クレジットカードやポイントの情報を中心に、お金の効率的な使い方を伝える節約ブログ

クレカマネー

未分類

JRE CARD(カード)が2018年7月2日に新登場!その特徴とメリット・デメリットとは!?

投稿日:


JR東日本が発行しているクレジットカードのビューカードに、新たにJRE CARDが登場しました。
2018年7月2日から発行開始されています。
では、この新しく登場したJRE CARDとは一体どんな特徴を備えているのかをメリット・デメリット踏まえ、他のビューカードと比較しながら解説していきたいと思います。

JRE CARD(カード)のデザイン

JREカード

JREカードのデザインはオーソドックスなデザインとなっています。

 

JRE CARD(カード)の年会費

年会費

JREカードの年会費は初年度無料。次年度以降は515円(税込)かかります。

家族カード

なし

ETCカード

ETCカードは発行可能ですが、初年度から515円(税込)かかります。

 

JRE CARD(カード)のメリット

「JREカード」のメリットはなんといっても、「アトレ」「エスパル」「グランデュオ」等の駅ナカやJR系デパートでJRE CARD優待店でポイント還元率3.5%になるのと、JRE POINT加盟店でポイント還元率1.5%になることです!

「JREカード」の基本還元率は0.5%なので、普通のカード払いに使ったのではあまり意味がありません。

でも、駅ナカやデパート等の「JRE CARD優待店」「JRE POINT加盟店」のお店で「JREカード」を使えば、それぞれ還元率3.5%・1.5%なので非常におトクです。

「JRE POINT CARD」というポイントカードも存在しますが、ポイントカード提示でも還元率は1%なので、駅ナカ・JR系デパート等では、いかに「JREカード」がおトクなのかがおわかりになるかと思います。

 

JRE CARD(カード)はsuicaチャージでも還元率1.5%!

「JREカード」は、基本還元率0.5%ですが、交通系電子マネーの「suica」にチャージすれば、還元率が1.5%に上昇します。

これはJR東日本発行のクレジットカード「ビューカード」共通の取り扱いとなっており、「JREカード」だけでなく「ビックカメラsuica」カードや「ビュースイカ」カードでも「suica」チャージで還元率1.5%は同じです。

ちなみに、他の電子マネーへのチャージでポイントが貯まるのかというと、「suica」以外の電子マネーでは全くポイントがたまりません。

nanaco Edy モバイルsuica SMARTICOCA waon
×

〇…チャージできてポイントも貯まる
△…チャージできるけどポイントは貯まらない
×…チャージすらできない

一応、「nanaco」「Edy」「SMARTICOCA」にチャージは可能ですがポイントは貯まりません。

電子マネーチャージができてポイントが貯まることを重視する方は、2枚目のカードとして他のカードに申し込みされることをおすすめします。

 

JRE CARD(カード)の審査は今は易し目!?登場したばかりのカードはチャンス!

「JREカード」も含めた「ビューカード」発行のクレジットカードは、審査もやや厳しめで、可決した時のショッピング枠も少ないのが一般的です。

私自身も、「ビューカード」発行の「ビックカメラsuicaカード」を保有していますが、自身の信用情報には何ら問題はなくても、可決したもののショッピング枠は20万(金券枠10万)でした。

したがって「JREカード」も審査はやや厳しめ、ショッピング枠も少なめと予想されますが、クレファンの「JRE カード」合否情報を見てみると、登場したばかりのカードということもあってか審査が易しくなっているように感じられます。

今まで「ビューカード」の審査に通らなかった方でも、審査に通りショッピング枠60万ももらえたという報告もありますので、「JRE カード」は今が狙い目だと思います。

「モバイルsuica」チャージ還元率1.5%が欲しいので何でもいいから「ビューカード」発行のクレジットカードが欲しいという方にもおすすめです。

 

JRE CARD(カード)とVIEW(ビュー)カードとの違いは?

皆さんが気になっていることの1つに、「JREカード」と「VIEW suica(ビュー・スイカ)カード」の違いはどこにあるのか?というところだと思います。

JR東日本が発行しているクレジットカードの中で、今までスタンダードカードとして存在していた「ビュー・スイカカード」は「JRE カード」と一体どこが違うのかと。

簡単に表にまとめてみました。

JREカード ビュー・スイカカード
年会費 515円(税込) 515円(税込)
家族カード × 515円(税込)
JREカード優待店還元率 3.5% 1.5%(カード還元率0.5%+JREポイントカード提示で1%)
JREポイントカード機能
ビューサンクスボーナス ×

「JREカード」になくて「ビュー・スイカカード」にあるのが、家族カードビューサンクスボーナスです。

「JRE CARD優待店」での還元率は、「JREカード」の還元率3.5%に対して、「ビュー・スイカカード」は還元率1.5%と劣りますが、「ビュー・スイカカード」は家族カードが発行できるのと、ビューサンクスボーナス年間利用額に応じて次年度最大還元率が0.5%→0.85%まで上昇します。

 

ビューサンクスボーナスポイント
年間30万円以上 年間70万円以上 年間100万円以上 年間150万円以上
通常ポイント  1500ポイント 3500ポイント 5000ポイント 7500ポイント
ボーナスポイント  250ポイント 1250ポイント 2750ポイント 5250ポイント
合計最高還元率  0.583%  0.678%  0.775%  0.85%

 

「JREカード」と「ビュー・スイカカード」どちらのカードを選べばいいかという点ですが、

・駅ナカやJR系デパートのJRE CARD優待店でポイント還元率3.5%を受けたいのであれば、「JREカード」

・新登場のカードは審査が易しめなので審査に通ること重視なら「JREカード」

・家族カードを発行したいなら「ビュー・スイカカード」

・年間利用額が多く、還元率上昇の恩恵を受けたいなら「ビュー・スイカカード」

を選ぶのがいいと思います。

 

JRE CARD(カード)とビックカメラSuicaカードを比較

JR東日本発行のクレジットカード「ビューカード」の中でも人気が高いのが「ビックカメラSuicaカード」ですが、「JREカード」と比べたら、どちらがいいのでしょうか?

「JREカード」よりも「ビックカメラSuicaカード」が優れている点が2つあります。

・「ビックカメラSuicaカード」は年に1回でも利用すれば年会費の515円(税込)が無料になること。

「JREカード」は初年度こそ無料ですが、次年度以降は必ず年会費515円(税込)が発生してしまいます。
カードを利用すれば年会費をずっと0円にできるのが「ビックカメラSuicaカード」のメリットになります。

・「ビックカメラSuicaカード」は「ビックカメラ」以外での利用でもポイント還元率1%貯まる。

「ビックカメラSuicaカード」は、1000円利用につき「JREポイント」が5ポイント、ビックカメラのポイント「ビックポイント」が55ポイント貯まります。

これに対し、「JREカード」は、「JRE CARD優待店」「JRE POINT加盟店」以外でのカード利用のポイント還元率は0.5%です。

年会費無料・普段使いのポイント還元率が1%という点は「ビックカメラSuicaカード」に分があり、これらの点を重視する方は「ビックカメラSuicaカード」がおすすめですが、「ビューカード」発行のクレジットカードということもあり審査はやや厳しめです。

「ビューカード」発行のクレジットカードの審査に通りたい方は登場したばかりで審査が易くなっていると言われる「JREカード」がおすすめですし、駅ナカやJR系デパートのJRE CARD優待店でポイント還元率3.5%を受けたいのであればもちろん「JREカード」がおすすめです。

 

JRE CARD(カード)のキャンペーン

デビューしたばかりの「JRE カード」は、只今デビューキャンペーンと称して、2018年7月2日~2018年10月31日まで最大6000ポイントもらえるキャンペーンを実施中です。

もらえる6000ポイントの内訳は、

・新規入会で2000ポイント

・オートチャージ3000円以上利用で500ポイント

・JRE CARD優待店で5000円以上利用1000ポイント

・上記をすべて含み、5万円以上利用で2500ポイント

となっております。

クレジットカードのキャンペーンは登場したばかりのキャンペーンが一番おトクです!

この機会にぜひお申込みください!



この記事のURLとタイトルをコピーする


-未分類

Copyright© クレカマネー , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.