楽天カードは最強の節約カード!得するメリットを思いつく限り挙げてみる!

楽天カード通常デザイン

「クレジットカードを1枚しか持てない」という制限があったら自分はどのカードを選ぶのかというと、私は迷わず「楽天カード」を選びます。
なぜなら、最も節約に適しているからです。
これからその「楽天カード」を使った節約の方法と、「楽天カード」の特徴を網羅的にご説明致します。

 

 

楽天カードのショッピング限度額が200万円になる人がいる!

「楽天カード」はクレジットカードの種類でいうと「ノーマルカード」です。
「ノーマルカード」はショッピング限度額が多くても100万円であるのが一般的ですが、楽天カードは限度額が200万に上がります!

カードを新規に取得した時は「楽天カード」でも100万円なんですが、有料なお客さんと認められると限度額がある時から突然200万に上昇します。

200万に上昇するための条件・基準はわかりませんが、もし200万円に上がれば臨時増枠の手続きなしで高額なお買い物ができますので大変便利あり、ノーマルカードでありながらゴールドカード・プラチナカード並みのショッピング限度額を与えられるのが「楽天カード」のメリットです。

参考記事:ノーマル楽天カードなんたが突然利用枠が200万にされたが

 

楽天ポイントの貯まり方がすごい!

「楽天カード」のポイント還元率は基本1%ですが、「楽天カード」をうまく使えばこれにブーストがかかり、還元率が恐ろしい程に上昇します。

「楽天市場」で買い物をすれば還元率3% 他のキャンペーンの組み合わせれば還元率20%も!

「楽天市場」で「楽天カード」を使えば+2倍で還元率3%になります。

さらに「楽天市場」ではSPU(スーパーポイントアッププログラム)といって、いろいろな条件をクリアすればポイントが最大+14倍で還元率15%になります。

これに「楽天お買い物マラソン」や「楽天スーパーセール」やその他のキャンペーンを組み合わせればポイントは最低でも還元率20%は確実に達成できます。

ポイント還元率20%の達成の仕方は、↓コチラ↓の記事で詳細に説明していますので、興味がありましたらご覧ください。

関連記事:楽天市場で楽天カードを使って常に還元率20%(ポイントアップ22倍)を達成する方法を教えちゃいます!

 

楽天市場以外で使っても条件をクリアすれば還元率2%に!

楽天の基本還元率は1%なので、「楽天市場」以外で「楽天カード」を使っても基本1%なのですが、「楽天カード」のキャンペーンに毎月登場する還元率2倍キャンペーンにエントリーすると、月15000円以上の利用で還元率1.5%、月40000円円以上の利用で還元率2%になります!

街でのご利用分楽天ポイント最大2倍

キャンペーン詳細のページも載せておきます。

>>>【毎月開催】楽天市場をご利用の方 街でのご利用分ポイントが最大2倍!(2019年2月期)

※街での利用=「楽天市場」以外での利用

 

獲得した楽天ポイントは投資で増やせる!

獲得した楽天ポイントを投資で増やすことができるのもメリットです。

ポイント投資には、簡易的なポイント投資と、本格的に「楽天証券」に口座を開いて運用する投資とがあります。

ちなみに投資に使えるポイントは「通常ポイント」のみです。

「期間限定ポイント」は投資には使えません。

お試しなら簡易的なポイント投資でもいいと思いますが、「楽天証券」に口座を開いて月に1ポイント以上利用して500円分以上の投資信託商品を購入すればSPUの対象となり、「楽天市場」でのお買い物が+1倍になりますので今後「楽天グループ」のサービスに集約してどっぷりポイントを貯めていく予定なら「楽天証券」口座を開設してポイント投資をすることをおすすめします。

 

楽天ポイントの使い道

楽天ポイントには、「通常ポイント」と「期間限定ポイント」があります。
「楽天通常ポイント」と「楽天期間限定ポイント」との違いは、「期間限定ポイント」のほうが利用期限が決まっている他、使える場所にも制限があります。
この記事では、「楽天通常ポイント」と「楽天期間限定ポイント」両者の違いと、それぞれおトクな使い方をご紹介したいと思います。

「楽天ポイント」は「楽天市場」で使ったら損!

貯めた「楽天ポイント」を「楽天市場」で使うのは損です。

もらえるポイントが少なくなるからです。

SPU最大15倍というものがありますが、もし最大15倍を達成したとして、「楽天ポイント」を使って「楽天市場」でお買い物をすると10倍にしかならないんです。

SPU15倍内訳

引用:【楽天市場】SPU↑スーパーポイントアップ

SPUの中に楽天カード利用が条件のものが+5倍分ありますので、「楽天ポイント」を使って買い物をするとノーマル「楽天カード」のユーザーは+3倍分、「楽天ゴールドカード」「楽天プレミアムカード」ユーザーは+5倍分の「楽天ポイント」がもらえなくて損をすることになります。

 

他にも、【楽天市場】毎月5と0のつく日ポイントが+2倍になる重要キャンペーンも「楽天カード」利用が条件なので、「楽天ポイント」を使ってしまうと「楽天ポイントが」+2倍分もらえません。

 

このように、「楽天ポイント」を「楽天市場」で使うのは損なので、「楽天ポイント」は「楽天市場」以外で使ったほうが絶対にいいです!

 

では、「楽天ポイント」を「楽天市場」以外で使うにしても一体どこで使えばいいのか?

これから、「楽天ポイント」の使い方を「通常ポイント」と「期間限定ポイント」に分けて説明致します。

 

 

楽天通常ポイントは通常ポイントでしか使えないものに使おう!

「楽天通常ポイント」は、「楽天期間限定ポイント」と比べて使える幅が広いです。
なので、「楽天期間限定ポイント」では使えない、「楽天通常ポイント」でしか使えないところで使うのがおすすめです。

楽天通常ポイントの利用期限

「楽天通常ポイント」に有効期限はあります。
最後にポイントを獲得した月を含めた1年間です。
でも、いつもマメに「楽天市場」や「楽天ポイント加盟店」でポイントカードを出してポイントを獲得している人にとっては、実質無期限のポイントです。

 

楽天通常ポイントの使い方1 楽天証券で投資信託を購入して換金(現金化)!

「楽天通常ポイント」は合法的に現金化できます。

その方法とは、

①「楽天証券」で口座を開設して、「楽天証券」で「投資信託」を購入する。

②「投資信託」を購入してしばらく経つと解約できるようになるので「投資信託」を解約する。

③「楽天証券」の口座残高に「投資信託」を解約した分のお金が入ってくる。

④その入ってきたお金を現金として引き出す。

この手順で現金化ができます。

現金化せずに「投資信託」として運用するのも手

楽天通常ポイントを現金化しないで、しばらく「投資信託」として保有しておくのも手です。

購入した「投資信託」の価額が上昇すれば、含み益が出ます。

例えば、10000ポイントが11000ポイントに増える可能性もあるということです。

ただし、その逆で下落相場に巻き込まれてしまうとポイントを失う可能性も十分にあります。

私の場合ですが、10万ポイント以上「楽天通常ポイント」を「投資信託」にまわしていますが、

相場の下落に巻き込まれて2万円以上マイナスになっています(泣笑

私のように2万ポイントも損することのないように。

あくまでも投資は自己責任でお願い致します!

 

楽天通常ポイントの使い方2 Edyに102%のレートでチャージする

楽天の通常ポイントは、電子マネー「Edy」にチャージすることができます。

「Edy」に交換する際に、2%増量されて102%でチャージされるキャンペーンがありますので、その時を狙って「Edy」に交換します。

ポイントからのチャージでチャージ額の2%分プレゼント!(2018年1月)

上記リンク先は2018年1月のキャンペーンになりますが、「Edy2%増量キャンペーン」は毎月、10日間の日程で開催されています。

今月の「Edy2%増量キャンペーン」が始まりましたら、ここでご紹介させて頂きます。

「Edy」に交換すれば、各コンビニ等「Edy」が使えるお店でお買い物ができます。

 

楽天通常ポイントの使い方3 ANAマイルに交換する

マイルを貯めている陸マイラーの方におすすめなのが、「楽天通常ポイント」を「ANAマイル」に交換することです。

50%のレートで「楽天ポイント」→「ANAマイル」に交換できます。

クレジットカードの利用で貯めたポイントをマイルに交換する方法がありますが、クレジットカードの還元率はせいぜい1%なので、
マイルに交換してもそんなにマイルが貯まりません。

また、「ANAマイル」交換で有名なのが、「ポイントサイト」から「ANAマイル」に交換するソラチカルートですが、そのルートを通るために必要な「ソラチカカード」は株式会社ジェーシービーが審査・発行しているので、全員が簡単に手に入れることができるカードではありません。

また、「ソラチカルート」も改悪され、交換レートも90%→81%に落ちてしまいましたし、交換ルートもさらに遠回りになり交換する手間が面倒です。

なので、「楽天市場」でポイントを貯めて「ANAマイル」に交換するのが一番手っ取り早いのではないかなと思います。

 

「楽天通常ポイント」をたくさん獲得するためには、楽天通常ポイントが10倍もらえるポイントアップ商品

【楽天市場】楽天通常ポイント10倍商品 検索結果
(中には通常ポイント20倍のものも入ってます!)

 

商品価格が割高だけど、その代わりに楽天通常ポイントが多めにもらえる

【楽天市場】楽天スーパーDEAL

を利用して「楽天通常ポイント」を獲得するのがおすすめです。

 

楽天通常ポイントの使い方4 楽天カードの利用額に充当する

ポイントを使うのが面倒であれば、シンプルに「楽天カード」の利用額にポイント充当して、月々の支出を抑える方法でいいと思います。

「楽天カード」の支払い額を、「楽天ポイント」で支払えるようになったのはつい最近の話です。

2018年9月12日からです。

PCからだと「楽天e-NAVI」の管理画面から、

スマホからだと、「楽天カードアプリ」のご利用明細の左上に「ポイント支払い」のボタンが表示されていますのでそこを押します。

楽天カードポイント支払い

「楽天カード」の口座引き落とし日は毎月27日ですが、12日~20日の間だけ「楽天ポイント」で支払う手続きを行うことができます。

 

「楽天期間限定ポイント」は街のお店で生活費として使うべし!ポイントカード提示か楽天ペイで! 期間限定ポイントは優先して消費されます!

ここからは「楽天期間限定ポイント」のおすすめな使い方を解説します。

答えから言ってしまいますと「楽天期間限定ポイント」は、生活費として使うのがいいです。

お金で支払わずに楽天ポイントで支払って、おサイフから現金の支出を抑える。

「楽天ポイント」は、今やいろいろな街のお店で使うことができ、「楽天ポイント加盟店」だけで生活できるような状態になっています。

もちろん「楽天通常ポイント」もいろいろな街のお店で生活費として使うことができますが、「通常ポイント」は「期間限定ポイント」が使えないようなところで使うのがいいのは先に申し上げた通りですし、「楽天期間限定ポイント」は街のお店で使うのが効率的です。

「楽天期間限定ポイント」は、通常ポイントに優先されてポイント消費されますので、その特性を利用します。

 

楽天期間限定ポイントが使えるお店1 コンビニ(ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、ポプラ、デイリーヤマザキ)

「楽天ポイント」はコンビニで消費することができます。

「セブンイレブン」以外のコンビニだったら、「ファミリーマート」「ローソン」「ミニストップ」「ポプラ」「デイリーヤマザキ」でも「楽天ポイント」を使うことができます。

「デイリーヤマザキ」「ポプラ」は楽天ポイント加盟店なので、カードのバーコードを通してポイントを使うことができますが、それ以外の「コンビニ」・・・「ファミリーマート」「ローソン」「ミニストップ」では、カードのバーコードを差し出して使うことはでききません。

ではどうやって使うのかというと、「楽天Pay(ペイ)」という電子決済サービスがあり、「楽天ペイ」をスマホに入れて「楽天ポイント」を使う設定にして「楽天ペイ」でスマホ画面の「QR/バーコード」を差し出して支払えば、「楽天ポイント」を使っての買い物ができます。

あと、「ローソンストア100」でも「楽天ポイント」が「楽天ペイ」で使えます。

 

楽天期間限定ポイントが使えるお店2 ドラッグストア(ツルハドラッグ、くすりの福太郎、ダイコクドラッグ)

コンビニは割高だから利用せず、普段の生活用品や食品は主に「ドラッグストア」で購入する方もいると思います。

「楽天ポイント」は「ツルハドラッグストア」等でも使うことができます。

生活用品・食料品を「楽天ポイント」でまかなうことによって、現金の支出が無くなり結果的に節約につながります。

 

楽天期間限定ポイントが使えるお店3 ファーストフード店・外食(マクドナルド(マック)、ミスタードーナツ、くら寿司、しゃぶしゃぶ温野菜、松屋)

「楽天ポイント」は、「マクドナルド」「ミスタードーナツ」等のファーストフード店で使うことができます。

お食事・休憩・作業などでこれらのファーストフード店を利用している方にとっては「楽天ポイント」で食事代・コーヒー代を補うことができるのは大変便利です。

また、すしチェーン店の「くら寿司」でも「楽天ポイント」が使えます。

2,3人での食事とか、家族で「くら寿司」を利用する時も「楽天ポイント」でお金を一切使わず食事ができます。

 

楽天期間限定ポイントが使えるお店4 ガソリンスタンド(出光)

「楽天ポイント」はガソリンスタンドの「出光」でも使うことができます。

貯めた「楽天ポイント」をガソリンに変えることによって、月1,2回程度しか給油しない私は、「楽天ポイント」を使っての給油だけでガソリンをまかなえるようになり、現金を使うことがなくなりました。

コンビニに売っている「楽天バリアブル」を購入すると楽天の期間限定ポイントを獲得できるのですが、キャンペーン中に「楽天バリアブル」を買うと、7%程度のキャンペーンポイントを獲得できるのでお得です。

関連記事:楽天バリアブルカードキャンペーンで700,711,1000ポイントゲットできる!開催情報と電子マネー&クレジットカード購入技の紹介

 

また、ガソリンスタンドの「出光」で「楽天ポイント」を使って給油する時も、「出光カードまいどプラス」を持っていればさらに割引になります。

関連記事:出光カードまいどプラスと楽天ポイントとの併用で最大リッター15円引きを達成!

 

楽天期間限定ポイントが使えるお店5 家電量販店(ビックカメラ、ジョーシン、ジョーシンアウトレット)

楽天の期間限定ポイントは、家電量販店でも使えます!

たくさん期間限定ポイントが余っていたら家電量販店で高額な商品を買って解決・・・と行きたいところですが、1回買物で使える楽天ポイントは3万円までです・・・! 残念・・・

3万円以内の商品だったらって感じです!ちなみに1回買い物で30000ポイント上限は、家電量販店に限らず、どの街のお店でも同じです!

 

楽天期間限定ポイントは電話代・電気代の支払いに充てることもできる!

楽天ポイントは電話代や電気代、スーパーマーケットの代金としても利用することができます。

ポイント使用期限が短い「楽天期間限定ポイント」を電話料金に充てることによって効率的に生活費の負担を減らすことができるようになります。

 

電話代金(スマホ)を「楽天モバイル」にする

楽天モバイルの月々の利用料金を「楽天ポイント」で支払うことができます。

「楽天市場」のショッピングで貯めた「楽天期間限定ポイント」を「楽天モバイル」に充てれば、電話代の支出が減ります。

さらに「楽天モバイル」はSPU対象で通話SIMを契約しているだけで「ポイント+2倍」になるので、「楽天市場」との相乗効果でさらにポイントが増えるのでおすすめです。



楽天モバイルの詳細を見る&申し込む




電気代を「楽天でんき」に変える

楽天グループが展開しているサービスの1つに「楽天でんき」というものがあります。

この「楽天でんき」というサービスは、基本料金が0円で電気を使った分だけの支払いとなります。

「楽天でんき」に乗り換える時もこれまでと同じ送配電線網が使われるので、電気の品質・供給は今までと変わらず、安定した電力を利用することができます。

その「楽天でんき」での支払いも当然「楽天ポイント」でまかなうことができます。

こちらも使用期限が短い「楽天期間限定ポイント」を電気代に充てれば効率的に電気代金を節約できます。

「楽天でんき」は200円につき1ポイント貯まりますので、楽天ポイントもさらに貯まりますし、今なら「楽天でんき」加入で2000ポイントももらえます。

楽天でんきの詳細を見る&申し込む


 

楽天カードの明細チェック方法

楽天カードの明細を見るには、ウェブとアプリの2通りの方法があります。

ウェブからだと>>>楽天e-NAVI

アプリだと「楽天カード」アプリをダウンロードして使います。

楽天カードアプリのダウンロードは↓コチラ↓からできます。

楽天カード

楽天カード
開発元:RAKUTEN CARD,INC.
無料
posted withアプリーチ

 

楽天カードに関する問合せについて

「楽天カード」への問合せは「コンタクトセンター」に電話をします。

☎0570-66-6910(有料)(営業時間9:30~17:30)

上の電話番号が利用できない場合

☎092-474-6287(有料)

「楽天カード お客様お問い合わせ窓口」では混雑状況を確認できますので、そちらのページで電話がつながりやすいかどうか確かめてから電話をすることをおすすめします。

>>>楽天カード お客様お問い合わせ窓口

 

楽天カードの申込み入会キャンペーン

楽天カードの申し込みはウェブから行うことができます。

楽天カード申込を行うと入会特典として「楽天ポイント」がもらえます。

もらえるポイントが時期によって違っていて「5000」「7000」「8000」ポイントとあるので、できれば「7000」ポイントか「8000」ポイントを狙いたいところです。

どんな時期に何ポイントもらえるかをデータをとって表にしましたので、興味がある方は↓コチラ↓の記事をご覧ください。

関連記事:楽天カード7000・8000ポイント入会キャンペーンはいつ開催されるのか解説!

 

楽天カードの審査について

「楽天カード」の審査は2019年現在、以前と比べてやや難しくなっていると言われています。
2017年4月~9月期の「楽天カード」の取り扱い高が日本一になり、この日本一になった時点より少し後になって「楽天カード」の審査の方針をやや厳しめに変えたようです。

楽天カード初の首位 クレジット取扱高3兆円 昨年4~9月 大量のポイント強み(2018年1月10日付 日本経済新聞)

ただ、やや厳しくしたといってもクレジットカード全体から見ると難易度はまだまだ易しめのようです。

また「楽天カード」の審査基準は、時期によって変わる傾向があると言われています。

なので、ある時は「楽天カード」に申し込んで落ちてしまったけど、その後しばらくして「楽天カード」に申し込んだから審査に通ったという話も聞きます。

自分の「年収」や「勤務先」・「信用情報等」、自分のスペックが何も変わってないのにです。

どの時期に審査に通りやすくなるのか?といえば、クレジットカード全体の申し込みが多くなる2月3月か、または「楽天カード」の入会申込でもらえる特典ポイントが「7000ポイント」や「8000ポイント」と多くもらえる時期は、「楽天カード」側にとってもノルマがありますので、ポイントが多くもらえるキャンペーン中の時期には審査に通りやすくなる傾向があると言われています。

 

締め日

「楽天カード」は月末締めの27日引き落とし日です。「楽天カード」利用分の「楽天ポイント」がもらえる日は毎月13日です。

ちなみにライバルの「ヤフーカード」も月末締めの27日引き落とし日で、カード利用分のポイント付与も13日で全く同じです。

「ヤフーカード」も「楽天カード」に負けず劣らずおトクなカードですので、ご興味のある方は↓コチラ↓の記事をご覧ください。

関連記事:ヤフーカードのメリットは節約に最適!貯めたポイントをいろいろなお店で使えるようになります!

 

ゴールド

楽天カードにはゴールドカードも存在します!

どんな特典があるかというと、ノーマル「楽天カード」は「楽天市場」でのお買い物が+2倍でしたが、「楽天ゴールドカード」は+4倍にもなります。

「楽天市場」のヘビーユーザーにおすすめです。

年会費もたったの年2160円(税込)

「楽天ゴールドカード」に興味のある方は、↓コチラ↓の解説記事もご覧ください。

関連記事:楽天ゴールドカード新登場!ノーマル「楽天カード」との違いを徹底比較!

 

楽天カードのデザイン一覧

「楽天カード」はデザインも豊富で、自分の好みのデザインを選ぶのも楽しみの1つです。

通常デザイン

楽天カード通常デザイン

お買い物パンダデザイン

お買い物パンダデザイン

イーグルスデザイン

イーグルスデザイン

FCバルセロナエンブレムデザイン

バルセロナエンブレムデザイン

FCバルセロナプレイヤーデザイン

バルセロナプレイヤーデザイン

ヴィッセル神戸デザイン

ヴィッセル神戸デザイン

イニエスタデザイン

イニエスタデザイン

ディズニーデザイン

ディズニーデザイン

YOSHIKIデザイン

yoshikiデザイン

楽天カードの紹介制度

「楽天カード」を手に入れたら、お友達を「楽天カード」に紹介して入会させることによって1名につき2000ポイントもらえます。

ちょっとしたお小遣い稼ぎに最適ですね!

身近に誘えるようなお友達がいたらぜひ誘ってみましょう!

>>>楽天カードを紹介しようキャンペーン

どうぞお気軽にコメントを残していってください!