クレジットカードやポイントの情報を中心に、お金の効率的な使い方・増やし方を伝えるメディア

クレカマネー

クレジットカード

クレジットカードの解約方法と注意点について語りましょう

投稿日:

【特報!】楽天カードが新規入会&利用で「7000ポイントもらえるキャンペーン」を12月18日(月)10:00まで開催!!!申込するなら今!

あるクレジットカードを取得したけど、そのうち何らかの理由でクレジットカードを解約したくなる時があったりします。
今回は、クレジットカードの解約の方法と解約するときに気を付けて欲しいことをお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

以前は、クレジットカードの知識もなく興味すらなかったので、勧められて作られたカードがほとんど使ってないのに毎年年会費が1000円ちょっと発生したりしてました。

また、どこかのサイトから入会ポイントがもらえるので、なんとなく申込んでクレジットカードを手に入れてみたけど、ポイントマニアに覚醒した今はおトクじゃないクレジットカードはぜんぜん使わなくなり、全く出番がなく死蔵しているカードは結構ありました。

使わないカードがある時は、思い切って解約するのも1つの手です。

 

クレジットカードを解約する方法

まず、クレジットカードの解約する方法ですが、意外と簡単です。

手順としては、

1.カードの裏面か公式サイトに記載されている電話番号に連絡をする
2.オペレーター対応なら「解約する」と伝える。音声ガイダンスならそれにしたがって解約の操作

たったこれだけです。

カード会社によってはオペレーター対応の時に解約理由を聞かれたりもしますが、データを取るために聞かれるだけなので正直に答えましょう。

 

クレジットカードを解約する時の注意点

クレジットカードの解約は電話するだけで簡単にできるということがわかりましたが、解約する前にはチェックしておかなくてはならないことがあります。

1.カードの未払い額

クレジットカードを解約直前まで使っていて、カード会社に利用額が残っている場合がありますが、基本的には契約内容通りの1回払い・リボ払い・分割払い・ボーナス払いが適用されますので、解約したからといって一括で高額な請求をされることはありません。

クレジットカードを解約したら残りのカード利用金額を一括請求されるカード会社もあるという話を聞きますが、少なくとも私が調べた限りでは、解約したら一括請求するようなカード会社は確認できていません。(もし確認できたらここでご紹介します!)

したがって、カードの未払い額は契約した時そのままの支払い方法が適用されますので、解約後も支払いはこのまま続いていくんだなぁぐらいの気持ちで大丈夫です。

 

2.年会費について

クレジットカードを解約する理由の1つとして「年会費がとられているのに気付いたから」という方も多いと思います。
既に年会費を取られた方はそのまま解約でいいのですが、中には年会費を取られる直前の方もいると思います。
解約しようとしているカードがあれば、年会費をとられるカードであれば支払日がいつなのか確認しておくようにしましょう。
年会費を取られてからすぐに解約してもその年会費は日割り計算で戻ってくるわけではないのでご注意を。

 

3.貯まっているポイントについて

例えば、「オリコポイント」のようなクレジットカード独自のポイント制度を採用しているカードであれば、解約するとそのポイントは失効してしまいます。

「ローソンpontaカードVISA」カードのような、発行はセゾンカードだけれど、ポイントはpontaという共通ポイントであれば、カードを解約しても失効することはなく使えなくなるだけです。

使ってないクレジットカードを解約するのではなく、

 

関連記事:ローソンpontaカードVISAカードを解約する時のPonta ID の移行方法

 

「楽天ポイント」・「dポイント」・「Tポイント」・「pontaポイント」の4大ポイントと言われる共通ポイントを採用しているクレジットカードはカードを解約しても失効する心配はありません。

 

4.公共料金・継続課金等の支払いの変更手続

解約したカードを公共料金の引き落としや継続課金に使っていた場合は、解約する前に変更手続きが必要となります。

クレジットカードの解約情報は、公共料金の支払先や継続課金先には連絡がいきません。
変更せずに解約した場合は何らかの形で通知や請求が来ると思いますので、この点もそんなに心配することではないでしょう。

ただ、継続課金が途絶えることによって、例えばサーバーが停止してしまう等の不利益が生じる恐れがある場合は、変更手続きを忘れてしまうと困ったことになりますので、忘れずに変更手続きを行いましょう。

 

5.解約手数料がかかるカードがある

ほとんどのクレジットカードは何事もなく解約できますが、一部解約手数料がかかってしまうカードがあります。

例えば、「JCB EXTAGE」「JCB GOLD EXTAGE」といったカードは、5年ごとのカード更新月意外に解約すれば、年会費2000円+税 がかかってしまいます。

これは、「JCB EXTAGE」「JCB GOLD EXTAGE」は20歳~29歳までの若い方向けのカードで、通常の「JCB」一般カード「JCB GOLD」カードよりも、年会費の安さやサービス面でおトクになっています。

このため、途中解約してしまうと手数料がかかってしまうのだと思います。

6.クレジットカードに入会してすぐの解約は印象が悪くなります

クレジットカードを取得する人の中には、新規入会のキャンペーンポイント目当てで申込む方もいるでしょう。
でも、だからといって入会してポイントを獲得したらすぐ解約するのはよくないです。
短期間で解約したことが信用情報に載ってしまい、この点はカード会社から見て非常に印象が悪くなります。
せめて、カード申込後、半年経ってから解約することが望ましいです。

 

-クレジットカード TOP-

-クレジットカード

Copyright© クレカマネー , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.