クレジットカードやポイントの情報を中心に、お金の効率的な使い方・増やし方を伝えるメディア

クレカマネー

nanaco ナナコチャージ クレジットカード

クレジットカード2枚目のおすすめはどれ?楽天カード+αの2枚持ちがベスト

投稿日:2017年11月24日 更新日:

【特報!】楽天カードが新規入会&利用で「7000ポイントもらえるキャンペーン」を12月18日(月)10:00まで開催!!!申込するなら今!

私のようなクレジットカード20枚持ちは別として、一般的な方ならクレジットカードを2~3枚持つのが普通だと思います。
個人的にも、クレジットカードを2~3枚持って上手に使い分けることがおトクに生活することができると思います。
では、1枚目のカードと2枚目のカードはどれを選べば良いのでしょうか?
生活スタイル別におすすめのクレジットカードをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

万能なクレジットカードは存在しない!足りないところを補うために2枚目は必要

クレジットカードは、「ZOZOTOWN」風に言うとつけ払いができるカード
つまり、支払いを1ヶ月以上先延ばしにできて、会計の時もクレジットカードで支払うことによって小銭いらずでスムーズに会計、1枚持っているだけでも生活がグッと便利になります。

さらに、クレジットカードは2枚目のカードを手に入れるとより便利になります。
カードごとにおトクなサービスはそれぞれ違うので、2枚目のカードを持つとより多くのおトクなサービスを受けることができるようになります。

また、1枚目のカードにはない部分を2枚目のカードで補うことによって、クレジットカードを持つことで受けられるサービスをより完璧な状態に近づけることができます。

クレジットカード1枚では足りないとはどのようなケースが考えられるでしょうか?

1枚目のカードのポイント還元率が高くない

あまり調べもしないでクレジットカードを入手するとよく陥りがちなのが、あまりポイント還元率でお得ではないカードを選んでしまうということです。

そういった場合は、2枚目にはポイント還元率の高いクレジットカードを選ぶことによってその欠点を補うことができます。

 

1枚目のカードに海外旅行保険が付いていない

クレジットカードには国内旅行保険、海外旅行保険が付いているカードが存在します。
1枚目にポイント還元率の高いクレジットカードを選んだけど、おトクなカードはそういった旅行保険が付いてないことが多いです。

2枚目に海外旅行保険が付いているカードがいいのですが、後で詳しく説明しますが年会費無料で海外旅行保険が自動付帯(カードを使わなくても持っているだけで効果を発揮する)のカードが超おすすめです。

では、2枚目のクレジットカードは何がいいかという前に、1枚目にすべきクレジットカードを解説します。

 

1枚目は絶対に「楽天カード」!国際ブランドは「Master Card(マスターカード)」

まず1枚目は絶対に「楽天カード」です。
「楽天市場」でお買い物を工夫して買えば還元率常時20%以上は可能。
楽天ポイントが貯まるキャンペーンも豊富でどんどんポイントが貯まっていきます。
貯まったポイントの使い道も広く、いろいろなものに使うことができます。

「楽天市場」は少し勉強して買えば「amazon」よりおトクです。価格帯が同じぐらいでも、楽天ポイントの貯まり具合は圧倒的です。ネットでのお買い物は「楽天カード」を手に入れて「楽天市場」で購入するのが最もおトクです。

「楽天カード」の国際ブランドは「Master Card」がおすすめな理由

「楽天カード」は、国際ブランドが「JCB/VISA/MasterCard」の3つから選ぶことができますが、はっきり申し上げますと「Master Card」ブランドがおすすめになります。
その理由は、「楽天カード」が2017年1で月に「nanacoチャージ」でのポイント付与を終了させたことです。
「楽天カード」の国際ブランドの中では唯一、「JCB」ブランドだけが「nanacoチャージ」ができていたので優位性がありましたが、もうポイントが付かなくなってしまったのでその優位性はなくなってしまいました。
その代わりとして浮上してきたのが、「Master Card」ブランドです。
2018年2月からコストコで使えるクレジットカードが「アメックス」ブランドから「Master Card」ブランドに変更になるので、「楽天カード」の「Master Card」ブランドがコストコで使えるようになるのは大きなメリットです。

このような理由から「楽天カード」は「Master Card」ブランドがおすすめなのです。

 

ネットショッピングがメインなら、2枚目のカードのおすすめは「Yahoo!Japanカード」の「JCB」ブランド!

ネットショッピングがメインなら2枚目のカードは、「Yahoo!Japanカード」の「JCB」ブランドがおすすめです。
ネットショッピングサイトで最もおトクなサイトは、「楽天市場」と「Yahoo!ショッピング」の2トップです。
「Yahoo!Japanカード」は「楽天カード」に強く対抗意識を燃やしておりサービス内容もかなり似通ったものになっています。
「Yahoo!ショッピング」で「Yahoo!Japanカード」を使いながら購入+買い回りリレー等のキャンペーン時に購入すればこちらも還元率20%以上も可能。
おトクさ2トップの「楽天市場」と「Yahoo!ショッピング」の2つのショッピングサイトを比較しながら安いほうのサイトで購入するのが、ネットで商品を最も安く購入するコツです。
「amazon」と価格帯が同じぐらいでも、「Yahoo!ショッピング」は恐ろしいほどにポイントが貯まっていきます。
しかも、「Yahoo!ショッピング」「Yahoo!Japanカード」を利用して貯まるポイントは「Tポイント」です。
「Tポイント」は、「Yahoo!ショッピング」「ヤフオク」等の「Yahoo!」系のサービスはもちろんのこと、「Yahoo!公金払い」を通じて「ふるさと納税」の支払いにも使え、「ファミリーマート」や「ロッテリア」「TSUTAYA」等の外のお店のTポイント加盟店、そして中でもドラックストアの「ウェルシア」「HACドラック」では、毎月20日にTポイントを使えば、Tポイントの価値が1.5倍になり、ポイントの1.5倍分の買い物ができます。

2枚目となる

スポンサーリンク

「Yahoo!Japanカード」の国際ブランドは「JCB」がおすすめな理由

国際ブランドの話ですが、「Yahoo!Japanカード」も「JCB/VISA/MasterCard」の3つから選べますが、「Yahoo!Japan」カードに関して言えば、「JCB」ブランドが最もおすすめになります。

理由は、「楽天カード」の「JCB」ブランドで「nanacoチャージ」でのポイントが貯まらなくなったため、それを補うために「Yahoo!Japan」カードでは「JCB」ブランドを選んだほうがいいからです。

「Yaho!Japanカード」も、「nanacoチャージ」でポイントが貯まるのは「JCB」ブランドだけです。

「nanacoチャージ」は税金・公共料金の支払いで実質的にポイントを貯めることができますので、使う使わないにしても、いざという時に使う場面が来るかもしれないので、その時のために使えるようにしておいたほうがいいです。
後で使いたくなったと思っても、「VISA」や「Master Card」ブランドにしてしまって、「JCB」に替えたいと思っても、カード解約&再審査をしなければ国際ブランドを替えることができないので、非常に手間がかかりますし審査に通らない可能性もでてきます。

-クレジットカード比較 TOP-

-nanaco ナナコチャージ, クレジットカード

Copyright© クレカマネー , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.