クレジットカードやポイントの情報を中心に、お金の効率的な使い方を伝える節約ブログ

クレカマネー

nanaco ナナコチャージ Yahoo! JAPAN (YJ) ヤフージャパンカード リクルートカード 楽天カード

nanacoクレジットチャージでポイントがたまるカード 2018年版

投稿日:

「nanacoチャージ」でポイントが貯まるおすすめクレジットカードをご紹介したいと思います。

2018年7月現在、「nanacoチャージ」でポイントが貯まるクレジットカードは改悪も相次ぎ、還元率1%以上のポイントが貯まるクレジットカードは希少種になってしまいました。

でも、「kiigo」というサイトからクレジットカードを使って「nanacoギフト」を購入することでポイントが貯まる方法も新たに登場しましたので、そちらの方法が今はおすすめです。

「kiigo」についての詳細は↓コチラ↓をご覧ください。

関連記事:「nanacoギフト」クレジットカード購入でポイントが貯まる方法


nanacoクレジットチャージ

 

nanacoチャージポイント付与改悪の歴史

リクルートカードプラス nanacoチャージポイント付与終了

ポイント還元率2%を誇るリクルートカードプラスが、2016年9月16日から電子マネー「nanaco(ナナコ)」「モバイルsuica」へのクレジットチャージに対してはポイント加算の対象外とする発表を行いました。

 

【重要なお知らせ】リクルートカードプラスのポイント加算対象の改定と家族カードの申込み受付停止について

これによって、「リクルートカードプラス」で今まで電子マネーチャージで獲得できたポイントが2%から0%になってしまうことになりました。

このカードで頻繁に電子マネーチャージをしていた人にとっては大打撃であり、今後の対策を考えなくてはいけない状況になりました。

P-one Wizカード nanacoチャージポイント付与終了

また、実質還元率1.5%を誇った「P-one Wiz」カードも2016年11月6日で「nanacoチャージ」でのポイント付与が終了しました。

 

電子マネー「nanaco」チャージご利用分の1%OFF特典およびポケット・ポイント特典の終了について(ポケットカード)

 

楽天カード nanacoチャージポイント付与終了

そしてさらに、2017年11月から「楽天カード」も「nanaco」チャージポイント対象外になることが発表されました。

「楽天カード利用獲得ポイント」に関する変更のご案内(楽天カード)

 

Yahoo!Japanカード nanacoチャージポイント付与0.5%に

さらに、さらに2018年2月28日より「Yahoo!Japanカード」の還元率が1%→0.5%に変更になりました。その代わり「VISA」「Mastercard」ブランドでも「nanacoチャージ」ができポイントが貯まるようになりました。

nanacoクレジットチャージご利用時のポイント変更について(Yahoo! Japanカード)

 

「nanaco」は税金の支払いに使うことができ、しかもポイントが貯まる

会社勤め(サラリーマン)の方は「自動車税」と「住民税(普通徴収にしている場合)」ぐらいしかありませんが、

土地や建物・マンションを所有している人は「固定資産税」、

加えて自営業の方は「国民年金」「国民健康保険税」「住民税」「個人事業税」「所得税予定納付」と納付書で払うことのできる税金がこれだけあります。

 

住民税等の税金の支払いが高いと感じたら、nanacoで支払ってポイントを貯めよう!

私自身も自営業者であり、上記の税金をすべて支払うとなると、年間の支払い合計額が結構な額になるものですから、税金の支払いにポイントがつくという点は無視できません。

年間10万の税金を納付書で払うとして、

すべて口座振替で税金が口座から引き落とされるまたは現金で納付する(ポイント還元率0%)

のと、クレジットチャージポイントが還元される(ポイント還元率1.2%)

のとでは、1200円の違いがでてくるわけです。

その1200円分のポイントを使って買い物をすることによって、手持ちの現金を支出することが無くなり、結果的に節約につながるわけです。

その節約に大いに貢献していた「nanacoクレジットチャージポイント付与」が無くなるのであれば、次に還元率の高いカードを探さなくてはなりません。

そこで探してみたんですが、nanacoチャージでポイントが貯まるクレジットカードで数少ないんですよね。。。

限られた中ででしたが、候補となるクレジットカードを見つけましたのでご紹介致します。

スポンサーリンク

 

1.「リクルートカード」(VISA/Master card)還元率1.2%(月30000円までポイント付与)

貯まるポイント:リクルートポイント⇔pontaポイント

2018年4月16日より、「リクルートカード」の電子マネーチャージのポイント付与が月30000円までに制限されることが決定しました。

>>リクルートカードにおける電子マネーチャージご利用分のポイント加算対象の改定について

リクルートカード

「リクルートカードプラス」(VISA/Master card)のメリットは、「モバイルsuica」や「nanaco」へのクレジットチャージで1.2%のポイントがつくだけでなく、なんと「Edy(エディ)」チャージでも1.2%のポイントが貯まります。「Edy」へのクレジットチャージでポイントが貯まるのは、ポイント還元を売りにしているクレジットカードの中では、「楽天カード」と「リクルートカード(VISA)/Master card」の2つしかありません。

>>edy(エディ)へのクレジットチャージでポイントが貯まるクレジットカードランキング

その他にも「リクルートカード(VISA/Master card)」は、「モバイルsuica(スイカ)」や「SMARTICOCA(スマートイコカ)」へのチャージでもポイントが貯まります。


「リクルートカード VISA/Master card」からのクレジットチャージでポイントが貯まる電子マネー・・・
「nanaco」・「Edy」・「モバイルsuica」・「SMARTICOCA」

 

「リクルートカード」は、(JCB)ブランドもありますが、「nanaco」と「モバイルsuica」のみでしかポイントが貯まりません。

「リクルートカード 」(VISA/Master card)は、色々な電子マネーを駆使する人にとってはあらゆるチャージの場面でポイントが貯まる非常に使い勝手のいいカードです。

2018年4月16日から「リクルートカード」のすべての国際ブランドで、電子マネーチャージのポイント付与対象が月30000円までに制限されてしまいますが、「住民税」・「自動車税」・「固定資産税」を払うぐらいしか予定のない「会社にお勤めの方」であれば、月30000円ずつのチャージで間に合うと思いますので、「会社にお勤めの方」でしたら今でも「リクルートカード」は選択肢の1つとしてありだと思います。

リクルートカードの詳細&申込はコチラ

 

リクルートカードの他のメリット

「リクルートカード」は電子マネーチャージ以外にもメリットがあります。
旅行予約サイトの「じゃらん」美容院予約サイトの「ホットペッパービューティー」還元率が3.2%になるのと、年会費無料でポイントが貯まるカードの中では唯一「ショッピング保険」を有していることです。
「リクルートカード」を使って購入した商品は90日・国内海外問わず年間200万まで補償されます。
ポイントに隠れていて地味な部分ですが、こういった補償も「リクルートカード」のメリットとなっています。

リクルートカードの申込みは下のバナーからお申込みください。週末限定!入会でキャンペーンでもらえるポイントが6000p→8000pに増量中!

リクルートカードの詳細&申込はコチラ

リクルートカード

 

2.「Yahoo! Japan カード」ヤフーカード(JCB)還元率0.5%+α

貯まるポイント:Tポイント

※2/28より還元率1%→0.5%に変更になりました。その代わり「VISA」「Master card」ブランドでも「nanacoチャージ」ができポイントが貯まるようになりました。

>>nanacoクレジットチャージご利用時のポイント変更について(Yahoo! Japanカード)

 

このカードは「yahooショッピング」や「ヤフオク」等の「Yahoo!Japan」のサイト内でポイントが貯まりやすくなるクレジットカードですが、「nanacoチャージ」でもポイントが1%貯まります。楽天カードと同じで、nanacoチャージでポイントが貯まるのはJCBブランドのみで、「VISA(ビザ)」や「MasterCard(マスターカード)」では貯まりません。

このカードも、楽天カードと同様に時々ポイント2倍、さらにはYahoo独自の3倍になるキャンペーンを展開しており、この時を見計らってnanacoチャージをすれば、ポイント還元率は2%、3%になっていましたが、残念ながら最新の還元率2~3%キャンペーンではnanacoチャージはポイント付与対象外となりました。

でも、違う方法で「nanacoチャージ」の還元率を上げる方法があります。

それは「すごいカードくじ」です。

「すごいカードくじ」とは500円で1回Tポイントが貯まるくじが引けるキャンペーンなのですが、このキャンペーンは定期的に開催されています。

その「すごいカードくじ」キャンペーンが始まったら、「nanacoチャージ」をこまめに行い、還元率を最低でも1.5%に高めることができます。(詳細は↓の記事をどうぞ)

関連記事:「Yahoo!(ヤフー)カード」(JCB)のnanacoチャージ還元率を「すごいカードくじ」で上げる方法

さらに、「Yahoo! Japan ヤフーカード」は、リボ払いをするだけで10000ポイントもらえるキャンペーンもあったりしてお得です。

最大10,000ポイント リボ払いキャンペーン

キャンペーン限度額の10万円をリボ払いにすれば、利息1500円払ってTポイント10000ポイントが獲得できる非常にお得なキャンペーンです。この「後リボキャンペーン」は楽天を意識した感がありますが、楽天と競ってくれることは利用者にとっても得になりありがたいので大歓迎です。

ただし、このキャンペーンで得られるTポイントは、「期間固定ポイント」でyahooのサイト内でしか使えませんし、1ヶ月先までの有効期限なので注意が必要です。

他にも、yahooカードののキャンペーン情報は、キャンペーン一覧ページで確認することができます。

Yahoo! JAPANカード キャンペーン一覧

お得なキャンペーンが来ているかどうか、時々チェックされることをオススメします。

 

3.AOYAMAライフマスターカード 還元率1%

「AOYAMAライフマスターカード」もnanacoチャージでポイントが付くといわれています。基本還元率は1%です。
もらえるポイントは「AOYAMAポイント」で、「洋服の青山」で使うか、「ICOCA(イコカ)」「PiTaPa(ピタパ)」にポイント交換もできます。
でも、ポイントが実際に付いたかどうかは未確認ですので、実際にこのクレジットカードを手に入れて「nanacoチャージ」でポイントが付いたという方のご報告をお待ちしております!

青山ライフマスターカード

 

4.TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO 還元率1%

TOKYU POINTが貯まる東急グループのクレジットカード「TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO」(MasterCard)でも「nanacoチャージ」でポイントが貯まると言われています。
こちらのカードも、ポイントが実際に付いたかどうかは未確認ですので、実際にこのクレジットカードを手に入れて「nanacoチャージ」でポイントが付いたという方のご報告をお待ちしております!

 

まとめ おすすめのカードはどれ?

nanacoチャージ通常時 キャンペーン時
リクルートカード 1.2%(4/16より月3万円までポイント付与対象)
Yahoo!Japanカード 0.5% 「すごいカードくじ」

おすすめは単純に基本還元率の高さから見て1.2%の「リクルートカード」です。ただし、月3万円以内のチャージで問題ないという人であればです。

「Yahoo!Japanカード」は0.5%になってしまいましたが、「すごいカードくじ」技を利用すれば還元率を0.5%以上に高めることができるので、こちらもおすすめになります。

青山ライフマスターカードは、ポイントの使い道が「洋服の青山」「ICOCA(イコカ)」「PiTaPa(ピタパ)」の3つに限定されますので、それらを利用する方だけにおすすめです。

したがって2018年現時点でのおすすめは、月3万円以内の少額チャージなら「リクルートカード(1.2%)」多額のチャージなら「Usappy Card プラス+(1%)」「Yahoo!Japanカード(0.5+α)」です。

 

リクルートカード(VISA/MasterCard)の申込みはコチラ

 

Yahoo! JAPANカードの申込みはコチラ

 

kiigo(キーゴ)でnanacoギフトをクレジットカードで購入する方法が新たに登場!

「kiigo」(キーゴ)という新たなサイトが登場し、そこで「VISA」「Mastercard」ブランド限定で月5万円までが限度ですが、「nanacoギフト」を購入してポイントが貯まるようになりました!詳細は↓コチラ↓の記事をご覧ください!

関連記事:kiigoでnanacoチャージがなんと還元率20%!

 

nanacoチャージ還元率0.5%のクレジットカードも紹介

「nanacoチャージ」で還元率0.5%のポイントが付与されるクレジットカードは他に数枚ありますので、それらのカードをご紹介致します。

「セブンカード・プラス」

還元率1%以上のクレジットカードが仮にに無くなったとしても、「セブンイレブン」公式クレジットカードの「セブンカード・プラス」が「nanacoチャージ」でのポイント付与を公式サイトで明言しているので、将来にわたって「nanacoチャージ」0.5%還元は保証されそうです。
他にも、毎月8のつく日はイトーヨーカドーで5%オフ、セブンイレブンでも還元率3倍の1.5%とおトクです。

 

ファミマTカード




ファミマでうんとおトクな「ファミマTカード」ですが、「nanacoチャージ」でも0.5%付きます。
「nanacoチャージ」以外にも「ファミリーマート」でのPOSAカード購入で唯一クレジット払いが出来たり、独自のメリットを持っているカードでもあります。
サブカードに最適。


ファミマTカードの申込はコチラ

「セディナカード」(JCB)


「セディナ・カード」も国際ブランド「JCB」ブランドのみ「nanacoチャージ」でポイントが0.5%貯まります。
「セディナ・カード」はいろいろ種類がありますが、中でもおすすめなのはコンビニ納付書払いができる「セディナカードJiyu!da!」。
カードの利用金額をセブンイレブン「nanaco」払いか、またはミニストップで「waon」払いで支払えばクレジットチャージ分さらにポイントが貯まります。
他にも「セディナ・カード」共通の特長として、「pollet」というプリペイドカードにチャージして使えばチャージ金額0.5%追加+チャージ手数料無料、さらに「apple pay」でも、還元率5%キャンペーンといったおトクなキャンペーンをよく開催しており結構おトクなカードです。

 

セディナカードJiyu!da!の申込はコチラ

 

 

JMBローソンポンタカードVISA

ローソンやローソンストア100では「dカード」の登場により存在感が薄くなってしまいましたが、JALマイルを貯める方にとってはまだまだ役に立つカード。
そんな「JMBローソンポンタカードVISA」ですが、「nanacoチャージ」でも0.5%のポイントが貯まり地味に役に立ちます。

 

-クレジットカード TOP-

-nanaco ナナコチャージ, Yahoo! JAPAN (YJ) ヤフージャパンカード, リクルートカード, 楽天カード
-, ,

Copyright© クレカマネー , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.