クレジットカードやポイントの情報を中心に、お金の効率的な使い方・増やし方を伝えるメディア

クレカマネー

楽天カード 楽天ゴールドカード 楽天プレミアムカード

楽天ゴールドカード新登場!「楽天カード」「楽天プレミアムカード」との違いを徹底比較!

投稿日:

【特報!】楽天カードが新規入会&利用で「7000ポイントもらえるキャンペーン」を12月18日(月)10:00まで開催!!!申込するなら今!

2016年9月1日より楽天に新カード「楽天ゴールドカード」が登場しました。これにより、楽天のゴールドカードは「楽天ゴールドカード」と「楽天プレミアムカード」の2種類のゴールドカードが存在することになります。この2つのゴールドカードはどういう違いあるのでしょうか?楽天の年会費無料の通常カード(平カード)も加えて解説していきます。

スポンサーリンク

楽天カード(平) 楽天ゴールドカード 楽天プレミアムカード
年会費 無料 2000円+税 10000円+税
基本ポイント還元率 1% 1% 1%
楽天市場でのお買い物 4%ポイント還元 5%ポイント還元 5%ポイント還元
ETC年会費 500円+税(注1) 無料 無料
楽天市場/トラベル/エンタメ コース × ×
お誕生月サービス × ×
 国内空港ラウンジ ×
 海外空港ラウンジ × ×
国内旅行保険 × × 最高5000万(自動付帯)
海外旅行保険 最高2000万(利用付帯) 最高2000万(利用付帯) 最高5000万(自動付帯)
動産保険 × × 最高300万(自動付帯)
ショッピング枠最大限度額 100万 200万 300万

注1 楽天会員ランクが「プラチナ」「ダイヤモンド」会員は無料

通常(ノーマル)の「楽天カード」と「楽天ゴールドカード」を比較

「楽天ゴールドカード」のほうが得になる損益分岐点

楽天市場でのお買い物は、通常の「楽天カード」はポイント還元率が4%ですが、「楽天ゴールドカード」の場合はポイント還元率が5%になります。
その差はたった1%なので、「楽天ゴールドカード」はそんなにお得というわけではなく、一見、通常の「楽天カード」で充分に思えます。

ただ、楽天市場で頻繁に買い物をしている人にとっては、「楽天ゴールドカード」は選択肢の中に入ってきます。

通常の「楽天カード」の年会費無料に対して、「楽天ゴールドカード」は年会費2160円(税込)ですが、年会費の支払い以上のポイントを獲得できればお得になります。

購入金額で言いますと、楽天市場で年間216000円(税込)の買い物をする人は「楽天ゴールドカード」を利用したほうがお得ということになります。

 

ETC年会費が無料になる

通常の「楽天カード」は、楽天市場ランクが「プラチナ」「ダイヤモンド」会員のみ、ETCカードの年会費が無料です。楽天市場をあまり利用していない、「シルバー」「ゴールド」会員の方は年会費が540円(税込)かかります。
これに対して、「楽天ゴールドカード」は保有者全員がETCカード無料です。楽天市場のランクを気にせず年会費無料の恩恵を受けることができますので、ランクの維持に気を使う必要もありません。
楽天市場でのカード利用と、ETCカードを気兼ねなく年会費無料で使いたい方にとっては、「楽天ゴールドカード」はオススメです。

 

国内空港ラウンジが使える

カードラウンジが利用できるクレジットカードは、基本的にゴールドカード以上のクレジットカードになりますが、「楽天ゴールドカード」でも利用することができます。
年会費2000円+税で入手できるゴールドカードは、インビテーションが来て年会費無料になるゴールドカード(エポスカード・イオンカード等)を除いては業界最安値です。

使用できる空港ラウンジはカードごとに違ってきますが、楽天カードは国内28空港と、「ハワイ・ホノルル空港」と「韓国・仁川空港」の海外の2つの空港のラウンジを使用できます。
「楽天ゴールドカード」の国内28空港というのは、地方の空港もカバーしていて、他のカードと比べて使えるラウンジが多いのでお得です。

 

「楽天ゴールドカード」とLCCの組み合わせが有効

ゴールドカード年会費最安クラスの「楽天ゴールドカード」と相性がいいのは「LCC」(格安航空会社)です。飛行機代を安く抑えるためにLCCばかり利用するようになり、「ANAマイル」や「JALマイル」を貯める機会がすっかり無くなったという人の話を聞いたりします。

「LCC」を利用する際に、「楽天ゴールドカード」を使ってカードラウンジでくつろぐ。この安く済ませる組み合わせが、景気の良くない今の日本での賢い行動の取り方とも言えるのではないでしょうか。

 

ショッピング枠の最大限度額を上げたいのなら、「楽天カード」から「楽天ゴールドカード」へ切り替えるのも一つの手です!

基本、「楽天カード」のショッピング枠最大限度額は100万円ですが、「楽天ゴールドカード」の最大限度額は200万円です。「楽天カード」から「楽天ゴールドカード」に切り替えたことにより、ショッピング枠の最大限度額が増えたというケースも多数報告されています。

 

 新しいカードは審査通過のチャンス!

新しいカードが出た時は、新規顧客獲得のため審査が通り安くなると言われています。新しいカードが登場する機会はあまりないので、クレジットカードが欲しいけれども審査に通らなくてお困りの方は、お試しで申し込んでみるのもいいかもしれません。

 

ゴールドカードだからといって審査は厳しくない!逆に審査を通過する可能性があります

昔と違い、今はゴールドカードに格式というものはほとんど存在しません。誰でも気軽に持てるカードになっています。逆に、通常のカードよりゴールドカードのほうが審査に通りやすいという話もあります。理由としては、年会費を支払うことによって、カード会社の利益の増加につながるからです。
年会費というお布施を支払う代わりに、クレジットカードの審査を通してもらうという感じですね。

「楽天ゴールドカード」が、通常の「楽天カード」より審査を通りやすくしているかどうかは、まだ新しいカードなのでデータがなくなんとも言えませんが、実験として申し込んでみるのも一つの手だと思います。

一つ注意点がありますが、申し込むときはキャッシング枠(C枠)はかならず0円にして申し込んでください。キャッシング枠を設定してしまうと貸金業法の対象となり、審査が厳しくなるからです。

審査を通過してカード利用の実績を積んで、ショッピング枠が増枠されてから申し込むとキャッシング枠がもらえやすかったりしますので、お金を借りたい方はカードを育ててから申し込むようにしましょう。

 

楽天市場のランクが「ダイヤモンド会員」なら、「楽天ゴールドカード」の審査に通りやすくなるの?

楽天市場のランクが「ダイヤモンド会員」なら、グループ会社の「楽天市場」をたくさん利用して楽天の売上げに貢献しているお客様とも言えますので、もしかしたら「楽天カード」の審査の時に優遇されるんじゃないか?と思っている方がいるみたいです。
「楽天カード」は独自の審査基準を採用していると明言していますので、「ダイヤモンド会員」であることがカード審査に有利に働く可能性はあるはずです。

スポンサーリンク

「楽天ゴールドカード」と「楽天プレミアムカード」を比較!楽天のゴールドカードを選ぶとしたら、どちらがオススメなのか?

「楽天プレミアムカード」のトラベルコースの宿泊代1500円引きサービスが終了して改悪されている。

「楽天プレミアムカード」のメリットの1つと言われた「選べるサービス」のトラベルコース選択による宿泊代1500円引きの特典は残念ながら2015年末でサービス終了を迎えました。

この終了により、「楽天プレミアムカード」の魅力は半減。

となると、「選べるサービス」のトラベルコース+1%だけを享受するか、残りの「楽天市場コース」か「エンタメコース」を選択しなければなりませんが、ポイントが1%アップする「楽天市場コース」が無難でしょう。
ポイント上限は1万ポイントなので、毎月100万までのお買い物で満額でポイントが付きますが、
でもこの「楽天市場コース」は火曜日と木曜日でなければポイントアップしません。

ちょっと使い勝手が悪いですね。「楽天イーグルス勝利」等の他のキャンペーンと組み合わせにくいです。

その代わり「楽天プレミアムカード」に、「楽天プレミアム」が1年間無料の特典が追加されましたが・・・

言葉が似てるので混同しそうになりますが、年会費10000円+税の「楽天プレミアムカード」には「楽天プレミアム」が1年間無料で付いてきます。

「楽天プレミアム」というのは、「amazon(アマゾン)」でいう「amazonプライム」みたいなものです。

年会費3900円(税込)で送料分のポイントがバックされたり、送料込の商品の場合は+1倍の「楽天ポイント」が付与されるという制度です。

一見、お得な制度に見えますが、「楽天プレミアム」の対象となる商品の購入が2000円以上(税込)で、しかも購入商品が「プレミアム対象」と表示されている商品にしか適用されません。

「楽天プレミアム」スタートアップ直後は、「エディオン(EDION)」や「ジョーシン(joshin)」等の家電量販店が「楽天プレミアム対象店舗」になっていておトク感もありましたが、今ではその2店舗は「楽天プレミアム対象店舗」から外れ、楽天市場で購入しても、「楽天プレミアム」の月10回の特典もほとんど使わずに終わってしまうということが多くなりました。。。

ですから、今の「楽天プレミアム」にメリットはほとんどないので、「楽天プレミアムカード」がいくら「楽天プレミアム」を1年間無料の特典を付けたとしても、おトク感は全くありません。

したがって、結論としては、今は年会費10000+税の「楽天プレミアムカード」を選ぶよりも、年会費2000円+税の「楽天ゴールドカード」を私は強くおすすめ致します。
楽天ゴールドカードの詳細&申込みはコチラ

「楽天カード(平)」を既に持っている方は5000ポイントの切り替えキャンペーンを狙いましょう

「楽天カード」を持ってなくて、初めて「楽天ゴールドカード」を申し込む方は最大11000ポイントのポイントを獲得することができますが、既に「楽天カード(平)」を持っている方は11000ポイントもらえるキャンペーンの対象外です。
既に持っている方は切替扱いになり、楽天e-naviに切り替えキャンペーンが常時表示されてますが2000ポイントもらえるだけです。
でも、たまに期間限定で5000ポイントキャンペーンを開催している時がありますので、切替えを考えている方は5000ポイントキャンペーン時に申し込むのがベストです。

関連記事

楽天市場で還元率20%を超える買い物の仕方を↓コチラ↓で解説しています。楽天市場初心者の方は一度ご覧になってください。

>>楽天カードを使って常にポイント23倍(還元率20%)を達成する方法を教えちゃいます!
クレジットカード TOP-

-楽天カード, 楽天ゴールドカード, 楽天プレミアムカード
-, ,

Copyright© クレカマネー , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.