クレジットカードやポイントの情報を中心に、お金の効率的な使い方を伝える節約ブログ

クレカマネー

未分類

ライフカードの特徴からメリット・デメリットまで徹底解説!

投稿日:


クレジットカードの1つに「ライフカード」というものがありますが、このカードのことをよく知らない方に「ライフカード」の特徴からメリット・デメリットに至るまで徹底的に解説していきたいと思います。

ライフカード株式会社のクレジットカード

「ライフカード」は消費者金融のアイフルの子会社ライフカード株式会社が発行するカードです。
ライフカードは多くの種類のカードを発行していますが、その中でもっともスタンダードなカードが青色の年会費無料の「ライフカード」です。

ライフカード

今回解説するのは、その最もスタンダードな青色で年会費無料の「ライフカード」についてです。

 

ライフカードの締め日

ライフカードの締め日は5日です。
ちなみに支払い日は、締め日と同じ月の27日です。

 

ライフカードのポイントについて

基本還元率

ライフカードの基本還元率は0.5%と低めに設定されておりポイントが貯まるおトクなクレジットカードの部類には入りません。

ただし、誕生月はポイントが3倍になり、還元率1.5%になります。

誕生月に「ライフカード」をたくさん使うのが「ライフカード」の攻略法となっています。

 

年間利用額によるステージ制

「ライフカード」は基本還元率が0.5%ですが、年間のカード利用額によって次年度のポイント還元率が上がります。

レギュラー スペシャル ロイヤル プレミアム
条件 年間50万以上 年間100万以上 年間200万以上
倍率 1倍 1.5倍 1.8倍 2倍
還元率 0.5% 0.75% 0.9% 1%

「ライフカード」入会初年度の方は、初年度は倍率1.5倍の還元率0.75%になりますので、初年度はスペシャルステージから始まる形になります。

取得後、カードを一切使わなければ、翌年度はレギュラーステージの還元率0.5%に降格してしまいます。

年間200万以上「ライフカード」で支払いをすれば、翌年度は還元率1%になるので、まずまずの還元率になります。

「プレミアムステージ還元率1%」と「ポイント3倍」の誕生月を組み合わせれば、ポイント還元率は2%となり、かなりおトクになります。

 

ライフカードの電子マネーチャージによるポイント付与について

「ライフカード」 から電子マネーにチャージしてポイントが付くのは「suica」「SMARTICOCA」ですが、「ライフカード」の基本還元率は0.5%なので、それほどおトクという程でもありません。
また、「nanaco」「Edy」へはチャージはできますが、ポイントは貯まりません。

したがって「ライフカード」は、あらゆる電子マネーにチャージできて便利ではありますが、ポイントが付くにしても、還元率的にはそれほどおトクでもないので、電子マネーチャージについては他のクレジットカードを手に入れてチャージすることをおすすめします。

nanaco Edy モバイルsuica SMARTICOCA waon
×

〇…チャージできてポイントも貯まる
△…チャージできるけどポイントは貯まらない
×…チャージすらできない

 

ライフカードの改悪について 誕生月ポイント5倍→3倍になったのがデメリット

つい最近の話ですが、2017年7月に「ライフカード」の誕生月ポイント5倍から3倍になる変更がありました。

ポイント5倍なら、ポイント還元率は2.5%と他のクレジットカードを使うよりも断然おトクになるので、誕生月に集中的に「ライフカード」を使うのがテクニックの1つでした。

これから「ライフカード」を手に入れる人にとっては、誕生月ポイントは3倍にしかならないので、誕生月のポイント還元率が下がってしまったのは「ライフカード」のデメリットです。

 

「ライフカード」のメリット 入会キャンペーン最大15000円相当がもらえること

「ライフカード」のメリットですが、カードを実際に手に入れても特にメリットを感じられないのが正直なところです。

ポイント還元率がいいカードは他に存在しますし、その中であえて「ライフカード」を使う理由が見当たらないですね・・・・
その証拠に、クレジットカードを20枚以上持っている私も「ライフカード」は持っていません。

でも、「ライフカード」を手に入れるメリットをあえて挙げるとするなら、入会ポイントが最大15000円相当のポイントが手に入ることですね!

15000円分っていったら相当おトクですので、入会ポイント目当てで申し込むのもありだと思います。

ライフカードの詳細を見る&申し込む

 

ライフカードの審査について

「ライフカード」の審査についてですが、クレファンの「ライフカード」審査結果情報によると3人に1人は審査に落ちているようなので、アイフルの子会社という消費者金融系のカードだからといって特別やさしいということはない感じです。

ただ、「ライフカード」には審査にお悩み方のために年会費5000円のチャレンジカード(特別審査カード)というものがありますので、審査に通る確率を高めたい方は、チャレンジカードに申し込むことをおすすめします。

関連記事:有料ライフカード!年会費5000円の特別審査カードは当サイトから申し込めます!無料版否決後の招待メールでの勧誘が無くても大丈夫!

 

ライフカードの電話番号

☎045-914-7003

「ライフカード」に関してわからないことがあり、問合せをする場合はこの番号へどうぞ。

 

ライフカードを解約したい場合

「ライフカード」を解約したい場合は、☎045-914-7003に電話をして、音声ガイダンスで

「32#」脱会

と押して、解約したい旨を伝えてください。

 

ライフカードの口コミ

最後に「ライフカード」の口コミですが、誕生月ポイント5倍時代は他のクレジットカードを超える還元率で誕生月に集中して使う意味がありましたが、誕生月3倍に改悪されてしまった今は、他に常時還元率1.5%のクレジットカードが存在することもあり「ライフカード」を使う意味が薄れてしまいました。
このため「ライフカード」を解約する人が多く出てしまったようです。

その「ライフカード」の会員減少に歯止めをかけるべく登場したのが、カード券面は全く同じですが、年会費5000円と有料の特別審査チャレンジカードです。

このチャレンジカードでしたら、他のどのカードの審査にも通らない人を特別審査でカードを持つことができる可能性が生じるという強力なメリットを持っていますので、年会費5000円のチャレンジカードでしたら申し込む意味はあると思います。

 

関連記事:有料ライフカード!年会費5000円の特別審査カードは当サイトから申し込めます!無料版否決後の招待メールでの勧誘が無くても大丈夫!



この記事のURLとタイトルをコピーする


-未分類

Copyright© クレカマネー , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.