クレジットカードやポイントの情報を中心に、お金の効率的な使い方を伝える節約ブログ

クレカマネー

法人カード

セゾンプラチナビジネスアメックスは法人カードで最もおすすめのカード

投稿日:


株式会社クレディセゾンが発行する法人のカードの中に、「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード」というカードがありますが、このカードは法人のカードの中でも最もベストパフォーマンスだと思うような法人カード界ナンバー1のカードです。
私自身は一人法人でありながら、法人カードは事情があって1枚ももってないのですが、もし法人カードを手に入れるのであれば迷いなく「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード」を選ぶと思います。
では、なぜこの法人カードを選ぶのか?
その理由をご説明したいと思います。

セゾンプラチナアメックスとの違い(個人向けカードとの違い)

「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード」は法人向けカードですが、

個人向けカードで同じプラチナカードの「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カード」というカードも存在します。

この2枚に違いあるのか?というところですが、若干違いがあります。

その違いをこれから説明致します。

 

・「セゾンプラチナビジネスアメックス」のほうは年間200万以上使うと年会費が半額(2万+税→1万+税)になる(個人向けはなし)

・「セゾンプラチナビジネスアメックス」は追加カードの旅行保険が付かない(個人向けは付く)

・「セゾンプラチナビジネスアメックス」は海外旅行時の手荷物配送の送料が有料(個人向けは無料)

 

<h3>最大の違いはビジネスは年会費半分になる!</h3>

最大の違いというか「個人向けカード」にない「法人向けカード」のメリットは、年間200万のカード利用で年会費が半分になることですね!
プラチナカードでありながら年会費を1万円+税におさえることができます。

他の違いは、「法人向けカード」のほうが若干特典が削られていますが、追加カードに保険が付かないのと手荷物が有料になる程度で、それほど大した差ではないです。

 

セゾンプラチナアメックスビジネスの審査

設立後間もない法人でも大丈夫!

「セゾンプラチナアメックスビジネス」は法人向けカードなだけに、事業を開始して間もなくとか、法人設立後間もない方にとっては審査が通るかどうか不安に思われる方がいるかもしれませんが、「セゾンプラチナアメックスビジネス」はその点は心配いりません!
事業開始または法人設立後間もない方でも審査に通ってカードを手に入れてる方がいます。

個人事業主からの法人成りに伴い法人カードが欲しいと思い会社登記から10日目で申し込み。 設立当月にもかかわらずカード発行していただき感謝です

引用:セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード 審査合否情報

個人でも「ビジネスカード」に申込可能!

「セゾンプラチナアメックスビジネス」は法人向けカードですが、実は個人でも申し込むことができます!
個人向けの「セゾンプラチナアメックス」ではなく、

年間200万使えば年会費が半額になる「セゾンプラチナアメックスビジネス」が欲しい!

という会社員の方でも申し込むことができます。

 

「セゾンプラチナアメックスビジネス」は只今大キャンペーン中!審査に通る可能性大!

「セゾンプラチナアメックスビジネス」は、今申し込めば審査に通る可能性大です!

なぜかというと、株式会社クレディセゾンの中で、今一番カード発行枚数を増やしたいカードがこの「セゾンプラチナアメックスビジネス」だからです!

私がこのようなサイトを運営している関係上、アフィリエイトのセミナーやイベントに出るときがあるのですが、クレジットカードとは全く関係ない美容セミナーに出た時も、クレディセゾンの担当者の方がわざわざやってきて「セゾンプラチナアメックスビジネスは是非申し込んでください」と宣伝しに来ていましたし、A8フェスティバルという年に3回行われるイベントでも「クレディセゾン」さんは広告主としてブースを出展し「セゾンプラチナアメックスビジネスを是非掲載強化してください」とアピールしていました。

このように、プロモーション(宣伝)に積極的なところから、「セゾンプラチナアメックスビジネス」の審査も柔軟になっているようです。

引用:セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード 審査合否情報

を見て頂くとおわかりになるように、2018年に入って、限度額30万で審査に通ってる人もいるどころか、限度額5万で審査に通ってカードを手に入れた方もいるようです。

「セゾンプラチナアメックスビジネス」が欲しいという方は、まさに今がチャンスだと思いますね!

 

「セゾンプラチナアメックスビジネス」の審査での注意点

いくら今カードを手に入れやすい状況になっているといっても、機械審査ではじかれて審査に通らない可能性もあるということを注意してください。

私も過去「セゾンカード」に申し込んで傾向がわかったのですが、多重申込だと機械審査ではじかれて瞬殺されてしまいます。
多重申込とはどういうことかというと、過去6カ月以内にクレジットカードやローンに申し込んだ履歴が信用情報に残るのですが、そこに何枚も申し込んだ履歴が残ってると、「セゾンカード」の審査では機械審査ではじかれてしまいます。

ですので、「セゾンプラチナアメックスビジネス」カードに申し込むときは、半年以上どのカードやローンにも申し込まないで、申込履歴をまっさらな状態にしてから申し込まないといけません。

1、2枚程度の申し込み履歴が残っていたとしても大丈夫だとは思いますが、3枚以上の履歴が残っていたら気をつけたほうがよさそうです。

 

セゾンプラチナアメックスビジネスで獲得できるマイル

「セゾンプラチナアメックスビジネス」はJALマイルを貯めることができますが、還元率は最大で1.125%にもなります。

法人向けカードで還元率1%以上のポイント・マイルを獲得できるクレジットカードは数少ないので、この点は「セゾンプラチナアメックスビジネス」の大きなメリットになります。

還元率1.125%はどのような内訳になっているかといいますと、

まず「セゾンプラチナアメックスビジネス」は、「永久不滅ポイント」を自動的にマイレージに移行する「SAISON MILE CLUB(ショッピングマイルプラン)に自動的に加入になります。

「SAISON MILE CLUB(ショッピングマイルプラン)」は、ゴールドカードの「セゾンゴールドアメックス」だと入会に年会費4000円+税がかかってしますが、「セゾンプラチナアメックスビジネス」はなんと無料です!

この「SAISON MILE CLUB(ショッピングマイルプラン)」に加入していると、カード利用額1000円ごとに10JALマイル貯まります。
還元率で1%です。

さらに、マイルとは別に永久不滅ポイントが2000円につき1ポイントたまります。

永久不滅ポイントは1ポイント=5円なので、2000円につき5円分のポイント。

還元率に直すと、0.25%です。

永久不滅ポイントはいろいろポイントに交換することもできますが、50%のレートでJALマイルにも交換できますので、0.125%のJALマイルを手に入れることができます。

したがって、1%+0.125%=合計1.125%のJALマイルを獲得できるというわけです。

 

セゾンプラチナアメックスビジネスのキャンペーン

「セゾンプラチナアメックスビジネス」では、只今カード入会申込で永久不滅ポイントを2000ポイント=1万円相当のポイントをプレゼントしています!

この機会にぜひお申込みください!

「セゾンプラチナアメックスビジネス」に申込む

 

セゾンプラチナアメックスビジネスの限度額

「セゾンプラチナアメックスビジネス」のショッピング限度額はかなり幅広いです。

上は1000万オーバーとかもあり仕入れの多いビジネスをしてる方には大変重宝されているカードでもありますが、下の方だと最近審査基準を緩やかにしてカード発行枚数を増やしている関係上、限度額5万円で温情発行された方もいるようです。

「セゾンプラチナアメックスビジネス」のカードを選ばれる方に、ショッピング限度額が大きいという理由で申し込まれる方も多いのですが、例えば大きい限度額を希望しても30万という結果だったという、おもわぬ限度額の低い結果が出てしまっても大丈夫です。

初期の利用限度額が少なくても、半年程度カードの利用実績を積むことでショッピング限度額をアップさせることが可能です。

 

セゾンプラチナアメックスビジネスの家族カード

「セゾンプラチナアメックスビジネス」には、「家族カード」という名称ではありませんが、「追加カード」という名称のカードを追加で4枚まで発行できます。

もちろんこの追加カードを家族に持たせることも可能です。

ただし、先でも述べましたが、「セゾンプラチナアメックスビジネス」は追加カードの自動付帯の旅行保険が付かないことは留意してください。

 

セゾンプラチナアメックスビジネスのラウンジ

「セゾンプラチナアメックスビジネス」は、国内の主要ラウンジを無料で利用することができます。

利用できるラウンジは以下の通りです。

新千歳空港
仙台国際空港
成田国際空港第2ターミナル
羽田空港国際線ターミナル
小松空港
伊丹空港(大阪国際空港)
岡山空港
徳島阿波おどり空港
福岡空港
熊本(阿蘇くまもと空港)空港
那覇空港
函館空港
秋田空港
羽田空港第1ターミナル
新潟空港
中部国際空港
神戸空港
広島空港
高松空港
北九州空港
大分空港
ダニエル・K・イノウエ国際空港(ハワイ)
青森空港
成田国際空港第1ターミナル
羽田空港第2ターミナル
富山空港
関西国際空港
米子鬼太郎空港
山口宇部空港
松山空港
長崎空港
鹿児島空港

 

セゾンプラチナアメックスビジネスのプライオリティパス

「セゾンプラチナアメックスビジネス」には、世界120か国以上、合計900カ所以上の空港ラウンジを利用できる「プライオリティパス」も付いていて無料で登録できます。

ランク 年会費 本会員の利用料 同伴者の利用料
スタンダード 99ドル 27ドル 27ドル
スタンダードプラス 249ドル 10回まで無料(それ以降は27ドル) 27ドル
プレステージ 399ドル 無料 27ドル

「セゾンプラチナアメックスビジネス」で提供される「プライオリティパス」は最上級の「プレステージ」会員です。

通常だと399ドルかかる年会費が、「セゾンプラチナアメックスビジネス」では無料

「プライオリティ・パス」の空港ラウンジでは、

・飲み物や新聞・雑誌の閲覧
・インターネット無線LAN(Wi-Fi)の接続サービス

が無料で提供されています。

 

セゾンプラチナビジネスアメリカンエキスプレスカードの口コミ

実際に「セゾンプラチナアメックスビジネス」を実際に手に入れた人の口コミを見るのは、カカクコムが最もおすすめです。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード レビュー・評価(価格.com)

-法人カード

Copyright© クレカマネー , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.