのサイト上で入力された個人情報を含むデータは、不正アクセス防止の為に暗号化されているので、データ漏洩について心配する必要はありません。

安心して、インズウェブのサービスをご利用頂けます。

ただし、インズウェブの運営会社であるSBIホールディングスから、お知らせメールが定期的に届く場合があります。この点は注意が必要です。

もしお知らせメールが鬱陶しいと感じたら、届いたメールに記載されている配信停止のURLから自分でメールストップの設定を行ってください。

 

キャンペーンが充実

キャンペーン期間中にインズウェブの自動車保険一括見積もりサービスを利用すると、特典として様々なプレゼントがもらえます。

何と言っても利用者にとって嬉しいのは、このキャンペーンが、サービスを利用するだけでプレゼントがもらえる事です。何もどの保険に加入しなくても良いのです。

このような特典が、インズウェブが利用者間で評価が高い要因の一つになっていると考えられます。

このキャンペーンは不定期開催ではありますが、頻繁に行っておりますので、タイミングが合えば是非申し込んでみて下さい。

また、もらえるプレゼントは毎回異なります。

開催期間、プレゼント内容など公式サイトでこまめにチェックしてみて下さい。

 

以下に、過去に行われたキャンペーンの中でも人気のあった何点かのプレゼントについて説明します。

アイスのハーゲンダッツをプレゼント

あの有名なアイスブランドのハーゲンダッツのミニサイズを3個ももらえます。

電子ギフトが発行されるので、その電子ギフトを全国のローソンに持って行けば、バニラ・ストロベリー・グリーンティーのいずれかと交換出来ます。

 

ケンタッキーフライドチキンをプレゼント

ファストフードで有名なケンタッキーフライドチキンのオリジナルチキンが3ピースセットもらえます。

電子ギフトが発行されるので、その電子ギフトを全ケンタッキーフライドチキン各店舗のレジで提示すれば、交換出来ます。

 

インズウェブのデメリット

ここまでインズウェブの特長やメリットについて説明してきました。

確かに良い事ずくめのように思えるインズウェブの自動車保険の一括見積もりサービスですが、そこで気になるのが「それじゃ逆にデメリットは無いの?」と言う事ではないでしょうか。

実は以下のようなデメリットがあります。

インズウェブは、最大20社の保険の見積もりを比較出来ると謳っていますが、実際はそれほど多くの保険会社の見積もりが出る事はありません。

通常で4~6社程度です。なかには2社のみというパターンもあったりします。

これは、20数社も提携している保険会社があれば、似たようなサービスがどうしても出てきてしまうので、それらを取捨選択している為、比較候補に挙がる保険会社が少なくなってしまうと考えられます。

また、一括見積もりサービスでも、各保険会社の細かなサービス内容までは比較出来ません。

保険会社によっては、基本的な補償内容以外にも、様々な特約がオプションとして付いてくる場合があります。それらの特約の内容は保険会社によって異なりますので、単純にどれが良いとかどれが駄目だとか一律に決める事は出来ないのです。

これはインズウェブに限らず、他の自動車保険の一括見積もりサービスでも同様の事が言えます。

ですから、単純にインズウェブの比較で、一番安い保険を見つけたからと言う理由で、そのままその保険に契約するのは、むしろ損する場合が十分考えれます。

以上の事から、インズウェブで保険料を比較するのは、あくまでも参考程度として、それから各保険会社の補償サービス内容を自分で細かくチェックし、その後でどの保険に加入するかを判断すれば良いのではないでしょうか。

 

関連記事

自動車保険見積もり一括査定サイトランキング



この記事のURLとタイトルをコピーする


-自動車保険

Copyright© クレカマネー , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.