クレジットカードやポイントの情報を中心に、お金の効率的な使い方を伝える節約ブログ

クレカマネー

プリペイドカード

kyashリアルカード登場で還元率2%!クレジットカードチャージもできて最強に!

投稿日:

2018年6月7日、「LINE PAY(ラインペイ)」カードの常時2%還元が終了したのを見計らったように、「kyash(キャシュ)」というサービスが還元率常時2%のリアルカードを出すと発表してきました。
「LINE PAY(ラインペイ)」カードの有力な乗り換え先候補として出てきたこのカードがどんな特徴なのか?
自分の頭の中も整理する意味で、一つ一つ中身を詳しく見ていきたいと思います。

 

「kyash(キャシュ)」は、前からバーチャルカードとして存在していた!

「kyash(キャシュ)」というサービスは、いきなり登場したような感じもしますが、実は前から存在していて「バーチャルカード」としてサービスを提供していました。
そこに、新しくリアルカード(物理カード)として、還元率2%のカードを出してきたということです。

「kyash」リアルカード登場により、「バーチャルカード」でも「リアルカード」でも還元率が2%になりました。

スポンサーリンク

「kyash(キャシュ)」リアルカードの申し込み方法

スマホから「kyash(キャシュ)」アプリをダウンロードして、アプリ内でリアルカードの申し込みを行えば手元に届きます。

アプリを立ち上げた後、画面右上の「+マーク」を押して→「リアルカードの申込について」→「こちらをクリックして申し込み」という順に押します。

kyashリアルカード申込1
kyashリアルカード申込2
kyashリアルカード申込3

私も早速リアルカードを申し込んでみましたが、申し込みが殺到していてカードの到着まで1か月近くかかるかもしれないとのこと・・・・

kyashカード到着1か月

還元率常時2%のカードって他にないのでそりゃ大人気になるはずです・・・

 

「kyash(キャシュ)」が届くまでの間は、7月1日までに購入すれば還元率最大3.2%になる「バニラVISAカード」をおすすめします。

関連記事:バニラVisaギフトカードが還元率3.2%で使える!suicaにもチャージできるので残高の有効期限も半永久的に!

 

 

「kyash(キャシュ)」リアルカードの国際ブランドは「VISA」

「kyash(キャシュ)」リアルカードの国際ブランドは「VISA」です。
国内の「VISA」マークのある外のお店、全世界のネットショップで使うことができます。海外の実店舗は未対応。
国際ブランドについては、ライバルだった「LINE PAY(ラインペイ)」は「JCB」ブランドだったので、「VISA」ブランドの「kyash(キャシュ)」に軍配があがります。
「JCB」ブランドだと外のお店では高額な手数料を嫌って「VISA」か「Master card」しか使えないお店が若干存在するので、「VISA」に万能感があります。

 

 

「kyash(キャシュ)」の還元率2%は、決済ごとにポイント付与・50円からポイントが付きます!

2%のキャッシュバックに関しては公式でこのような記載があります。

キャッシュバック率: 2%キャッシュバック方法: 当月分の支払い金額に対して2%を翌月末までにKyash残高にキャッシュバックします

※1.キャッシュバックの金額は1円未満は切り捨てとなります
※2.「当月分の支払い金額」とは合計ではなくお取引ごととなります

引用:Kyash FAQ キャッシュバック率と方法

 

この文言から読み取れることは、
「kyash(キャシュ)」のはポイントが付与されるのではなく、月に1回まとめてキャッシュバックされます。
月に1回まとめてキャッシュバックだからといって、月の合計額の2%がキャッシュバックされるのではなく、会計ごとに2%です。
会計ごとに2%というのと、1円未満は切り捨てとなっていますので、50円以上利用しないとポイントはつかないということになります。

50円×2%=1円(ポイント付与)
49円×2%=0.98円(切り捨て)

 

「kyash(キャシュ)」の利用限度額は、1日最大3万円まで・月最大12万まで。有効期限内(5年で)100万円までだけど更新で継続利用可

ご利用限度について

各限度額は以下をご参照ください。

ウォレットでの保有限度額は1000万円以下
一日*(一回)あたりの購入限度額は3万円以下 *24時間
一ヶ月間での決済利用上限は12万円まで
一回あたりの送金限度額は3万円以下
一回あたり送金できる人数は1人まで
一回あたり請求できる人数は10人まで

※なお、Kyash Visaカードの有効期限は5年、Kyash Visaカードの期限内の利用上限は100万円となっております。利用上限が100万円を超えてもKyash Visaカードを更新することで継続してご利用頂けます。

※Kyash残高の有効期限は無期限です。

引用:Kyash FAQ ご利用限度について

利用限度額についても、この公式の文言から読み取れることは、1回につき3万円まで、そして月に12万までしか使えません。

また「LINE PAY(ラインペイ)」との比較になりますが、
「LINE PAY(ラインペイ)」はマイカラーがグリーンの人だけ還元率2%でしかも月10万円までしかポイント付与されません。
マイカラーがグリーン以下の人は還元率が1%です。

これに対して、「kyash(キャシュ)」は「LINE PAY」の月10万円より2万円多く、月12万まで利用でき、しかも誰でも還元率2%が保証されます。

「kyash」のほうが断然優秀です。

ただし、「kyash(キャシュ)」のほうは1回の決済で3万円までしか使えません。

3万円だと、コンビニ・スーパー・レストラン等では使えますが、高額な支払いが多くなる家電量販店での買い物やネットショップでの買い物では使えないところがデメリットになります。

また、「kyash(キャシュ)」は有効期限内(5年)では100万円までしか使えないと記載されていましたが、「Kyash Visaカード」を更新することで継続してご利用できるという文言が追加されましたので、有効期限内(5年)100万円の制限は実質的無くなり、1日3万、月12万の制限を気にしながら使うだけでよくなりました。

 

 

「kyash(キャシュ)」→電子マネーチャージで2%のキャッシュバックはある?

suica nanaco Edy smart ICOCA waon
〇(6000円以上) × × × ?

suicaは6000円以上のチャージだとキャッシュバック対象になると明記されています。

Kyashバーチャルカードでの決済Kyashリアルカードでの決済

※1. 電子マネーへのチャージなど、一部キャッシュバック対象外の店舗やサービスがあります

※2. モバイルSuicaは、6,000円以上の決済がキャッシュバック対象となります

※3. カード有効性チェックでの減算やお買い物キャンセルとなった決済は対象外となります

引用:Kyash FAQ キャッシュバック対象となる決済

一方、「nanaco」と「Edy」はキャッシュバック対象外と明記されています。

利用可能なお店
世界中のVisa加盟店のオンラインでのお買い物にご利用頂けます。

*ただし下記お支払いにはご利用いただけません*

・一部の月額・継続契約の利用料金のお支払い
毎月の継続的なお支払いや、自動更新手続き(契約)が発生する加盟店などでご利用いただけません。
公共料金/電話料金/衛星放送・CATV視聴料/インターネットプロバイダー利用料/WiMAXサービス利用料/新聞購読料(電子版含む)/保険料/レンタルサーバ/ウオーターサーバ定額サービス/通信教育/各種月会費など
商品の一部が含まれる場合にもご利用いただけない場合がございます。
・ガソリンスタンドでのお支払い
・高速道路通行料金でのお支払い
・航空会社の機内販売でのお支払い
・一部ホテルでのお支払い
・各種プリペイド・電子マネーの購入・チャージ代金のお支払い
nanacoクレジットチャージ/楽天Edy/Vプリカ など
・その他
ご利用先の利用環境や弊社の定めによりご利用いただけない場合がございます。

引用:Kyash FAQ 利用可能なお店

「waon」は明記されてないですが、果たしてどうなんでしょうか?
もしキャッシュバック対象になるのであれば2%還元は大きいですね。
検証してみる必要がありそうです。

税金の支払いはキャッシュバック対象外 楽天ペイもキャッシュバック対象外?

なお、商品券・電子マネー等、複数の店舗で決済利用可能な支払い手段であると弊社が判断するものはキャッシュバックの対象外とさせていただきます。(ただし、Suicaの場合6,000円以上でキャッシュバック対象といたします。)
また、寄付や税金のお支払い等に関してもキャッシュバックの対象外となります。

Kyash FAQ キャッシュバック対象となる決済

「kyash(キャシュ)」が税金の支払いに使えたらよかったのですが、FAQの上の文章に税金は対象外と明記されているので無理のようです。
また解釈が難しいのですが、上の文言を読むかぎりでは「楽天ペイ」の登録も「複数の店舗で決済利用可能な支払い手段」に該当し、キャッシュバック対象外のように思えます。

クレジットカードを持てない人にとって、「Kyash」の「楽天ペイ」登録は有効な利用手段になりえるかと思われましたが、もしキャッシュバック対象外だとしたら登録して使う意味はなくなります。

 

 

クレジットカードチャージ→「kyash(キャシュ)」 ポイントが貯まるカードは?

「kyash(キャシュ)」へのチャージはクレジットカードからできますが、「nanaco」チャージのように自分で好きな額をチャージするのではなく、「kyash(キャシュ)」を使った分だけ足りない額がその都度チャージされる仕組みになっています。

カードチャージ以外のチャージは前払い式となっています。

クレジットカード・デビットカードは「kyash」にチャージ可能 プリペイドカードは「kyash」にチャージ不可

ブランドプリペイドカードのご登録はできません。何卒ご了承ください。

VisaまたはMastercardクレジットカード、デビットカードのご登録は可能です。

引用:kyash FAQ VisaやMastercardのプリペイドカードは登録できますか?

 

「kyash(キャシュ)」に登録できるカードは、クレジットカードとデビットカードです。
プリペイドカードは登録できません。

また、「VISA」「Mastercard」ブランドではチャージできますが、「JCB」ではチャージできません。

クレジットカード・デビットカードの中で年会費無料で高還元率のカードで「VISA」「Mastercard」ブランドが存在するカードは、

デビットカード
・ソニーバンクウォレット(デビットカード)最大2%

クレジットカード
・アクシスカードプラス最大2%
・p-one wiz1.5%
・三井住友VISAエブリプラス1.5%
・リクルートカード1.2%

このあたりになるでしょうか。
「kyash(キャシュ)」にチャージされた時、実際にポイントが付くのかどうかそれぞれ検証してみる必要があります。

-プリペイドカード

Copyright© クレカマネー , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.