クレジットカードやポイントの情報を中心に、お金の効率的な使い方を伝える節約ブログ

クレカマネー

エポスカード

エポスカードで投資信託(つみたてNISA)が購入できるようになります!

投稿日:

2018年夏頃から「エポスカード」で投資信託が購入できるようになります。
クレジットカードで投資信託を購入できるようになるとどういういいことがあるのかまとめてみました。

 

投資信託をクレジットカード「エポスカード」で購入できるとポイントが貯まる!

まずはポイントですね!(笑)
投資信託の購入でポイントが貯まるのは画期的です。
私も、投資信託を何商品か購入してますが、銀行口座から証券会社の口座にお金を移動させ、そのお金で購入するのが普通の買い方です。
普通の買い方だとポイントは全く貯まりません。
でも、投資信託の購入にクレジットカードを使えるようになれば、支払った分だけポイントが貯まります。

「エポスカード」で購入することのできる投資信託は「つみたてNISA」と言われるもので、最大年間40万円まで購入することができます。

ノーマル「エポスカード」は基本還元率0.5%ですが、リボ払いにすればポイント2倍の還元率1%になりますので、40万円購入すれば4000エポスポイントを手に入れることができます。

 

関連記事:エポスカードリボ払い2倍早期返済をエポスATMで行う具体的手順

 

「エポスゴールドカード」ですと、年間100万円利用で10000ポイントもらえるので、年間100万円きっちり使った場合の還元率は2%です。

「エポスカードゴールド」で年間40万円分の投資信託「つみたてNISA」を購入すれば40万×2%=8000エポスポイントを手に入れることができる計算です。

「エポスカードゴールド」は年間100万円の利用にとどめておくと最も還元率がいいので、年間100万円の利用で止めておくのが賢い方法なのですが、そのカード利用年間100万円目標金額のうち、40万円を投資信託でまかなえるのもメリットだと思います。

 

「エポスカード」のポイント制度を含めた解説記事は↓コチラ↓です。

関連記事:エポスカードのメリット/デメリットからポイント還元率まで徹底解説!無料でゴールド招待!最大還元率3%のすごいカード!

 

「エポスカード」で投資信託を購入するとゴールドの招待が届きやすくなる!

既に「エポスカードゴールド」の人は残念ながらこの恩恵には預かれませんが、スタンダードカードの「エポスカード」を保有している方が投資信託を購入し続けるとゴールドカードの招待が届きやすくなるとのこと。

つみたてNISAを毎月エポスカードで支払い続けると、ゴールドカード会員になれる確率が高まり、ゴールドカード会員になった顧客のクレジットカード利用額の増加が見込めるとし「信託報酬に加え、本業であるエポスカードの収益向上にもつながる」と、証券事業参入による収益的なメリットを強調した。

参照:丸井が証券事業に参入 「つみたてNISA」対象投信を販売

 

ゴールド招待を受けて「エポスカード」から「エポスゴールドカード」になれば年会費無料でおトクです。(ゴールド直接取得は初年度年会費5000円かかります)
また「エポスゴールドカード」になれば、ノーマルの0.5%から年間100万円ぴったり利用でポイント還元率が最大3%と非常におトクになります。
他にも獲得したエポスポイント有効期限が無期限になるなどいいことだらけ!(ノーマルは2年間の有効期限)

スタンダードカードの「エポスカード」を持っていて、ゴールドのインビテーション(招待)が欲しいという方には、投資信託を購入するのも一つの手だと思います。

スポンサーリンク

 

「エポスカード」で投資信託を購入の中身

最初「エポスカード」で投資信託を購入できるというニュースを聞いたときは、無制限にカードで購入できるのかな?と思いましたが、実際は違うようです。

「つみたてNISA」で投資信託を購入する

「つみたてNISA」とは、20年間にわたって毎年最大40万円ずつ合計800万円を投資していくものです。
「エポスカード」で購入できる投資信託は、この「つみたてNISA」の制度で購入するので、年間40万円が上限になります。

当面は「つみたてNISA」の投資信託銘柄を3,4本に厳選

「エポスカード」で購入できる投資信託の銘柄は3、4本に厳選するとのこと。
例えば「SBI証券」の「つみたてNISA」なら約140種類程度存在します。

SBI証券のつみたてNISA商品ラインナップ

でも、これでは投資未経験の人だったらどれを選べばいいか迷ってしまいますよね。
選びやすくするために、3~4本に厳選するのはいい方法だと思います。

 

 

老後までの蓄えを確保するために「貯蓄」ではなく「投資」をするのは絶対必要!

「エポスカード」の会員数は2018年3月末時点で657万人と言われ、そのうち約半数が20代・30代の若い方で構成されているそうです。

勤続年数の少ない若い方ですと、年収も少なく「貯蓄」にまわせる額もなかなか確保できないと思います。
でもなんとかして少しずつ「貯蓄」していっても、老後まで生活するには絶対足りなくなるので「投資」で増やすしかありません。
その入り口として、「エポスカード」の投信信託「つみたてNISA」の購入で投資を勉強するのはいい選択だと思います。

投資経験の少ないうちにリスクをかけて大金を積極的に投資していっても失敗することが多いですから、まずは「エポスカード」投資信託のように少ない金額で投資の世界を体験し、ある程度投資の知識を身に付けたあとに、大金をかけて勝負したほうが絶対に大きな失敗はしなくなると思います。(自分がそうです。)

 

 

クレジットカードと投資信託がコラボした商品は他にもあります!

「エポスカード」と「投資信託」の組み合わせとは違う形ですが、クレジットカードで貯まったポイントが自動的に投資信託に投入されるクレジットカードが既に商品化されています。

興味がある方は、↓コチラ↓の記事をどうぞ。

関連記事:インヴァストカードのメリット・デメリットを解説!

関連記事:インヴァストカードの入会申込時やカード到着時の注意点を教えます!

-エポスカード

Copyright© クレカマネー , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.