クレジットカードやポイントの情報を中心に、お金の効率的な使い方・増やし方を伝えるメディア

クレカマネー

nanaco ナナコチャージ 楽天カード

楽天カード改悪!JCBブランドのnanaco(ナナコ)チャージポイント付与終了のお知らせ。suica(スイカ)も終了

投稿日:2017年10月8日 更新日:

2017年9月20日、衝撃的なニュースが飛び込んで来ました。「楽天カード」はJCBブランドのみ「nanacoチャージ」でポイントが貯まり、税金の支払い等に活用されてきましたが、2017年11月1日よりポイント付与の対象外となることが発表されました。

スポンサーリンク

「nanacoチャージ」だけでなく「suica」「smartICOCA」もポイント付与終了

楽天カードポイント付与対象外となるものは、「nanaco」チャージだけでなく、「suica」「smartICOCA」の交通系電子マネーも含まれています。

・nanacoクレジットチャージ
・モバイルSuica
・モバイルSuica年会費
・モバイルSuica(Apple)
・スマートICOCA

電子マネーの中では唯一「Edy」だけが変更がなくポイントが付くという形になります。

「楽天カード利用獲得ポイント」に関する変更のご案内

 

今後「nanacoチャージ」はどうなるのか?

楽天カードが「nanacoチャージ」で使えなくなるとなると、残りの還元率1%以上のカードが何があるかというと「リクルートカード(JCB/VISA/Mastercard)」か、「Yahoo!Japanカード(JCB)」のどちらかになります

関連記事:nanacoクレジットチャージでポイントがたまるカード 2017年版

が、「リクルートカード」「Yahoo!Japanカード」は「楽天カード」と競い合って戦略的に「nanaco」チャージでポイントを付与してきた背景もあるので、

「楽天カード」がポイント付与終了となると、おそらく近いうちに「リクルートカード」や「Yahoo!Japanカード」も「nanaco」チャージが終了するのではないかと思います。

将来すぐに「nanacoチャージ」がだめになっても、短期的にチャージできればいいというのでしたら、「Yahoo!Japanカード」が現在入会&利用で最大14000ポイントもらえるキャンペーンを展開していますので、そちらに申し込まれてみてはいかがでしょうか?(10月2日~11月4日)

関連記事:Yahoo!JAPANカード入会&申込で14000Tポイントが獲得できる!

 

「nanaco」チャージは将来的に還元率0.5%のカードだけが残る可能性も

となると、残りは公式で「nanaco」チャージでポイントが貯まると明言しているけど還元率が0.5%とあまりお得ではない「セブンカード」にするか、他にも0.5%の還元率で「ローソンpontaカードVISA」や「ファミマTカード」等は「nanaco」チャージでポイントが貯まるカードはあることはあります。

 

「ANA JCBプリペイドカード」を間に噛ませてチャージすればポイントが貯まるけど・・・

2017年4月に登場した「ANA JCBプリペイドカード」ですが、

「解放JCBクレジットカード」→「ANA JCBプリペイドカード」→「nanaco」

にチャージすれば、「解放JCBクレジットカード」にポイントが貯まる可能性があります。

でも、この方法は最悪カード強制解約の可能性もありますので、少しなら大丈夫だとは思いますが、たくさんチャージを考えている人にはおすすめできません。

関連記事:「ANA JCBプリペイドカード」を通してnanacoチャージの裏技を解説

 

税金の支払いは「waon」でも可能

税金等の支払いは、「nanaco」ではなく「waon」でもできますが、1回の会計で「waon」で支払える上限が50000円までなので、納付書を5万円ずつ区切ってもらって支払う手間が生じますし、こちらも来年度以降改悪のリスクがありますので、今からだとあまりおすすめはできないかなというところです。

関連記事:ミニストップでwaon(ワオン)の税金支払いでポイントが貯まるクレジットカード2つ

 

どうしても税金の支払いで高還元率でポイントを獲得したい方のための裏技

もし、将来的に「nanaco」チャージもだめ「waon」チャージもだめという事態になっても、クレジットカードで支払う方法は他に存在します。

それは、「Yahoo!公金支払い」です。

あくまで東京都に住んでいる自営業の私の場合ですが、今はほとんどの税金が「国税クレジットカード支払いサイト」や「都税クレジットカード支払いサイト」で支払うことができるので、「nanaco」で支払う必要があるものと言えば「住民税」と「国民健康保険税」ぐらいです。

その2つの税金をクレジットカードで支払うためには、「Yahoo!公金支払い」で「住民税」と「国民健康保険税」を支払うことのできる自治体をチェックして、その対象自治体に引っ越して支払えばいいのです。

例えば東京都だと、「住民税」と「国民健康保険税」両方の支払いが「Yahoo!公金支払い」に対応している自治体は、

江東区 世田谷区 豊島区 足立区 立川市 武蔵野市 昭島市 小平市 国分寺市 西東京市 

とこれだけ存在します。

身軽な人であれば、さくっとこれらの地域に引っ越して、税金を「Yahoo!公金支払い」を通じてクレジットカード払いすればいいということです。

私も、近々世田谷区あたりに引っ越そうかなと本気で考えています。(もちろん税金支払い以外の引っ越ししたい理由もありますが)

 

「suica」チャージの代わりとなるカードは?

「楽天カード」は「suica」や「smart icoca」等の交通系電子マネーのポイント付与を終了してしまいましたので、「suica」チャージに「楽天カード」でチャージしていた方は次のカードを探さなくてはいけません。

おすすめのカードは↓コチラ↓の記事にまとめておいたので、一度ご覧になって頂ければと思います。

関連記事:モバイルsuica(スイカ)へのクレジットチャージでポイントが貯まるおすすめのクレジットカードランキング

-nanaco ナナコチャージ, 楽天カード

Copyright© クレカマネー , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.