クレジットカードやポイントの情報を中心に、お金の効率的な使い方・増やし方を伝えるメディア

クレカマネー

新生銀行 銀行

新生銀行のメリット・お得な使い方を解説!

投稿日:

私は、新生銀行(しんせいぎんこう)の口座を結構活用しています。
それはなぜかというと、新生銀行は、他の銀行と比べてお得さを感じているからです。
では、これから新生銀行口座の特徴と、私がどのようにして新生銀行を活用しているのかを解説します。

スポンサーリンク

新生銀行はTポイントが貯まる!

新生銀行のメリットの1つはTポイントが貯まるということです。

毎月エントリーが必要になりますが、「Tポイントプログラム」にエントリーして達成しやすい条件を達成していけば、毎月Tポイントがもらえます!

2017年8月のデータをお見せしますが、新生銀行のTポイントプログラムによって334Tポイント貯めることができました!

私がどのようにしてTポイントを貯めてるかお伝えさせて頂きます。

 

達成しやすいキャンペーンだけが達成して、達成できないキャンペーンは無理してやらない

私は簡単に達成できるキャンペーンだけ参加してる感じです。

達成が難しいキャンペーンは、お金を浪費してしまう恐れがあるのでやってません。

Tポイントプログラムの中でも私がいつもやってるのは、

・Tポイントプログラムにエントリー 1p
・新生銀行にログインで 3p
・ファミマのATM利用2回で 20p
・他行からの振込入金で 100p
・積立投資信託で 5p
・積立外貨預金で 5p

この6つです。

 

他行からの振込入金

月に1万円以上他行からの振込があると25p手に入って、月最大4件分100p手に入ります。
さらに、年に3か月程度ポイントが2倍になるキャンペーンがありますので、そのキャンペーン月はなんと200p手に入ります!

私の場合は、企業からのおこづかい程度の振り込みがありますので、そこを4社登録しておくだけで自動的に毎月ポイントが手に入りますが、そういうのがないという方は、手数料無料になるような他行の自分の口座から振替をすればコストがかからないのでいいと思います。

 

積立投資信託

積立投資信託は最低額の5000円を毎月積み立てていくだけでTポイントプログラムの条件を達成できます。
通常時は5ポイントですが、2017年は8・9・10月の3か月間は100ポイントもらえます!
毎年、年に3か月程度はこの100ポイントキャンペーンを開催していますので、今年が間に合わなくても来年のために新生銀行の銀行口座の開設と投資信託口座の開設はやっておいて損はないです。
ちなみに投資信託は、ノーロード(手数料無料)の商品を選びましょう。
ノーロードの投資信託商品を選べば、5000円積み立てれば、5000円がそのまま投資信託口座に反映されます。
また、積立投資信託をやれば、新生銀行のランクが無印から「ゴールド」にアップします!
5000円の積み立て投資信託が「ゴールド」の条件を一番達成しやすいのでおすすめです。
ちなみに「ゴールド」ランクになると、他行振込手数料が5回分無料になります。

 

積立外貨預金(パワービルダー)

毎月最低積立額1万円となっている、積立外貨預金(パワービルダー)も通常5ポイントですが、キャンペーン時には100ポイントもらえます。
こちらも、「パワービルダー」に入るだけで新生銀行のランクが「ゴールド」になりますが、こちらは最低積立額1万円なのに対して、積立投資信託のほうは最低額が5000円なので、「ゴールドランク」が目的であれば、積立投資信託に入るだけで大丈夫です。
「パワービルダー」は為替の変動リスクがありますが、私の場合NZ(ニュージーランド)ドルに1年ちょっと15回ぐらいずっと積み立てて、2000円増えてます。
一時期は7000円増えてたり、投資額を下回ったときもあったり、変動が結構激しい印象です。
まあでも、数十万程度の投資は利益が出ても損失が出てもたいした差にはならないので、あまり気にしないのでいいのかなとも思います。
新生銀行ランクの「ゴールド」と、Tポイント目的でいいと思います。

新生銀行ランクを「プラチナ」ランクに簡単に上げる方法

新生銀行ランクは「ゴールド」ランクだと他行振込手数料が5回分無料になりますが、さらにその上のランク「プラチナ」ランクになると、10回分無料になります!

「プラチナランク」は投資信託等の投資額が300万超えれば「プラチナ」ランクになります。
投資信託が一番手っ取り早いと思うんですが、そこまで資金的余裕がない方は、もう1つ違う方法で「プラチナ」ランクになれる方法があります。

それは、クレジットカードの「ラグジュアリーカード」を手に入れることです。
一番下のグレードのカードで年会費50000円という、かなりステータス性の高いカードになりますが、それを手に入れただけで「プラチナ」ランクになります。

ステータス性と「プラチナ」ランクが欲しい方は、「ラグジュアリーカード」はおすすめです。

-新生銀行, 銀行

Copyright© クレカマネー , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.