クレジットカードやポイントの情報を中心に、お金の効率的な使い方を伝える節約ブログ

クレカマネー

プリペイドカード

kyashリアルカード登場で還元率2%!クレジットカードチャージもできて最強に!

投稿日:


2018年6月7日、「LINE PAY(ラインペイ)」カードの常時2%還元が終了したのを見計らったように、「kyash(キャシュ)」というサービスが還元率常時2%のリアルカードを出すと発表してきました。
「LINE PAY(ラインペイ)」カードの有力な乗り換え先候補として出てきたこのカードがどんな特徴なのか?
自分の頭の中も整理する意味で、一つ一つ中身を詳しく見ていきたいと思います。

 

「kyash(キャシュ)」の仕組み

「kyash(キャシュ)」というサービスは、いきなり登場したような感じもしますが、実は前から存在していて、最初は「Facebook」「LINE」「Twitter」といったSNSの繋がりを利用して送金できるアプリとして機能していました。
その送金サービスのお金の引き落とし先として「バーチャルvisaカード」があり、そこにクレジットカードやプリペイドカードを紐づけて支払うような形でした。
そこに、新しくリアルカード(物理カード)として、還元率2%のカードを出してきたということです。

「kyash」リアルカード登場により、「バーチャルカード」でも「リアルカード」でも還元率が2%になりました。

スポンサーリンク

 

「kyash(キャシュ)」リアルカードの使い方

「kyash(キャシュ)」の使い方ですが、ネットで利用するだけならリアルカードを申し込む必要はありません。
「kyash(キャシュ)」のアプリを立ち上げて、画面内に表示されているカード番号を打ち込めばネット上で利用できます。
ただし実店舗での利用については、リアルカードを発行しなくては使うことができません。

「kyash(キャシュ)」リアルカードの申し込み方法

スマホから「kyash(キャシュ)」アプリをダウンロードして、アプリ内でリアルカードの申し込みを行えば手元に届きます。

アプリを立ち上げた後、画面右上の「+マーク」を押して→「リアルカードの申込について」→「こちらをクリックして申し込み」という順に押します。

kyashリアルカード申込1
kyashリアルカード申込2
kyashリアルカード申込3

「kyash(キャシュ)」リアルカードはいつ届く?

私も早速リアルカードを申し込んでみましたが、申し込みが殺到していてカードの到着まで1か月近くかかるかもしれないとのこと・・・・

kyashカード到着1か月

ただ2018年12月現在は、リアルカード申込から到着まで20日程度のようです。

 

「kyash(キャシュ)」リアルカードの国際ブランドは「VISA」

「kyash(キャシュ)」リアルカードの国際ブランドは「VISA」です。
国内の「VISA」マークのある外のお店、全世界のネットショップで使うことができます。海外の実店舗は未対応。
国際ブランドについては、ライバルだった「LINE PAY(ラインペイ)」は「JCB」ブランドだったので、「VISA」ブランドの「kyash(キャシュ)」に軍配があがります。
「JCB」ブランドだと外のお店では高額な手数料を嫌って「VISA」か「Master card」しか使えないお店が若干存在するので、「kyash(キャシュ)」が搭載している「VISA」には万能感があります。

 

 

「kyash(キャシュ)」は還元率2% ポイント付与ではなくキャッシュバック! 決済ごとに判定 50円の支払いからキャッシュバック対象!

「kyash」の2%還元はポイント付与ではなくてキャッシュバックです。

2%のキャッシュバックに関しては公式でこのような記載があります。

キャッシュバック率: 2%キャッシュバック方法: 当月分の支払い金額に対して2%を翌月末までにKyash残高にキャッシュバックします

※1.キャッシュバックの金額は1円未満は切り捨てとなります
※2.「当月分の支払い金額」とは合計ではなくお取引ごととなります

引用:Kyash FAQ キャッシュバック率と方法

 

この文言から読み取れることは、
「kyash(キャシュ)」はポイントが付与されるのではなく、月に1回まとめてキャッシュバックされます。
月に1回まとめてキャッシュバックだからといって、月の合計額の2%がキャッシュバックされるのではなく、会計ごとに2%です。
会計ごとに2%というのと、1円未満は切り捨てとなっていますので、50円以上利用しないとポイントはつかないということになります。

50円×2%=1円(ポイント付与)
49円×2%=0.98円(切り捨て)

 

「kyash(キャシュ)」の上限は、リアルカード1日最大5万円まで・月最大12万まで。有効期限内(5年で)100万円までだけど更新で継続利用可

ご利用限度について

各限度額は以下をご参照ください。

【決済(購入)】

バーチャルカードのみのお客さま

  • 24時間あたりの利用限度額は3万円以下
  • 1回あたりの利用限度額は3万円以下
  • 1ヶ月間での利用限度額は12万円まで

リアルカード有効化済みのお客さま

  • 24時間あたりの利用限度額は5万円以下
  • 1回あたりの利用限度額は5万円以下
  • 1ヶ月間での利用限度額は12万円まで

【Kyash Visaカード】

  • 有効期限は5年
  • 有効期限内の利用限度額は100万円

引用:Kyash FAQ ご利用限度について

 

利用限度額については、「kyashリアルカード」の場合1日1回5万円まで、1カ月12万まで決済可能です。

(「kyashリアルカード」が登場した当初は1日1回3万円までしか使えませんでしたが、2018年9月18日に3万円→5万円に限度額が拡大されました。)

また、「LINE PAY(ラインペイ)」との比較になりますが、
「LINE PAY(ラインペイ)」はマイカラーがグリーンの人だけ還元率2%で、マイカラーがグリーン以下の人は還元率が1%以下です。

マイカラーをグリーンにするには、月に10万円「LINE PAY(ラインペイ)」を使わないといけません。
「LINE PAY(ラインペイ)」を新たに使い始めた人は、マイカラーが一番下のランクなので最初の月を0.5%の還元率で過ごさなくてはなりません。

これに対して、「kyash(キャシュ)」リアルカードは月12万までしか利用できませんが、誰でも常時還元率2%が保証されます。

「kyash」のほうが断然優秀です。

 

しかも、「kyash」は1日の利用限度額が3万円から5万円に拡大され使い勝手もよくなりました。

「kyash」が「LINE PAY(ラインペイ)」に劣っているところと言ったら、「kyash」は月12万までしか使えないので、高額決済という点では月の利用限度額を撤廃した「LINE PAY(ラインペイ)」にかなわないというところぐらいです。

また、「kyash(キャシュ)」は有効期限内(5年)では100万円までしか使えないと記載されていましたが、「Kyash Visaカード」を更新することで継続してご利用できるという文言が追加されましたので、有効期限内(5年)100万円の制限は実質的に無くなり、1日5万、月12万の制限を気にしながら使うだけでよくなりました。

 

 

「kyash(キャシュ)」→電子マネーチャージで2%のキャッシュバックは可能?

モバイルsuica以外の電子マネー(nanaco Edy ICOCA waon)はすべて対象外

suica nanaco Edy smart ICOCA waon
〇(6000円以上) × × × ×

suicaは6000円以上のチャージだとキャッシュバック対象になると明記されています。

一方、「nanaco」と「Edy」「WAON」はキャッシュバック対象外と明記されています。

「smart ICOCA」に関しては記載がありませんが、同じ交通系の「suica」が6000円以上でキャッシュバックされるとアナウンスされてるのに対して、「smart ICOCA」にはアナウンスがないですし、他の電子マネーがだめなのに「smart ICOCA」だけ特別扱いでキャッシュバック対象ということはないと思うので、おそらく「smart ICOCA」も対象外だと思います。

 

対象外の取引

お買い物キャンセルとなった決済
※キャンセルが月またぎの場合は次月相殺いたします
カード有効性チェックでの減算
前払式支払手段(第三者型)の購入、チャージ
WAON/nanaco/楽天Edyなど
モバイルSuicaアプリでの購入、チャージ
※1回につき6,000円以上のご利用分は対象となります
Google Pay経由によるモバイルSuicaアプリでの購入、チャージ
※1回につき6,000円以上のご利用分は対象となります
寄付のお支払い
公共料金のお支払い
各種税金、ふるさと納税のお支払い
年金のお支払い
Yahoo!公金支払い
金券、商品券や有価証券等の現金同等物の購入

引用:Kyash FAQ キャッシュバックについて 対象外の取引

 

 

税金・公共料金・金券の支払いはキャッシュバック対象外

「kyash(キャシュ)」が税金の支払いに使えたらよかったのですが、上記のFAQのキャッシュバック対象外の取引に税金は対象外と明記されているので無理のようです。
ふるさと納税も対象外、年金も対象外、税金払いとほぼ同じYahoo!公金支払いも対象外です。

 

 

「kyash」の超有効活用方法!

「kyash」の有効活用の方法を伝授したいと思います。
それはリアルカードをそのまま使うことではなく、「QR/バーコード決済」の電子決済サービス「〇〇pay」に登録して使うことです。

「QR/バーコード決済」の「〇〇pay」に直接クレジットカードを登録するのではなく、「kyash」を登録することによって

「クレジットカード」→「kyash」→「〇〇pay」

のように「kyash」を間に噛ませるような感じになります。

すると、「クレジットカードの還元率」と「kyash2%」をダブル獲りできることになります。

「kyash」を登録できる電子決済サービスは、現在「楽天ペイ」「PayPay(ペイペイ)」「origami pay(オリカミペイ)」
」の3つです。

 

「kyash」は楽天ペイ・PayPayペイペイ・origami payオリガミペイに登録できる!しかも2%のキャッシュバックの対象!

、「Kyash」の「楽天ペイ」登録は有効な利用手段になりえます。

「kyash」公式でも「楽天ペイ」は2%キャッシュバックの対象と記載されています!

よくあるお問い合わせの加盟店

楽天Pay 対象
PayPal 対象
Amazon 対象
Amazonギフト券 対象
モスカード 対象
スターバックス カード  対象
ドトールバリューカード  対象
Yahoo!ウォレット 対象

引用:Kyash FAQ キャッシュバックについて よくあるお問い合わせの加盟店

「楽天ペイ」に登録できるということは、

 

クレジットカードの還元率 + kyash2%キャッシュバック + 楽天ペイ利用0.5% の還元を受けることができます。

標準的な還元率1%のクレジットカードをkyashに登録して、さらにそのkyashを楽天ペイに登録して使えば3.5%の還元率ということになります。

 

 

「kyash(キャシュ)」は「PayPay(ペイペイ)」にも登録できます!

FAQには書いてありませんが、「kyash(キャシュ)」は、ソフトバンクとヤフーが手がける決済アプリ「PayPay(ペイペイ)」にも登録できます。

クレジットカードを直接「PayPay(ペイペイ)」に登録するよりも、

「クレジットカード」→「kyash」→「PayPay」

と、間に「kyash」を噛ませることによって還元率が2%+されることになるので利用価値があります!

 

関連記事:ペイペイPayPayの全額キャッシュバック当選が多発!登録して最大1000円もらえる!さらに使うと20%還元!

「kyash(キャシュ)」は「Origami Pay(オリガミペイ)」にも登録できます!

こちらもFAQには書かれていませんが、クーポン連発のおいしい電子決済サービス「Origami Pay(オリガミペイ)」にも登録できます。

「Origami Pay(オリガミペイ)」でよくアプリに届く〇〇円引きクーポンや、ローソンコーヒー無料、吉野家半額等の「Origami Pay(オリガミペイ)」独自のおトクなサービスに、「kyash」を加えてさらに2%キャッシュバック!

「Origami Pay(オリガミペイ)」も積極的に使うべき電子決済サービスです。

関連記事:オリガミペイ(Origami Pay)で吉野家の牛丼が半額!ローソンのコーヒーが毎日無料!

 

「kyash(キャシュ)」はapple payには登録不可

ものは試して「kyash(キャシュ)」を「apple pay」に登録しようとしてみましたが、登録不可でした。

もし「apple pay」登録できたら「iD」「quicpay」でも支払えるというメリットが生まれたのですが・・・無理でした・・・。

 

kyashチャージでポイントが貯まるカードは?

「kyash(キャシュ)」へのチャージはクレジットカードからできますが、「nanaco」チャージのように自分で好きな額をチャージするのではなく、「kyash(キャシュ)」を使った分だけ足りない額がその都度オートチャージされる仕組みになっています。

カードチャージ以外のチャージは前払い式となっています。

クレジットカード・デビットカードは「kyash」にチャージ可能 プリペイドカードはチャージ不可

ブランドプリペイドカードのご登録はできません。何卒ご了承ください。

VisaまたはMastercardクレジットカード、デビットカードのご登録は可能です。

引用:kyash FAQ VisaやMastercardのプリペイドカードは登録できますか?

 

「kyash(キャシュ)」に登録できるカードは、クレジットカードとデビットカードです。
プリペイドカードは登録できません。

また、「VISA」「Mastercard」ブランドではチャージできますが、「JCB」ではチャージできません。

クレジットカード・デビットカードの中で年会費無料で高還元率のカードで「VISA」「Mastercard」ブランドが存在するカードは、

デビットカード
・ソニーバンクウォレット(デビットカード)最大2%
・楽天銀行デビットカード(VISA)1%

クレジットカード
・アクシスカードプラス最大2%
・三井住友VISAエブリプラス1.5%
・REXカード1.25%
・リクルートカード1.2%

このあたりになるでしょうか。
「kyash(キャシュ)」にチャージされた時、実際にポイントが付くのかどうかそれぞれ検証してみる必要があります。

 

ポケットカード・VIEW(ビュー)カード・楽天銀行デビットカードは対象外

以前から電子マネーチャージにポイントは付かないとアナウンスしている、「ポケットカード」「VIEWカード」は「kyash」へのチャージも対象外のようです。

ということは、還元率1.5%の「p-one wizカード」は対象外ということになりますが果たしてどうでしょうか?

 

「kyash」+「p-one wizカード」は使えるけどポイント付与対象外に!

年会費無料で還元率1.5%の「p-one wizカード」はポケットカード株式会社の発行なので、以前から電子マネーチャージの類にはポイントが付かないカードですが、「kyash」については2018年9月分までは、現金値引き1%・ポイント0.5%満額付いているという情報は入ってきていました。
しかし、実際に使った方から、2018年11月で値引き・ポイント付与対象外の報告が入ってきました。

「p-one wizカード」の入手を検討している方は、「kyash」では使い物にならないということを踏まえたうえで手に入れてください。

 

kyash キャンペーンについて

2018年10月22日からkyashにとっては初めてのチャージキャンペーンが始まりました。
セブンイレブンで1000円kyashチャージすると、先着3000名様に200ポイントプレゼント中です!

ただし、すでにkyashにオートチャージを済ませている方は、先着3000名ではなく、先着1000名様限定となっております。

既にkyashユーザーの方はおはやめに1000円チャージしてください!

1000円チャージで200ポイントということは、還元率20%です!

これはかなりおトクなキャンペーンですね!

セブン銀行ATMチャージでもれなく200円プレゼント!

 

kyashの障害について

「kyash(キャシュ)」は、2018月11月3日から障害が発生ししばらく使えない状態が続いていましたが、11月27日に復旧し現在は問題なく利用できます。

Kyash - ウォレットアプリ

Kyash - ウォレットアプリ
開発元:Kyash
無料
posted withアプリーチ


この記事のURLとタイトルをコピーする


-プリペイドカード

Copyright© クレカマネー , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.