2017~2018年、すべての支払いをクレジットカードで行うことが最強です。ポイントがたくさん貯まるからです!還元率が高いおすすめのクレカの比較やランキング・電子マネー・節約技等

最強!クレジットカード

ニュース・コラム

Yahoo! JAPAN JCBカード取り扱い終了のお知らせ といっても旧カードの話です。次の移住先のカードは?

投稿日:

今発行されてる「Yahoo!JAPANカード」(いわゆるYJカード) ではなく、その一つ前の旧カード、「Yahoo!JAPANカードJCB」が終わるとの通知が来たみたいですね。。。

Yahoo! JAPAN JCBカードについての重要なご案内

「Yahoo! JAPAN JCBカード」のご利用終了に関するご案内(PDF)

 

この旧「Yahoo!JAPANカードJCB」は、今の「ワイジェイ(YJ)カード」と比較していくつかのメリットがあったので、新しい「ワイジェイ」に切り替えず、そのまま使っていた方も多かったようです。

旧「Yahoo!JAPANカードJCB」が新「ワイジェイカード」と何が違うのかというと、

旧「Yahoo!JAPANカードJCB」はJCB本体が発行するカードであって、これに対して、

新「ワイジェイカード」は開放JCBであり、提携企業が発行したカードであるところに違いがあります。

JCB本体で発行したクレジットカードと、JCBと提携した企業が発行するカードでは、当然提供するサービスも違ってきます。

旧「Yahoo!JAPANカードJCB」は、JCB本体発行のカードですから、

1.ポストペイ型電子マネーの「QUICPay(クイックペイ)」が使える。
カードを店員さんに渡すことなく会計を済ませることができるので、カードが汚れることがなく、不正防止にもなります。クイックペイでTポイントが貯まるのもポイントですね。

2.ETCの年会費が無料
JCB本体発行の「ETCスルーカード」は、年会費無料です。JCB本体が発行しているクレジットカードを持っている方であれば、誰でも持つことができます。

3.トッピング保険に加入できる
いわゆるミニ保険ですね。JCB本体発行のクレジットカードを持っている方であれば、JCBの管理画面から数種類のミニ保険に加入できます。
(自転車保険・日常生活賠償保険・携行品補償・旅行保険・ゴルフ保険)

等のサービスがあるわけです。

これに対して、新「ワイジェイカード」では、これらの恩恵は受け取ることができません。

「QUICPay(クイックペイ)」は使えないですし、トッピング保険には加入できません。
ETCカードは申し込むことができますが、有料で年会費540円(税込)がかかります。

旧「Yahoo!JAPANカードJCB」持ちの人の中で、「QUICPay(クイックペイ)」、「ETC無料」、「トッピング保険」を重視する人は、それらが使えなくなる、今まで無料だったのが有料になってしまうという人は、カードの有効期限が終わるまでは、次のカードに移住してなくてはいけませんね。

そこで、移住先の候補に成りえるカードを探してみました。

・QUICPay(クイックペイ)が使える
・ETC年会費無料
・トッピング保険に入れる

これらの要件を満たすものは、JCB本体が発行するカードに限られてしまいますね。

その中でも、年会費が無料で良さそうなカードが2つありました。

リクルートカード JCB

年会費無料でポイント還元率は1.2%のカードです。nanaco(ナナコ)・モバイルSuica(スイカ)の2種類の電子マネーへのチャージでもポイントが付くお得なカードです。

リクルートカードの申込みは下のバナーからお申込みください。只今入会でキャンペーンでもらえるポイントが6000p→8000pに増量中!

 

JCB EIT(ジェーシービーエイト)

年会費無料でポイント還元率は1%。このカードのメリットは、年会費無料なのに、海外旅行保険が自動付帯なところですね。

これら2つのカードは、QUICPay(クイックペイ)、ETC年会費無料、トッピング保険に加えて+αでさらにメリットがあるカードです。

 

旧「Yahoo!JAPANカードJCB」ホルダーの方の次の移住先のカードは、この2つのどちらかがベストだと思います。

-ニュース・コラム

Copyright© 最強!クレジットカード , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.