クレジットカードとポイントの情報を中心に、お金の効率的な使い方を伝える節約ブログ

クレカマネー

クレジットカード 電子マネー

モバイルsuica(スイカ)へのチャージでポイントが貯まるおすすめのクレジットカードランキング

投稿日:

アンドロイド携帯の「モバイルsuica(スイカ)」や「iphone7以降」の「Apple Pay(アップルペイ)suicaアプリ」にクレジットカードでチャージする際、ポイントが貯まるかどうか?という点はやはり重要ですよね。

「suica」へのチャージ方法は色々ありますが、その中でもクレジットカードから電子マネーへチャージしてポイントが貯まるクレジットカードを選ぶのは節約術の基本です。

 

おサイフケータイの「モバイルsuica」と「Apple Pay(アップルペイ) suicaアプリ」の違い

2016年10月から「iphone7」の「Apple Pay suicaアプリ」が登場して、モバイルsuicaは

・アンドロイド携帯(おさいふケータイ)の「モバイルsuica」と、
・「Apple Pay(アップルペイ)」の「suica」アプリ

の2つに分類されることになりました。

この2つにはそれぞれメリット・デメリットがあります。

「おさいふケータイ」「iphone」それぞれのメリット・デメリット

アンドロイド携帯のおサイフケータイ「suica」アプリのメリットは、「モバイルsuica」と連動した「ラッキータッチ」というアプリでミニゲームをプレイしてポイントが貯まることです。
「suicaポイントクラブ」でsuica加盟店で「suica」使用時にポイントが0.5~1%貯まりますが、それに加えて「ラッキータッチ」でさらにポイントが貯まります。
一方、おさいふケータイのデメリットですが、それは年会費がかかってしまうこと。
年1030円(税込)の年会費が徴収されるので、せっかく貯めたポイントも年会費で吹き飛んでしまいます。

それに対して「Apple Pay(アップルペイ)」の「suica」アプリのメリットですが、それはなんと年会費がかかりません!
「suicaポイントクラブ」にも登録できますが、「ラッキータッチ」は残念ながらプレイできません。そこがデメリットになるでしょうか。

スマホの電源が切れた場合の取り扱いも違う

スマホの電源が切れた場合でも「suica」が使えるかどうかで違いがあります。

電源が切れても「suica」を使えるのはアンドロイド「おさいふケータイ」のほう。
一方「iphone」は電源が切れてしまうと「suica」も使えません。

メリット デメリット
アンドロイドおサイフケータイsuica ラッキータッチでポイント貯まる
電源が切れても使える
年会費1030円(税込)かかる(
Apple Pay suica 年会費無料 ラッキータッチがプレイできない
電源が切れたら使えない

 2018年5月より、アンドロイド携帯「google pay」に「suica」が追加され、そちらを通して使えば、「モバイルsuica」の年会費がかからないようになりました。)

関連記事:モバイルsuicaおサイフケータイの年会費を「google pay(グーグルペイ)」で無料にできる!

 

この2つは、それぞれ性質が違うので、それらに適したクレジットカードも違ってきます。
それぞれの「suica」アプリに適したおすすめのクレジットカードをこれからご紹介していきたいと思います。

 

アンドロイド携帯(おさいふケータイ)の「モバイルsuica」におすすめのクレジットカードは「VIEW(ビュー)カード」一択!

おさいふケータイ「モバイルsuica」におすすめのクレジットカードは何といっても「VIEWカード」です!
理由は、全クレジットカードの中で唯一「VIEWカード」系のクレジットカードだけがおさいふケータイ「モバイルsuica」の年会費を無料にできるのと、改札通過時にオートチャージが可能なこと!

さらにストロングポイントがもう1つあって、「VIEWカード」は基本還元率が0.5%~1%なのですが、「モバイルsuica」へのチャージに限っては、ポイント還元率が1.5%に上昇します。

 

「VIEWカード」のメリット
・「モバイルsuica」の年会費が無料
・改札通過時にオートチャージができる
・「suica」チャージで還元率が1.5%

 

「VIEW カード」はいろいろな種類がありますが、その中で一番のおすすめなのが「ビックカメラSuicaカード」です。

 

「VIEW」カードの中でも「ビックカメラSuicaカード」がおすすめな理由

「ビックカメラSuicaカード」がおすすめな理由としては、

 

1.「ビュー(VIEW)カード」の中で唯一「クレジットカード年会費」が無料にできること(年1度の利用が必要ですが)

 

2.通常のクレジットカード利用で「ビックカメラsuicaカード」以外の「ビュー(VIEW)カード」は基本還元率0.5%なのに対し、「ビックカメラSuicaカード」だけは還元率1%と倍であること

 

「ビックカメラSuicaカード」は、カード維持費がかからないことと、ポイントが貯まりやすいことがおすすめの理由に挙げられます。

 

あとは、「ビックカメラ」との提携カードだけに、「ビックカメラSuicaカード」から「モバイルsuica」にチャージして「ビックカメラ」で支払いを行えば、1.5%+10%=11.5%分のポイントを得ることができるのもメリットです。
>>>ビックカメラSuicaカードの詳細&申し込みはコチラ

2020年2月26日からアンドロイド携帯「モバイルsuica」の年会費が無料に!

JR東日本は2019年1月16日、アンドロイドスマートフォン向け「モバイルsuica」の年会費1030円(税込)を無料にするとのアナウンスがありました。

「モバイルSuica」年会費無料に ガラケー向けはサービス縮小(IT media)

年会費が無料になるのは2020年2月26日からとまだ先になりますが、「VIEWカード」以外のクレジットカードが年会費無料になれば、「VIEWカード」を使うメリットは減り、純粋に還元率の高さを基準にクレジットカード選びをすることになります。

つまり、元々年会費のかからない「iphone」用「suica」と同じ基準でカードを選ぶだけでいいということです。

 

 

「Apple Pay(アップルペイ)」の「suica」アプリへのチャージでおすすめのクレジットカード

「Apple Pay(アップルペイ)」の「suica」アプリは、年会費がかかりませんので、純粋にポイント還元率の高さで判断することになります。
では、これからおすすめのクレジットカード(プリペイドカードも入ってますが)をご紹介したいと思います。

 

1位「LINE Pay(ラインペイ) カード」0~2%

プリペイドカードの「LINE Pay(ラインペイ) カード」ですが、実はこのカードからも「モバイルsuica」へチャージすることができます。

「LINE Pay」にクレジットカードでチャージしてポイントを貯める方法もかつては存在しましたが、今はそれができなくなり、「LINE Pay」利用による2%だけになってしまいましたが、それでも十分高還元率です。

「LINE Pay」は、スマホの「LINE」アプリ上で操作します。

※2018年6月から「LINE Pay」の還元率が常時2%から最大2%に変更されることが決まりました。
還元率は0%~2%の範囲で毎月常に代わりますが、バッジカラーが最上ランクの「グリーン」であれば、「モバイルsuica」チャージの還元率も2%になります。

関連記事:LINE Pay ラインペイカードが改悪!ポイント還元率が常時2%から最大2%へ変更!

 

2位 「ビックカメラSuicaカード」 1.5%

「Apple Pay suica」アプリでも「VIEWカード」の「ビックカメラSuicaカード」を2位で推します。
「VIEW」カードの登録による「suica」年会費無料のメリットは無意味になってしまいますが、改札を通る時にオートチャージ発動が可能で便利なのと、「suica」チャージで還元率が1.5%なのは大きいです。
繰り返しになりますが、「VIEWカード」の中ではカード年会費実質無料なのと、「suica」以外で基本還元率1%なのが決め手で「ビックカメラSuicaカード」が一推し。

>>ビックカメラSuicaカードの詳細&申し込みはコチラ

 

3位「エポスカード」→「エポスカードゴールド」 還元率0.5%~3%

エポスカードは基本還元率0.5%ですが、最大で還元率3%まで上昇します。
自動リボ払いの「いつでもリボ」に変更すれば+0.5% エポスATMやコンビニATMで締め日から確定日までの間に早期返済すればリボ手数料はかかりません。
またエポスカードを頻繁に利用していけば、最短7カ月で「エポスゴールドカード」への無料招待が届きます。
「エポスゴールドカード」になると、選べるポイントアップショップといって還元率が+1%にできる支払いが3つまで選べます。
「suica」も選べるポイントアップショップの対象です。
さらに「エポスゴールドカード」を年間50万利用すれば2500ポイント、さらに年間100万利用すれば10000ポイント手に入りますので、100万ぴったり利用した場合の獲得ポイント合計10000ポイントで実質還元率が+1%アップすることになります。(100万利用の10000ポイントをもらったら、50万利用の2500ポイントのほうはもらえません。)
これらの還元率を合計すると3%になります。
「エポスカード」の修行が面倒だという人は、年会費5000円ですぐ「エポスゴールドカード」が取得できます。
「エポスゴールドカード」を年間50万以上利用すれば次年度以降の年会費は無料になります。
でも、個人的には「エポスカード」スタンダードカードを申し込んで、入会ポイント5000~8000ポイントをもらい、最短7カ月でゴールドカードの招待を無料で受けたほうがお得だと思います。

>>エポスカードの詳細&申込はコチラ

 

4位「リクルートカード(VISA/Master card)」 還元率1.2%

リクルートカード

suica(スイカ)だけじゃなく、Edy(エディ)、nanaco(ナナコ)、SMART ICOCA(スマートイコカ)と4つの電子マネーでクレジットチャージができ、かつポイントが1.2%分貯まります。
年会費無料、ETC無料、ショッピング保険完備、ポイントの使い道豊富。
「リクルートカード(VISA/Master card)」は使い勝手が良く、ポイント還元率も高めなのでおすすめですね。
※2018年4月16日から電子マネーチャージでポイントをもらえるチャージの上限が無制限だったのが、全ての電子マネーチャージの合計で月30000円までに変更になりました。お気をつけください。

>>リクルートカードの詳細&申込はコチラ

 

「iphone」で「suica」なら「apple pay」キャンペーンの時にチャージするのもあり!

クレジットカードの中には「apple pay」で還元率が上昇するキャンペーンを行っているカードもあります。

「apple pay」キャンペーンを頻繁に開催しているクレジットカードを選んで「apple pay」で「suica」にチャージするのも一つの手です。

ただし注意点として、ネットで「apple pay」にチャージするには「VISA」のクレジットカードは使えません。

なので、「VISA」ブランド以外の国際ブランド「JCB」「Master card」を選んでください。

只今、「apple pay」キャンペーンを行っているカードは、

・「dカード」
・「セディナカード」
・「VIEWカード」
・「セゾンカード」

の4種類です。

 

詳しくは、↓コチラ↓の記事をご覧ください。

関連記事:Apple Pay アップルペイにおすすめのクレジットカードを教えます!現在のキャンペーンまとめ



この記事のURLとタイトルをコピーする


-クレジットカード, 電子マネー
-

Copyright© クレカマネー , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.