クレジットカードやポイントの情報を中心に、お金の効率的な使い方を伝える節約ブログ

クレカマネー

nanaco ナナコチャージ リクルートカード

リクルートカードも遂にnanaco改悪!でも月3万円までは1.2%維持!

投稿日:


「楽天カード」「Yahoo!Japan(ヤフージャパン)カード」に続き、「nanacoチャージ」の最後の砦、3大巨頭の1つ「リクルートカード」の「nanaco」を含めた電子マネーチャージも遂に改悪が発表されました。
でも、完全にチャージでのポイント付与は封鎖というわけではなく、月3万円までは1.2%の満額ポイント付与というお客様にやさしい変更となりました。

 

月3万円まではnanacoチャージ1.2%ポイント満額付与!

【重要なお知らせ】 リクルートカードにおける電子マネーチャージご利用分のポイント加算対象の改定について

「リクルートカード」の電子マネーチャージの新制度は2018年4月16日以降からスタートになりますが、月3万円までは今まで通り「リクルートカード」からの電子マネーチャージでポイントが1.2%付きます。

株式会社ジェーシービー発行の「リクルートカード(JCB)」は、もともと「nanaco(ナナコ)」「モバイルSuica」の2つの電子マネーチャージしかできなかったので、この2つの電子マネーチャージ合わせて月3万円分まで1.2%のリクルートポイントが付き、

三菱UFJニコス株式会社の「リクルートカード(VISA/Mastercard)」は、「nanaco(ナナコ)」、「楽天Edy」、「モバイルSuica」、「SMART ICOCA」の4つの電子マネーチャージでポイントが貯まりますが、これら4つの電子マネー合わせて月3万円までのチャージにポイントが1.2%分付きます。

 

「nanacoチャージ」の改悪具合を比較!

「楽天カード」「Yahoo!Japan(ヤフージャパン)カード」「リクルートカード」の「nanacoチャージ」だけに焦点をしぼって、「nanacoチャージ」の改悪具合を比較するとこんな形になります。

カード名 改悪前 改悪後
楽天カード 1%付与 ポイント付与対象外
Yahoo!Japanカード 1%付与 0.5%付与
リクルートカード 1.2%付与 月3万円まで1.2%付与、それ以上は付与対象外

ポイント付与対象外にしてしまった「楽天カード」は論外として、「nanacoチャージ」の金額の制限はないけどポイント付与を半分の0.5%に減らして存続した「Yahoo!Japanカード」と、月3万円という上限を設けて1.2%という高いポイント付与率を残した「リクルートカード」のは、「nanaco」チャージによるポイント付与を残してくれたという意味ではこの2枚に感謝したいと思います。

 

会社員の方は「リクルートカード」自営業者の方は「Yahoo!Japanカード」がベスト!

会社にお勤めしている方は、「nanaco」チャージで支払う税金は、「固定資産税」と「自動車税」ぐらいですから、月3万円のチャージで十分間に合うはずなので「リクルートカード」がおすすめです。
「リクルートカード」では理論上、月3万円✕12カ月=年間360000円のチャージまでポイントが1.2%付きますので、年間36万円を目安に考えるとよろしいかと思います。

「リクルートカード」の2枚持ちで「nanaco」チャージ額の上限を2倍にすることも可能!

「リクルートカード」の「JCB」ブランドと「VISA/Mastercard」ブランドでは発行会社が違うので、「リクルートカード」は2枚持ちができます。

2枚持ちできるとなると、月3万円までの電子マネーチャージ額の上限が2倍に増え、年間72万円までチャージできるということになります。

 

自営業者の方は「nanacoチャージ」なら「Yahoo!Japan(ヤフージャパン)カード」がベストだけど・・・

自営業者の方は、支払う税金がいろいろありますので、年間36万や72万円ではぜんぜん足りないという方が多いと思います。

正規の「nanaco」チャージにこだわるなら「nanacoチャージ」還元率0.5%の「Yahoo!Japanカード」でいいと思いますが、

クレジットカードの国際ブランドが「JCB」であれば、リスクは伴いますが、「ANA JCBプリペイドカード」を噛ませることによって、「リクルートカード」なら月3万円の制限なく「nanacoチャージ」ができ、「Yahoo!Japanカード」なら1%の「nanacoチャージ」還元率を実質的に維持できます。

 

関連記事:「ANA JCBプリペイドカード」を通してnanacoチャージの裏技を解説

 

「JALカード」を手に入れて「JMB WAON」にチャージして2%JALマイルも選択肢に!

1回の支払いが最大5万円までと制限があり多少面倒になりますが、還元率だけで見るなら2%JALマイルが付く「JALカード」チャージの「JMB WAON」をおすすめします。

 

関連記事:税金・公共料金・POSAカードの支払いでJALカードで2%のマイルをゲットする方法

 

「JALカード」の審査難易度がやや高めなので、この技を使える方は限られてしまいますが、私も今現役で使用していいる税金支払いの方法なので、ぜひ「JALカード」を手に入れて試して頂きたいです。

-nanaco ナナコチャージ, リクルートカード

Copyright© クレカマネー , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.