クレジットカードやポイントの情報を中心に、お金の効率的な使い方・増やし方を伝えるメディア

クレカマネー

EPOS エポスカード ETCカード

ETCカードで最強のクレジットカードは「エポスゴールドカード」

投稿日:

ETCカードを作るにはクレジットカードが必要です。では、ETCカードを作りたいという人が一番得をするようなクレジットカードとはどんなでしょうか?ETCカードを作る際にオススメのクレジットカード「エポスカードゴールド」をご紹介します。

ETCカードを作る時どのクレジットカードにしたらいいのか?という基準

これからETCカードを作ろうという方が、どのクレジットカードにしようか?と迷っている場合、このような基準でクレジットカードを選ぶのがおすすめです。

1.年会費無料のクレジットカードであること。

クレジットカードに年会費が発生して、たとえ少額とはいえカード維持費がかかり負担が生じてしまうのはもったいないですよね。

最近は、年会費無料のクレジットカードが増えてきています。必ず年会費無料のクレジットカードを選びましょう。

2.ETCカードの発行手数料、年会費も無料であること。

ETCカードを発行する時、発行手数料がかかるETCカードがあります。
発行手数料無料のETCを発行してくれるところが多いので、ここは余分な手数料は払いたくないところです。
また、ETCカードの年会費がかかるカードも存在します。ETCで年会費取るところは少ないのですが、年会費の部分も無料なところを選ぶのが無難です。

ポイントがたくさん貯まるETCカードを選ぶ

ETCカードの利用によってポイントが貯まるというのは非常に重要なポイントですが、ETC利用によるポイントの貯まり方は、元となるクレジットカードの基本還元率がベースとなります。

1000円分ETCを利用したとして、現在のクレジットカードの基本還元率は0.5%~2%ですから、

基本還元率  貯まるポイント
 0.5%  5ポイント
 1%  10ポイント
 1.5%  15ポイント
 2%  20ポイント

といったように倍々で違ってくるので、クレジットカードの基本スペックが非常に重要になってきます。

条件に合致するクレジットカードは?

年会費無料でポイント還元率が高いカードとなるとどれがいいのか?

少し前までは、年会費2000円(税抜)はかかりますが還元率2%の「リクルートカードプラス」が存在し、ETC利用額の2%がポイント還元されるカードだったのですが、残念ながら現在は新規募集停止となっています。

そこで、現在年会費無料で還元率が高いクレジットカードを挙げますと、基本還元率1.5%のカードとなります。

リボ残高を発生させればとポイントが3倍(1.5%)になる基本還元率0.5%の「三井住友カードエブリプラス」、あとは基本還元率1.5%ならリボ専用カードの「DCカードjizaile(ジザイル)」がありますが、こちらはETC発行手数料が1000円かかります。

「三井住友カードエブリプラス」はリボ残高を発生させる行為が少し面倒であり、「DCカードジザイル」もリボ専用カードであり、発行手数料も1000円かかってしまうので、還元率は高いけどどちらもパーフェクトではないですね。

そこで、超おすすめなカードがあります。それはタイトルにも書かれていますが「エポスカードゴールド」です。

 

エポスカードゴールドはETC利用で最大還元率3.25%にもなる!年会費無料も可能

「エポスカードゴールド」は、基本還元率0.5%ですが、
「リボ払い」にすれば還元率+0.5%
「エポスカードゴールド」特典に「選べるポイントアップショップ」というものがあり、還元率+1%にできる支払いを3つまで登録できるのですが、そこに「ETC」も登録できるので還元率+1%
さらに、「エポスカードゴールド」は、年間50万円利用で2500ポイント、年間100円利用で10000ポイント獲得できるので、年間100万円まで使えば合計12500ポイント手に入ります。この12500ポイントを還元率に直すと+1.25%なので、合計還元率は3.25%ということになります。

違う角度から説明すると、ETCを「選べるポイントアップショップ」に登録して使って自動リボ払いにすれば、ETC利用で還元率常時2%
そして、「エポスカードゴールド」を年間100万円ぎりぎり達成するように使えば3.25%です。

 

「エポスカードゴールド」は年会費無料にできる!

「エポスカードゴールド」はゴールドカードだけに、通常年会費5000円がかかります。
年会費がかかるということで、「エポスカードゴールド」は、おすすめのETCのためのカードからは除外されそうなんですが、「エポスカードゴールド」を年会費無料にする方法があります。

年間50万円以上利用すれば、次年度以降年会費永久無料

「エポスカードゴールド」をいきなり取得するのであれば、年会費5000円がかかってしまいます。でも、初年度のうちに年間50万円利用すれば、次年度以降は、年会費無料になります。
この方法だど最初の年度だけ5000円かかりますが、あとは無料です。

5000円の年会費も払いたくないという方は、全く年会費がかからない方法があります。

「エポスカード」をたくさん使って無料ゴールドの招待を受ける

スタンダードカードで年会費無料の「エポスカード」をまずは取得して、そのカードを頻繁に利用していけば最短7カ月で、無料でゴールドカードへの招待が届きます。

この方法を取れば年会費を全く払わずに済むのでおすすめです。

ただ、ゴールドの招待はカード発行から最短で7カ月かかるといわれているので、時間がかかるという部分はデメリットになります。

気長にゴールドの招待を待てる、クレジットカードライフをゆっくり楽しむという方は、「エポスカード」を育てる方向がいいと思います。

-EPOS エポスカード, ETCカード
-

Copyright© クレカマネー , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.