クレジットカードやポイントの情報を中心に、お金の効率的な使い方・増やし方を伝えるメディア

クレカマネー

ニュース・コラム

税金の納付書を分割発行してもらうときの注意点

投稿日:

【特報!】楽天カードが年に4回しか行わない新規入会&利用で「8000ポイントもらえるキャンペーン」を実施中!!申込するなら今!

皆さんは税金の納付書を細かく分けて発行してもらったことがありますか?例えば、ミニストップでは1会計で電子マネー「waon(ワオン)」で支払うことができる上限が5万円なんで、16万の納付書とかあると、5万、5万、5万、1万の4枚の納付書に分けてもらうために市役所等にお願いしにいくことになります。

スポンサーリンク

自分は今までこんな形で納付書を分割発行してもらっていました。ちなみに私は自営業です。

税務署に電話をして「所得税」の納付書の分割

今でこそ「国税クレジットカード納付サイト」があるので所得税はそのサイトでクレジットカードで支払ってましたが、それまではクレジットカードで「nanaco」にチャージしてセブンイレブンで納付書で支払っていました。

 

市役所に行って「住民税」・「国民健康保険税」納付書の分割

2017年現在、「住民税」・「国民健康保険税」の支払いでポイントが貯まる方法は、クレジットカードから電子マネーにチャージして納付書で支払う方法があります。

今年は「JALカード」を取得したので、「JMB WAON」にチャージして納付書で「ミニストップ」でそれらを支払うことに決めましたがこれで2%のJALマイルが貯まります。

でも、1点だけ「WAON」で税金の支払いには欠点があって、それは「WAON」が1会計で5万円が上限だということ。

そのため、5万円を越える納付書ではミニストップで支払うことができず、市役所に行って納付書を5万円ずつにわけてもらわなくてはいけません。

 

納付書を分けて発行してもらう時に、誤解されて気分を悪くしないように!

ここからが注意点です。

私が税務署と市役所に行って納付書を分割してもらってわかったことがあるんですが、それは何かというと、ポイントを貯めるために納付書を分割して発行して欲しいと言ってくる奇特な人は滅多にいないということ。

税務署でも、市役所でもそうでしたが、分割納付してくださいとお願いすると、対応して頂いた税務署や市役所の方は、必ず(支払いが厳しくなったから納付書を分けてくれと言ってきたんだな・・・)と誤解してきます。

納付書を分けてくださいとお願いした後、全く係の人との会話が嚙み合いません。

こっちは、ただ便宜的に納付書を分けて発行して欲しいだけなのに、むこうは税金を遅らせて納付したいんだなと思い込んで、

「納付書の期限を後にずらしたいんですか?」

と聞いてきたり、納付書の納付期限が過ぎたら納付書で払うことができない話など、私も最初、

「むこうは何のことを言ってるのかな?」

って不思議に思いましたが、むこうにとっては税金の支払いを遅らせたいと思って相談に来てるんだなと理解しました。

私が今まで納付書の分割発行を依頼した3人中全員が(支払いを遅らせたい方が来たんだな)という思い込みで応対してきたので、これから初めて納付書を分割しに行く方は、そういうふうにとられちゃうんだなと前もって心の準備をしておけば、気分を悪くすることもないかと思います。

つい先日も市役所に行って、市民税の納付書を分割してもらった際は、当然勘違いされましたが、その後に、

「ポイントを貯めたいんだ」と、「クレジットカードから電子マネーにチャージして払いたいけどミニストップでの1会計の上限が5万円だから5万円ずつに納付書を分けて欲しいんだ」と説明したら、納得して頂けました。

それだけ、まだまだポイントにこだわって税金を支払う方は少ないってことですよね。

塵も積もれば山となる なんですけどね。

とにかく、この記事は、これからお役所に納付書を初めて分割発行してもらう予定の方のために書きました。

どれぐらいの方にこの記事を見て頂けるかわかりませんが少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

-ニュース・コラム

Copyright© クレカマネー , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.