クレジットカードやポイントの情報を中心に、お金の効率的な使い方・増やし方を伝えるメディア

クレカマネー

仮想通貨

仮想通貨(ビットコイン)はクレジットカードで買ってはいけない!理由は手数料の高さ

投稿日:

クレジットカードを使ってビットコイン等の仮想通貨を購入できるようになってきていますが、クレジットカード決済が便利だからといって絶対にクレカで購入してはいけません。
理由は手数料をかなりとられるからです。

「販売所」と「取引所」との違い

仮想通貨取引所には2つの購入方法があり、「販売所」を通じて買う方法と、「取引所」を通じて買う方法があります。

「販売所」は、お店の店主から買うようなイメージ
「取引所」は、店の中のお客さん同士で取引するイメージ

「bitflyer」「coincheck」「zaif」等の仮想通貨取引所は、「販売所」「取引所」の両方を持ってます。

手数料を高くとられるのが「販売所」
手数料が安く済むのが「取引所」

です。

例えば、「zaif」という仮想通貨取引所だと、画面の一番上に「簡単売買」と「取引」という表示がありますが、

「簡単売買」が手数料の高い「販売所」で、
「取引」が手数料の安い「取引所」になります。

 

クレジットカード決済は「取引所」ではなく「販売所」からの購入です!

仮想通貨取引所には、「販売所」と「取引所」が併設されていますが、クレジットカードの購入は「販売所」からの購入になります。

「販売所」での購入と「取引所」の購入とではどれぐらい違うのでしょうか?

仮想通貨で一番有名な「ビットコイン」で比較してみたいと思います。

ほぼ、同じ時間に「Zaif」という仮想通貨取引所で「販売所」で購入した場合と、「取引所」で購入した場合を比較してみました。

販売所で購入した場合

「販売所」での1BTCの購入は775200円と出ています。

これとほぼ同時刻に「取引所」で買った場合はいくらになるのかというと・・・

「取引所」で購入した場合

買う場合は下の赤い部分を見るんですけど、759985円と表示されています。
約760000円ですね。

仮想通貨取引所の中でも手数料が最安値クラスと言われる「Zaif」でさえ「販売所」では775200-760000=15200円の手数料を取ります。

クレジットカード利用はさらに「クレカ手数料」まで徴収される!

仮想通貨のクレジットカード購入は、販売所の手数料だけじゃありません。
本来お店側が負担すべきクレジットカード利用手数料まで上乗せされています。

上の「販売所」「取引所」とほぼ同時刻のクレジットカード購入画面なんですが、

1BTCの半分の0.5BTCを購入しようとすると約410000円と出ています。

「Zaif」だとクレジットカード購入は1度に50万円までしか購入できないので半分の表示になってしまいましたが、

これを倍にすれば1BTCの購入価格は820000円ということになります。

 

クレジットカードでの購入は、「販売所」での現金で購入よりも44800円高く、さらに「取引所」での購入より60000円も多く支払っている計算になりますね。

こんなに多額の手数料を払うことになるのであれば、絶対にクレジットカードで購入してはいけません。

 

将来的には手数料が下がる可能性大

今はまだ仮想通貨ブームが始まったばかりであり、仮想通貨取引所の数も少なく、多くの手数料を取っても利用者がどんどん使ってくれるので「販売所」や「クレジットカード」の利用では高い手数料でも成り立っていますが、今後「GMO」や「SBI」のような大手が参入し、それらの大手が本格的に力を入れ始め競争が激化してくると、今までの高い手数料では利用者が減ってしまうので、ありとあらゆる手数料を下げざるを得ないという時が必ず来ます。

今は本来お店側が負担すべきクレジットカードの手数料も客側が負担する形になっていますが、そのうちその手数料も徴収されることは無くなり、「販売所」手数料も下がって、クレジットカードでの購入もしやすくなるのではないかと思います。

クレジットカードでの仮想通貨購入は手数料が下がる時まで待ちましょう。

-クレジットカード TOP-

-仮想通貨

Copyright© クレカマネー , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.