クレジットカードやポイントの情報を中心に、お金の効率的な使い方・増やし方を伝えるメディア

クレカマネー

ミライノカード

ミライノ カードのおすすめはどのカード?答えは「GOLD」!

投稿日:

2017年11月「SBIカード」の後継カード「ミライノ カード」の詳細が発表され、申込も開始しました。
「ミライノカード」3種類のカードの特徴を分析したところ、おすすめのカードは「GOLD」であることがわかりましたが、なぜゴールドなのかを「ミライノカード」の解説も交えてご説明致します。

スポンサーリンク

「ミライノ カード」は実質株式会社ジェーシービー本体発行のカード

「ミライノ カード」の発行会社は「住信SBIネット銀行」となっていますが、あくまで名義だけであり、カードの審査・発行・管理・保証は「株式会社ジェーシービー」が行っています。
したがって「ミライノ カード」のサービス内容は「株式会社ジェーシービー」本体発行のカードと同じになります。
「MYJCB」を使ってログインし、リボ払いは「支払い名人」という名称です。

 

「ミライノ カード」の審査

「ミライノ カード」の審査は株式会社ジェーシービーが行いますので、クレジットカード全体から見ると、審査はやや厳しめです。
いろいろと低めの要素がある方は「ミライノ カード」の審査に通ることはなかなか難しいと思います。
ちなみに、初めて「株式会社ジェーシービー」のクレジットカードを申し込むと高確率で在籍確認・本人確認の電話が来ます。
私も初めての申込の時に電話が来ていろいろ質問を受けました。

 

「ミライノ カード」の年会費

 種類 年会費 備考
ミライノ カード 初年度無料・次年度900円(税抜) 年10万円利用で次年度無料
ミライノ カード GOLD 3,000円(税抜) 年100万円利用で次年度無料
ミライノ カード PLATINUM 25,000円(税抜)

スタンダードカードの「ミライノ カード」は、初年度こそ年会費無料ですが、次年度以降は年1回の利用で無料とかではなく、年間10万円以上のカード利用で次年度無料と、年会費無料のハードルが高いことがデメリットです。

一方、ゴールドカードである「ミライノ カード GOLD」は、年会費税抜3000円と年会費が最も安いゴールドカードの2000円近くの水準まで抑えられているのにサービス内容が充実(後で説明します)、年100万円以上利用すれば次年度の年会費が無料にもなります。

プラチナカードの「ミライノ カード PLATINUM」も、株式会社ジェーシービーが発行するプラチナカードの中では、最近登場した「JCBプラチナ」カードと共に年会費最低水準の25000円という点がメリットです。

 

「ミライノ カード」のポイント還元率は共通の最大1%

「ミライノ カード」のポイント還元率は、「スタンダード・GOLD・ PLATINUM」共通で0.5%ですが、「住信SBIネット銀行」のポイントプログラム「スマプロポイント」に交換すれば還元率が倍の1%になり現金に交換ができます。
ミライノ ポイント 1ポイント = スマプロポイント2ポイントとして500ポイント以上から100ポイント単位で交換が可能です。
「スタンダード・GOLD・ PLATINUM」ポイント還元率が同じですから、ポイントのおトクさという部分ではスタンダードカードの「ミライノ カード」にメリットがあると言えます。

(クリックすると公式サイトに移動します)

「ミライノ カード」は「住信SBIネット銀行」口座を持っていてこそ意味がある

もし「ミライノ カード」を手に入れたいと思ってる方がいたとします。
でも「住信SBIネット銀行」の口座を持っていないという方がいればそれは非常にもったいないです。
「ミライノ カード」は「住信SBIネット銀行」の口座を持ってこそ意味があります。

「ミライノ カード」を持っていると「住信SBIネット銀行」のスマプロランク(スマートプログラムランク)を上げる効果があり、ランクだとATM引き出し5回、他行振込手数料3回が無料に、最高ランクのだとなんとATM引き出し15回、他行振込手数料15回が無料になります。

普通の方は「他行振込月15回」もすることはないのでそこまでは必要ないと思いますが、最低でも「他行振込3回無料」のランク2は狙いたいところ。

でも最高ランクの4は、ボーナスポイント付与月50ポイント✕12カ月=年間600ポイントの付与があるので、余裕がある方はランク4を狙いたいところです。

「ミライノ カード GOLD」がランク特典で一番メリットあり!

まず、スタンダードカードの「ミライノ カード」ですが、持っているだけではランクアップにはならなず「ミライノ カード」を使う必要がでてきます。
しかも、カード利用をしただけでランクアップするのではなく、一部の条件が満たされるだけです。

簡単に説明すると、SBIのサービスを2つ利用すればランク2、3つ利用すればランク3になるのですが、「ミライノ カード」月1万利用で1つ、月5万利用で2つとカウントされるので、
自分が望んだランクを維持したいならば、月に一定額を利用し続けなければいけません。
また、「ミライノ カード」の力では最高ランクのランク4に到達することができません。
いろいろと制約が多いのがスタンダードカード「ミライノ カード」のデメリットになります。

この点、「ミライノ カード GOLD」と「ミライノ カード PLATINUM」は月額の利用条件はなく、持っているだけで、ランクが2段階上昇します。

これに年会費を考慮に加えたら、3000円でランクが2つ上昇する「ミライノ カード GOLD」のほうが、25000円の「ミライノ カード PLATINUM」よりはるかに優れているということになります。

しかも、「ミライノ カード GOLD」は年間100万円の利用で次年度の年会費が無料になります。

「ミライノ カード GOLD」をメインカードにすれば、年会費を無料+ランクを2段階上昇が可能なので、ランクに関して言えば「ミライノ カード GOLD」がベストということになります。

「ミライノ カード GOLD・PLATINUM」+αで簡単に最高ランクに!

「ミライノ カード GOLD」「ミライノ カード PLATINUM」は持っているだけでランクが2段階上がって「ランク1」から「ランク3」になるので、あともう1つの条件を達成すれば最高ランクの「ランク4」になることができます。

数ある条件の中で、比較的条件を達成しやすいものを挙げると、

総預金残高月末30万円以上
総預金残高月末1000円以上+ロボアドバイザー資産運用残高月末10万円以上

です。

要するに、口座に貯金が30万あるか、ロボアドバイザーに10万預ければ、ランクが1つ上がり最高レベルの「ランク4」になれるということです。

「住信SBIネット銀行」と連携して申し込めるロボアドバイザーは、「ウェルスナビ」「THEO+(テオプラス)」の2つです。

どちらも預入最低額が10万円からとなっています。

ロボアドバイザーに預けることによって相場の変動によって損失を被ってしまうかもしれないとご不安の方もいるかと思いますが、例えば「ウェルスナビ」はリスクを1~5まで自分で自由に設定できて、リスクを1に設定すればリスクの少ない安全運用ができますので、預けた10万円から大きく目減りすることはありません。

30万円以上「住信SBIネット銀行」に預けることのできる余裕のある方は30万円を預け、10万円しかないという方は「ロボアドバイザー」に10万円預けて、最高ランクの「ランク4」を達成するのがベストだと思います。

(クリックすると公式サイトに移動します)

 

「ミライノ カード GOLD」は旅行保険が充実!

「ミライノカード」の旅行保険についての詳細は公式サイトを見て頂くとして、スタンダードカードの「ミライノ カード」は、国内・海外旅行保険とも、旅行代金をカードで払わないと保険が適用されない利用付帯です。
これに対して、「ミライノ カード GOLD」「ミライノ カード PLATINUM」国内・国外旅行保険共に、カードを使わなくても持っているだけで保険が適用される自動付帯です。

特に注目すべき点は、「ミライノ カード GOLD」です。
「ミライノ カード GOLD」と「ミライノ カード PLATINUM」の補償額を比較してみると、例えば「障害治療保険金」ですと、最高500万と1000万で2倍の差がありますが、クレジットカードの年会費を比較すると、3000円と25000円で約8倍の違いがあります。
しかも「ミライノ カード GOLD」は、年間100万円以上カード利用すれば次年度年会費が無料になります。
おトクさという点から見れば、「ミライノ カード GOLD」のほうが圧倒的にお得です。

また、「ミライノ カード GOLD」には重要なメリットがもう1つあって、それは国内旅行保険が自動付帯であるということ。
クレジットカードの中で、海外旅行保険が自動付帯というのはたくさんありますが、国内旅行保険まで自動付帯というカードはほとんどありません。

今は新規募集停止してしまいましたが、年会費2000円(税抜)の「リクルートカードプラス」も国内旅行保険が自動付帯で付いていましたが、死亡・後遺障害が補償されているだけの自動付帯といっても、重大な事故に遭わない限り適用されないあまり意味のない自動付帯保険でしたが、「ミライノ カード GOLD」はその点も違いすごいです。

「ミライノ カード GOLD」国内付帯保険(自動付帯)
補償内容  本会員 家族
死亡・後遺障害保険金  最高5000万円 最高1000万円
入院保険金  日額4000円 日額2000円
通院保険  日額4000円 日額2000円

「ミライノ カード GOLD」の国内旅行保険は「死亡・後遺障害保険」が付いているだけでなく、なんと「入金保険」「通院保険」も付いています
さらに、本会員だけではなく、家族も補償される適用範囲の広さ!

実際にカードを使わなくても、カードを机の引き出しにしまっておくだけで強力な保険の効果が発揮されるすごい状態になっています。

 

まとめ

「ミライノカード」のおすすめは、「住信SBI銀行」のランクを自動的に2段階上げてくれ、しかも国内・国外旅行保険を自動で強力に広い範囲でカバーしてくれる「ミライノ カード GOLD」がおすすめです。

 

ミライノカードの詳細&申込はコチラ

 
ミライノカードGoldの詳細&申込はコチラ

 

 

関連記事:ミライノカードのスペックを今からあれこれ考えてみる!

関連記事:SBIカードはなぜ終了するのか?を解説

-ミライノカード

Copyright© クレカマネー , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.