今の時代、すべての支払いをクレジットカードで行うことこそが最強です。ポイントがたくさん貯まるからです!おすすめのクレカの比較やランキング・電子マネー技等

最強!クレジットカード

suica スイカ ビックカメラSuicaカード

モバイルsuica(スイカ)へのクレジットチャージでポイントが貯まるおすすめのクレジットカードランキング

投稿日:

androidアプリの「モバイルsuica(スイカ)」にクレジットカードでチャージする際、ポイントが貯まるかどうか?という点はやはり重要ですよね。クレジットカードから電子マネーへのチャージでポイントが発生するクレジットカードを選びトクをするのは基本です。「モバイルsuica」でおすすめのクレジットカード4つをランキング形式でご紹介します。

1位「LINE Pay(ラインペイ) カード」還元率2% + 「ファミマTカード」で LINE Payへチャージ 還元率1%=3%

プリペイドカードの「LINE Pay(ラインペイ) カード」ですが、実はこのカードからも「モバイルsuica」へチャージすることができます。

「LINE Pay(ラインペイ) カード」へのチャージで唯一ポイントが貯まるのは「ファミマTカード」によるファミマ店頭払いです。還元率は通常0.5%ですが、「ファミマTカード」のカード日(火・土曜)にチャージすれば1%の「Tポイント」が貯まります。

「ファミマTカード」チャージ 1%→「LINE Pay カード」チャージ 2%→「モバイルsuica」

この2段階のチャージを経由することによって、ポイント還元率は3%に上昇します。

年会費がかかってしまう「モバイルsuica」のデメリットも「Apple Pay(suica)」で解決!

「VIEWカード」以外の「クレジットカード/プリペイドカード」を「モバイルsuica」に登録すると年会費1030円がかかってしまうところがデメリットです。このチャージの方法で「モバイルsuica」の利用頻度が少ないと、貯めたポイント以上の金額が年会費で吹き飛んでしまいます。

しかしこの年会費が無料になる裏技があります!

2016年10月に登場した「iphone7」の「Apple Pay(suica)」アプリにチャージしながら「suica」を使えば、年会費はかかりません!

「LINE Pay(ラインペイ)」カードは「apple pay(アップルペイ)」の「wallet (ID/QUIC Pay)」アプリには対応していませんが、「Apple Pay(suica)」アプリは全クレジットカードに対応しているため「LINE Pay」カードでもチャージ可能です。

「ファミマTカード」チャージ 1%→「LINE Pay カード」チャージ 2%→「apple pay (suica)」年会費無料

「ファミマTカード」+「LINE Payカード」+「Apple Pay」この3つの組み合わせが最強でしょう!

>>「ファミマTカード」で「Line Pay」チャージで3%の当サイトの詳細な解説記事はコチラ




「LINEポイント」は使い道が多い

「LINE Pay(ラインペイ) カード」の利用ポイントは2%なので、例えば「モバイルsuica」に1万円をチャージすれば「200LINEポイント」獲得ることができますが、

この「200LINEポイント」は、交換率100%でそのままLINE残高にチャージして使うこともできますし、

交換率90%で、「180pontaポイント」にも交換できます。

また、

交換率90%で「180メトロポイント」→ソラチカカード経由(交換率90%)で→「162ANAマイル」に交換することもできます。(※ソラチカカードは初年度以外年会費がかかります。)

その他「amazonギフト券」(交換率90.9%)、「nanaco」(交換率90%)にも交換できます。

2位 「VIEW(ビュー)カード」 還元率1.5% + 「モバイルsuica」年会費1,030円(税込)が無料

「ビュー(VIEW)カード」は種類がたくさんありますが、どのカードでも「モバイルsuica」の年会費が無料になるのが大きいです!
しかも、「ビュー(VIEW)カード」のクレジットカード全てが「モバイルsuica」へのクレジットチャージでのポイント還元率が1.5%です。

また、「VIEW カード」は、「apple pay(アップルペイ) wallet」に対応しており、「iphone7」等の最新機種で「QUICPay(クイックペイ)」として電子マネーを使うことができます。こちらでのポイント還元率はカードによって0.5%~1%と違ってきます。

「ビュー(VIEW)カード」の中で一番のおすすめなのが「ビックカメラSuicaカード」です。

その理由は、

1.「ビュー(VIEW)カード」の中で唯一「クレジットカード年会費」が無料になること(年1度の利用が必要ですが)
2.通常のクレジットカード利用で、「ビュー(VIEW)カード」は還元率0.5%なのに対し、「ビックカメラSuicaカード」だけは還元率1%と群を抜いてること

「ビックカメラSuicaカード」は、カード維持費がかからないことと、ポイントが貯まりやすいことが挙げられます。

 

3位 「リクルートカード(VISA/Master card)」 還元率1.2%

安定のリクルートカード。suica(スイカ)だけじゃなく、Edy(エディ)、nanaco(ナナコ)、SMART ICOCA(スマートイコカ)と4つの電子マネーでクレジットチャージができ、かつポイントが1.2%分貯まります。

アンドロイド携帯の「おサイフケータイ」でsuicaを使う場合は、年会費1,030円(税込)がかかりますが、iphone7の「suica(スイカ)」アプリを使う場合は年会費がかかりません。

また、「リクルートカード(VISA/Master card)」は「apple pay(アップルペイ)」にも対応しているため、「wallet」アプリへ「リクルートカード」を登録することによって、「QUIC PAY(クイックペイ)」として使うことができます。

「リクルートカード(VISA/Master card)」は使い勝手が良く、ポイント還元率も高めなのでおすすめですね。

-suica スイカ, ビックカメラSuicaカード
-

Copyright© 最強!クレジットカード , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.