クレジットカードやポイントの情報を中心に、お金の効率的な使い方を伝える節約ブログ

クレカマネー

旅行保険

自動付帯、利用付帯の違いを解説!クレジットカードの旅行保険

投稿日:


クレジットカード付帯保険には、自動付帯と利用付帯の2タイプが存在します。

自動付帯の読み方と利用付帯との違い

自動付帯(じどうふたい)と読みます。

自動付帯とは、クレジットカードを使わなくても保有しているだけで旅行保険に自動的に加入されるものであり、手続きや登録の手間が必要ない便利なものです。
海外旅行保険については、基本的に出国した日から90日間が保証期間となります。

それに対して利用付帯とは、ツアー代金や公共交通機関の料金をクレジットカードを利用しないと、旅行保険が適用されないものを言います。

利用付帯保険の条件

利用付帯の場合、保険適用には以下の条件のどちらかを満たす必要があります。

・カード払いで公共の交通機関を利用すること
・旅行会社が企画するツアー料金をカードで支払うこと

 

自動付帯はゴールドカード以上のクレジットカードに必ず付いている

「ゴールドカード」のような年会費を支払うタイプのクレジットカードは、海外旅行保険が自動付帯国内旅行保険が利用付帯のカードが多く、

年会費無料の「楽天カード」のようなスタンダードカード(平カード)には、海外旅行保険が利用付帯だったり、そもそも旅行保険が付いていないクレジットカードが多いのが一般的です。

 

しかし、年会費無料のクレジットカードでありながら旅行保険が自動付帯されているカードが存在し、それらのカードが非常におトク感があり価値があると言えます。

 

年会費無料で保険が自動付帯のクレジットカード3枚を比較

年会費無料でありながら、海外旅行保険が自動付帯の非常におトクなクレジットカードはこの3枚です。

障害保険・疾病保険 携行品損害 キャッシュレス診療
エポスカード 200万/270万 20万 可能
REXカード 200万 20万 可能
横浜インビテーションカード 200万 20万 可能

海外旅行保険で最も重要な「病気やケガの治療」に適用される「障害・疾病保険」

海外旅行中に盗難被害に合ったり、携行品(けいこうひん(身の回りの品物))を破損してしまった時の保険「携行品損害」

現地で金銭の負担なく病院で診療を受けることができる「キャッシュレス診療」

よく使われる保険の項目に絞って取り上げさせて頂きましたが、保険の内容については、「エポスカード」「REXカード」「横浜インビテーションカード」の3枚ともほとんど違いはありません。

「障害・疾病保険」「携行品損害」は合算できる!

海外旅行保険のうち「障害・疾病保険」「携行品損害」「賠償責任」「携行品損害」については、クレジットカードごとの補償額が合算されるので、クレジットカードを複数枚持つことによって補償額を合算できる仕組みになっています。

なので、これら3枚のクレジットカードをすべて保有することによって、「傷害保険」を600万・「疾病保険」を670万・携行品損害を60万円にアップすることができます。

年会費無料で海外旅行保険が自動付帯の「エポスカード」「REXカード」「横浜インビテーションカード」

この3枚を全部手に入れて、無料のままで補償額を手厚くするのも1つの手です。

 

 

利用付帯の電車について

海外旅行保険が利用付帯のクレジットカードの話になりますが、利用付帯はツアー代金や交通費をカード払いすることが保険を有効にする条件となっていますが、

では、海外旅行へ行くときに、日本で空港に行くまでの電車賃もカード払いしないと有効にならないのでしょうか?

例えばJRでは、

・新幹線や特急券購入用の自動券売機でカードで購入する
・みどりの窓口でカードで支払う

この2つの方法で電車代金をクレジットカードを使って支払うことができますが、

今は電子マネー「suica」「モバイルsuica」の時代ですし、

わざわざ「みどりの窓口」まで行って列に並んでまでカード払いで切符を買うのは正直面倒ですよね。

カード払いしなくても保険が効くような電車の乗り方ってないんでしょうか・・・・

クレジットカードの種類によっては電子マネーの利用での乗車も保険適用の対象!

クレジットカードの種類によっては、クレジットチャージした「電子マネー」で改札を通れば旅行保険が効くようになってます。

それは、「三井住友VISAカード」です。

Q. プリペイド方式の電子マネーのバリューを当該カードでチャージし、チャージした電子マネーで公共交通乗用具(電車・タクシー・バスなど)の利用代金を支払いました。カード利用条件を充足したことになりますか?
カード利用条件を充足したこととなります。保険金申請の際、保険会社に対し、当該カードでチャージしたことを証明する書類(売上票など)のほか、チャージした電子マネーで公共交通乗用具を利用した(または宿泊を伴う募集型企画旅行の代金を当該カードでクレジット決済をした)ことを証明する書類(搭乗証明・明細書など)の提出が必要になります。

※当該カードでチャージしていない場合は、カード利用条件を充足したことにはなりません。

引用:三井住友カード 質問ID:1031

「三井住友VISAカード」は、「電子マネー」で電車を利用すれば、旅行保険適用の対象となると明記されています。

万が一、何かあって保険を請求することになったときは、クレジットカードの明細やスマホアプリ「モバイルsuica」の履歴を提出すれば証明になります。

また、電車ではなくても「タクシー」で「三井住友VISAカード」を利用して空港を利用すれば利用付帯保険適用の対象にもなります。

電子マネーは、JR東日本の「モバイルsuica」が代表的ですが、JR西日本の「SMARTICOCA」、地下鉄用電子マネーの「PASMO」もでも相互乗り入れで改札を通れますので、JRだけでなく私鉄での利用でも利用付帯保険の条件が満たされます。



この記事のURLとタイトルをコピーする


-旅行保険

Copyright© クレカマネー , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.