クレジットカードやポイントの情報を中心に、お金の効率的な使い方を伝える節約ブログ

クレカマネー

LINE PAY(ラインペイ)

LINE Pay ラインペイカードが改悪!ポイント還元率が常時2%から最大2%へ変更!

投稿日:2018年4月1日 更新日:

【特報!】ふるさと納税「HIS旅行券」還元率50%

【特報!】年12%の低金利・新しい審査基準で借り入れのチャンス!

2018年春、改悪ラッシュ続きのポイント高還元クレジットカードですが、常時2%還元を誇ったプリペイドカード「LINE PAY」カードもついに改悪となりました。

スポンサーリンク

 

LINE Pay(ラインペイ)カードの常時2%は2018年5月末まで!それ以降は未定!

「LINE Payカード」終了の告知は、2018年3月30日14時44分「LINE PAY TEAM」から「LINE]を通して告知されました。

ラインペイ2%終了

上の「詳細を確認」をクリックすると。。。

いつもLINE Payをご利用いただきありがとうございます。

このたび、さらなる簡単・便利なキャッシュレス・ウォレットレスサービスを目指し、ご利用特典を変更いたします。それにともない、2018年5月31日(木)をもって、ご利用金額の2%分(100円につき2ポイント)のLINEポイントが貯まるLINE Pay カード限定の利用特典は終了することになりました。
2018年6月以降は、スマホでの支払いをメリットとともに使っていただくため、コード支払いを中心としたLINE Pay各種サービスのご利用度合いによって、所定の特典を受け取ることができる新しい利用特典プログラムをはじめます。
※LINE Pay カードは、2018年6月以降も引き続きご利用いただけます。

2018年6月以降はどうなるかまだ詳細は決まってない模様ですが、「LINE Pay」カードでの常時2%は終了となり、「LINE Pay」のコード決済を中心に、「LINE Pay」サービス全体の利用に対して最大還元率2%を維持できるという形になるみたいです。

 

「LINE Pay」のコード決済は加盟店が少ない!

「LINE Pay」カードの常時2%から、「LINE Pay」のコード決済を中心とした最大2%ですと、還元率だけみればそんな差はなさそうな感じですが、使える範囲に大きな違いがあります。

「LINE Pay」カードは、「JCB」の国際ブランドで支払う形になりますから、例えばコンビニでしたらどのお店でも使えました。

ところが、「LINE Pay」のコード決済ですと、使えるコンビニは「ローソン」だけです。

使えるお店の範囲が狭くなると、「LINE Pay」を使う機会も減りますので、最大2%を達成することは困難になるでしょう。

「LINE Pay」のコード決済の加盟店は↓コチラ↓のリンクから確認できます。

 

>>LINE Pay コード決済 加盟店

 

「LINE Pay」カードの替わりとなるカードは存在するのか?

「LINE Pay」カードの替わりとなるカードは他にあるのか?といった話ですが、年会費無料で常時2%という高パフォーマンスを発揮するカードは他に存在しません!

ただ、「年会費無料・常時2%」に近いカードは存在しますので、それらのカードをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 

タカシマヤプラチナデビットカード 還元率2% 年会費32400円(税込)

タカシマヤプラチナデビットカード

2017年10月9日から登場した「タカシマヤプラチナデビットカード」が常時還元率2%のカードになります。
「デビットカード」なので、申込めば誰でも持てます。
「クレジットカード」のような一定基準の審査がなく誰でも取得できるところが「プリペイドカード」である「LINE Pay」カードと特徴が似ています。

「VISA」の国際ブランドが与えられていますので、「VISA」加盟店ならどこでも使うことができます。

ただ、年会費無料の「LINE Pay」カードと違って、「タカシマヤプラチナデビットカード」はステータスカードの「プラチナカード」なだけに、年会費が32400円(税込)もかかります。

タカシマヤで使えば、基本還元率2%+高島屋ボーナス8%=10%なので、タカシマヤだけで使うなら年間30万円お買い物で年会費の元を取ることができますが、タカシマヤ以外のお店だけで使えば2%固定なので、年間150万円つかってやっと年会費の元を取ることができます。

年間多くの金額を消費する人にとっては選択肢の1つとしてありなのかもしれません。
>タカシマヤプラチナデビットカードの詳細はコチラ

 

 

アクシスカードプラス 翌年年から還元率2% 年会費実質無料

アクシスカードプラス

アプラス発行のクレジットカード「アクシスカードプラス」が個人的には一番「LINE Pay」カードの替わりになるのでは?と思います。
年会費は、初年度無料・翌年度2160円(税込)ですが、年間50万円以上の利用で無料。
ポイント還元率も初年度は1%ですが、年間200万円のカード利用で翌年度のポイント還元率が2%になります。

ステージ 前年度の年間利用合計額 翌年度の還元率
プラチナ 200万円以上 2.0%
ゴールド 100万円以上 1.5%
シルバー 50万円以上 1.2%
ブロンズ 50万円未満 1.0%

初年度はどうやってもポイント還元率1%なので修行の期間になってしまいますが、「アクシスカードプラス」を年間200万円以上使っている限り、還元率2%は保証されるので、年間200万円以上カード利用する人にはおすすめです。

 

アクシスカードプラスの詳細はコチラ

 

 

P-one Wiz(ピーワンウィズ)カード 還元率1.5% 年会費無料

p-onewizカード

年会費無料で選ぶなら、「p-one wiz」だと思います。
年会費を払う必要がなく、常時還元率1.5%。
「LINE Pay」カードの常時2%には及びませんが、1.5%のカードといったらこれが一番いいかなと思います。
1.5%の還元も、ポイントだけで与えられるのではなく、

「カード利用代金請求時1%オフ」+「ポイント0.5%」

の組み合わせです。

ただし、「1%オフ」は、1%オフにならない対象外の項目があって、

・「ETC」
・「電子マネーチャージ」等の金券類
・生命保険等の各種「保険料」

は1%オフの対象外です。

さらに、「電子マネーチャージ」については0.5%のポイントすらつかないので、電子マネーチャージの還元率は0%ということになります。

還元率は1.5%ですが1.5%にならない項目もあるというのが「p-one wiz カード」です。

 

「p-one wiz カード」の詳細はコチラ

-LINE PAY(ラインペイ)

Copyright© クレカマネー , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.