クレジットカードとポイントのおトク情報から、お金の増やし方(資産運用)について解説するサイトです。

クレカマネー

電子決済サービス

「d払い」と「ドコモ払い」の違いを解説!amazon「d払い」がついに開始!

投稿日:

ドコモが提供しているサービスには「d払い」と「ドコモ払い」の2つがあります。この2つの特徴と違いを説明して、これらの有効な使い方を解説していきたいと思います。

 

「d払い」と「ドコモ払い」の比較

この2つの特徴を表で表すとこんな感じになります。

d払い ドコモ払い
dポイント たまる・つかえる たまるだけ
ドコモ携帯の契約 必要なし 必要
支払い方法 ・電話料金合算払い
・ドコモ口座から充当
・クレジットカード
・dポイントで支払い
・電話料金合算払い
・ドコモ口座充当

 

「d払い」とは 昔は「dケータイ払い+」という名前でした。

「d払い」は名前が「ドコモ」ではなく「d」という表示になっているところから、ドコモ携帯の契約者じゃなくても使える決済方法です。
「dアカウント」さえ持っていれば誰でも使えます。
例えるなら、「PAYPAL(ペイパル)」と似たようなものといえば理解しやすいでしょうか?
つまり、ドコモが提供しているだれでも使える決済サービスということです。

「d払い」も前は、「dケータイ払い+(プラス)」という名前でしたが、2018年2月下旬から「d払い」という名称に変更になっています。

 

「d払い」の支払い方法は4つ

「d払い」の支払いの特徴は何といっても支払い方法に必ずしも「ドコモの携帯」を通さなくてもいいこと。

「d払い」が利用できるお店であれば、ドコモ携帯を通さないで「クレジットカード」で支払うこともできますし、ポイントが貯まっていれば「dポイント」で支払うこともできます。「期間・用途限定dポイント」も使えます。

もちろん、ドコモ携帯を持っていれば「電話料金合算払い」「ドコモ口座から充当」の支払い方法も使うことができます。

クレジットカードの登録は、「VISA」か「Master card」ブランドのクレジットカードであれば登録できます。

別にドコモの公式クレカの「dカード」じゃなくても登録できます。

したがって、還元率の高いクレジットカードを「d払い」に登録すれば、おトクになるということです。

(ポイント還元率の高いおトクなクレジットカードは↓コチラ↓で紹介しています。)

ポイント還元率で選ぶおすすめクレジットカードランキング

 

「d払い」は、「ネット」と「街のお店」の2つに分けられます!

「d払い」は、昔の名前の「dケータイ払い+」時代は、ネットでしか使えない決済方法でした。

でも「d払い」は、新たにスマホの専用アプリが作られ、「街のお店」でコード決済としても使えるようになり、2018年4月25日から稼働を始めました。

 

つまり、従来から存在した「ネット」での「d払い」と、「街のお店」の「d払い」の2つが存在することになります。

 

「d払い」のポイントについての取り扱い

「ネット」の「d払い」と、「街のお店」での「d払い」とては、ポイントの取り扱いについて違いがあります。

 

「d払い」利用でのポイント獲得

「ネット」の「d払い」は、通常100円(税込)につき1ポイントの獲得です。(還元率1%)

これに対して、「街のお店」での「d払い」は通常200円(税込)につき1ポイントの獲得です。(還元率0.5%)

 

「dポイント」を使って「d払い」した時はdポイントは貯まらない

 

「dポイント」を使って「d払い」した時は、ポイントは貯まりません。

「dポイント」はポイントを使って支払ったときは、ポイントが一切貯まらない仕様となっています。

 

ちなみに「街のお店」で「d払い」で「dポイント」を使って払うときには、毎回「dポイントを使う」の部分をクリックして払わなければならないので、ちょっと面倒くさいみたいですね。

ライバルの「楽天pay」なら1回ポイントを使うを押せば、その設定のまま固定されるので、「d払い」も「楽天ペイ」と同じようにしてほしいところです。

 

「d払い」の鍵を握るのはキャンペーン

「d払い」には専用のキャンペーンがありますので、その時に「d払い」を積極的に利用していく形になります。
d払い/ドコモ払い キャンペーン一覧

 

 

「ドコモ払い」とは

「ドコモ払い」とは、ようするに「支払い代金を月々の携帯料金と一緒に払う!」みたいなものです。

以前は「ドコモケータイ払い」という名前でしたが、2018年2月下旬からは「ドコモ払い」という名称に変わりました。

 

ドコモの決済サービスの名称、およびサービスロゴの変更について(docomo公式サイト)

 

ドコモの携帯を契約していないと使うことができないおトクなサービスは2つあり、1つはこの「ドコモ払い」、あともう1つは「ドコモ口座」というサービスです。
この2つにはおトクなキャンペーンが存在し、そのキャンペーンの条件を達成することによって、「dポイント」の還元を得られるという形になります。(「ドコモ口座」はここではとりあげません)

 

(ドコモ口座については↓コチラ↓)
関連記事:ドコモ口座は税金支払い7%還元でトクをするのが勝ち組!

 

「ドコモ払い」の賢い使い方

「ドコモ払い」の支払い方法は「電話料金合算払い」と「ドコモ口座充当」の2つがあります。

 

「電話料金合算払い」とは商品・サービスの支払い代金を、ドコモの月々の携帯料金と一緒に支払うという方法ですが、ドコモの携帯の支払いには「クレジットカード」を登録して支払っている方がほとんどかと思われます。

つまり、「ドコモ払い」での支払いを結果的にクレジットカードまで流すような形になるので、クレジットカードの基本還元率分のポイントが獲得できます。

「ドコモ払い」→「電話料金合算払い」→「クレジットカード」

例えば、10万円を「ドコモ払い」で支払えば、基本還元率1.5%のクレジットカードを携帯料金の支払いに登録していれば1500ポイント手に入ります。

 

「ドコモ口座充当」は、ドコモの携帯契約者が持てるバーチャル口座ですが、「ドコモ口座」にお金を入金する時に、「コンビニ払い」を選択して「セブンイレブン」で「nanaco払い」するのがおすすめです。

「nanaco」へのチャージは「kiigo」というサイトから「nanacoギフト」を月5万円まで「VISA」か「Master card」ブランドのクレジットカードで買えますので、クレジットカードのポイントが貯まっておトクになるからです。

 

 

「ドコモ払い」のキャンペーンを狙え!

「ドコモ払い」をそのまま使っただけでは何のトクにもなりませんが、キャンペーンが登場した時に使うのがおすすめです。

最近でいうと、このキャンペーン

>>ドコモ払いdポイント還元祭

期間中に対象店舗でドコモ払いを合計10000円(税込)以上利用すれば、抽選で100名様に10000ポイント、さらに500円につきもれなく1ポイントが付きます。

キャンペーンがない時は、ドコモ携帯の支払いにクレジットカードを登録していれば、クレジットカードの還元率分のポイントが手に入りますが、キャンペーン時に「ドコモ払い」を利用すれば、「クレジットカードポイント」+「キャンペーンポイント」でダブルにおトクになります。

 

「ドコモ払い」「電話料金合算払い」の利用限度額は月最大10万円

「ドコモ払い」の利用限度額は月に最大10万円まで設定できますが、

初期設定では1万円に設定されています。

契約期間 「電話料金合算払い」設定可能ご利用限度額
1~3ヶ月目 10,000円/月
4~24ヶ月目 30,000円/月
25ヶ月目以降 50,000円/月

※19歳までは月1万円固定

ドコモ携帯の契約期間の長さによって限度額も違ってきて25月目で月50000円までに上昇し、それ以降は利用状況等により最大10万円まで増額される場合があります。

つまり、ドコモの携帯を長く利用している人じゃないと限度額が上がらずたくさん使うことができません。

いきなり大きなキャンペーンが来たからと言って「ドコモ払い」のためにドコモ携帯を契約したとしても、最大月10000円しか使えないので、ドコモの携帯をまだ持ってない人はこの点には注意したほうがよさそうです。

 

ドコモガラケー5年利用でも限度額10万円にあげることができました。

私も、ドコモの付加価値サービス利用のためにドコモのガラケーを契約して月2000円程度の携帯料金を毎月払っていますが、5年2カ月目で「ドコモ払い」の上限金額を変更しようとしたら、10万円まであげることができました。
おそらく、月額料金の安いスマホ契約でも契約期間が長くなれば限度額10万円にはできると思います。

 

 

まとめ:大きなキャンペーンが登場したら積極的に使っていこう!

今ドコモは「d払い」「ドコモ払い」そして「ドコモ口座」といった自社のサービスに10%程度の還元率を付与するようなキャンペーンを展開するような形をとっています。

これが3月の決算前とかになると20%~30%還元のキャンペーンも登場し、ドコモの資本力のすごさを目の当たりにすることになります。

ケータイ払い系のキャンペーンはこちらでチェックできます。

d払い/ドコモ払い キャンペーン一覧

スポンサーリンク

 

amazonがついに「d払い」にも対応!しかし扱いが普通と違います!

今まで、「ドコモ払い」にしか対応していなくて、「dポイント」を使うことができなかった「d払い」が、2018年12月1日からAmazonで使えるようになりました。
でも、このamazon「d払い」の取り扱いが普通と違います。

何が違うのかと言いますと、「d払い」は本来ドコモ回線の契約が必要ないのですが、「amazon」に限ってはドコモ回線契約者のみ「d払い」が利用可能。

またamazon「d払い」の支払いも「dポイントを使う」「電話料金合算払い」「ドコモ口座充当」が選べますが、「クレジットカード払い」だけは使えないということです。

 

「d払い」なのにまるで「ドコモ払い」のような扱いです。

amazon「d払い」の詳細については、↓コチラ↓のキャンペーンページをご覧ください。設定方法も書いてあります。

Amazonでドコモ「d払い」が利用可能に、12月1日から。dポイントでの購入にも対応

 

繰り返しになりますが、

「ドコモ口座充当」は、ドコモの携帯契約者が持てるバーチャル口座ですが、「ドコモ口座」にお金を入金する時に、「コンビニ払い」を選択して「セブンイレブン」で「nanaco払い」するのがおすすめです。

「nanaco」へのチャージは「kiigo」というサイトから「nanacoギフト」を月5万円まで「VISA」か「Master card」ブランドのクレジットカードで買えますので、クレジットカードのポイントが貯まっておトクになるからです。

 

amazon「d払い」キャンペーンまとめ

amazonで「d払い」が開始されてから継続的にキャンペーンが行われています。

期間 キャンペーン名 倍数 ポイント獲得上限
2018/12/7~12/21 d払いで最大15倍プレゼント 5倍・10倍・15倍 100000
2019/1/7~1/31 amazonプライムd払いで最大20倍プレゼント 3倍・5倍・10倍・20倍 20000
2019/2/1~2/28 新規利用者amazonでdポイント最大20倍 5倍・10倍・20倍(既存2倍) 10000

 

amazon「d払い」キャンペーンは、くじを引いていずれかの倍数のポイントがもらえる仕組みになっています。

2018年12月のキャンペーンは、「dポイント魔法スーパーチャンス」と重なったので、ポイント15倍が当たればスーパーチャンスの26倍と合わせて合計41倍のdポイントがもらえるおトクなキャンペーンでした。

2019年1月のキャンペーンは、「amazonプライム」を「d払い」で払えば、期間中の「amazon」での買い物が最大20倍になるキャンペーンだったので、「amazonプライム」が自動で付いてくるクレジットカード「amazonマスターゴールド」持ちの人にとっては蚊帳の外のキャンペーンでした。

2019年2月のキャンペーンは新規利用者が最大20倍になるキャンペーンで、既存の方はポイント2倍にしかならないというキャンペーンでした。。。

最初のキャンペーン以外は、「amazon」プライムを「d払い」した方限定だったり、「d払い」新規利用者限定だったり対象者を限定して開催されています。

自分自身が対象のキャンペーンがあれば積極的にamazonで「d払い」を使っていきたいところです。

 

「d払い」の単独キャンペーンも要チェック!

2019年3月1日から「d払い」で還元率20%キャンペーンがスタートしています。

このキャンペーンの詳細については↓コチラ↓の記事をご覧ください。

関連記事:d払い(街のお店でのお買い物)が3月1日からポイント40倍!でも還元率は20%・・・



この記事のURLとタイトルをコピーする


-電子決済サービス

Copyright© クレカマネー , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.