クレジットカードやポイントの情報を中心に、お金の効率的な使い方・増やし方を伝えるメディア

クレカマネー

リクルートカード

リクルートカードプラスを今更ながら解説!今後はどうなる?

投稿日:

【特報!】楽天カードが年に4回しか行わない新規入会&利用で「8000ポイントもらえるキャンペーン」を実施中!!申込するなら今!

既に新規申込受付は終了しているのですが「リクルートカードプラス」の紹介をしたいと思います。
私もこのカードを持っているのですが、かなりパフォーマンスの高いカードで、今でもメインカードとして活躍しています。
このカードの特徴やメリット・デメリット、新規募集は終了しているので今後どうなるのか?等について述べたいと思います。

スポンサーリンク

メリット1 基本還元率が2%

「リクルートカードプラス」のメリットの1つが、基本還元率2%とクレジットカードの中では最高還元率を誇ること。
他のカードを見渡してみると、今でも申し込めるクレジットカードでポイント還元率2%なのは「ダイナースプレミアム」と「アクシスカードプラス」の2つがありますが、

「ダイナースプレミアム」はブラックカードだけに年会費が130000円(税別)ですし、

「アクシスカードプラス」は年間利用額が200万円を越えて初めて、次の年度の還元率が2%になって、それまでは1%です。

「リクルートカードプラス」は年会費2000円(税別)と多少維持費がかかりますが、最初から還元率2%というのはかなりいい条件です。

 

メリット2 貯まるポイントが実質「ponta(ポンタ)ポイント」

「リクルートカードプラス」が登場した時は、カードを使うとリクルートのサービス内で使える「リクルートポイント」というものが貯まり、「ホットペッパーグルメ」や「ホットペッパービューティー」「じゃらん」等で使うことができましたが、決して使い勝手のいいポイントではありませんでした。
ところが、途中から「pontaポイント」と統合して、「リクルートポイント」⇔「pontaポイント」の相互交換が自由にできるようになってからは、コンビニの「ローソン」、定食屋の「大戸屋」、ガソリンスタンドの「昭和シェル石油」ponta加盟店等で使えるようになり、使い勝手が非常に良くなりました。
さらに、ドコモの携帯契約者なら「dポイント」にも等価で交換できるようになり、とにかく何にでも使える用になりました。
還元率2%でザクザク貯まり、貯まったポイントも使いやすい。
そんな最強のカードになりました。

 

メリット3 国内旅行保険が自動付帯

使わなくても持ってるだけで付いてくる自動付帯保険。

「リクルートカードプラス」も当然海外旅行保険は自動付帯で保険金額は、

死亡・後遺障害 最高3000万円
治療費用 100万円程度
賠償責任 2000万円程度
携行品損害 20万円程度(自己負担額3000円)
救援者費用 100万円程度

となっております。
海外旅行保険が自動付帯になっているクレジットカードは結構多いですが、
海外だけじゃなく、国内旅行保険も自動付帯なのが「リクルートカードプラス」。
補償は「死亡・後遺障害 最高3000万円」のみになりますが、それでも国内旅行保険が自動付帯なのはすごいです。

 

デメリット1 電子マネーチャージでポイントが貯まらない

一方、デメリットを挙げるとしたら、まずは電子マネーチャージですね。
「リクルートカードプラス」は、以前はsuica、nanacoへチャージができポイントも2%貯まっていたのですが、途中からできなくなりました。
チャージはできるのですがポイントは貯まりません。
途中の変更により、「リクルートカードプラス」はいかなる電子マネーでも一切ポイントが貯まらなくなってしまいました。

 

デメリット2 お得なキャンペーンが少ない

キャンペーンが少ないので、2%の還元率以上に得をするってことはないです。
JCB本体発行の提携カードなので「MYJCB」にログインするとJCB共通の抽選で当たるキャンペーンは結構あるのですが、私に関して言えば、申し込んでも当たった試しがないです。

あと、たまに「リクルートカード」保有者限定でポンパレモール利用で抽選でポイントが当たるというメールが届きますが、そもそも「ポンパレモール」滅多に使わないのであまり意味がないという感じですね。

抽選で当たるキャンペーンではなく、条件を達成したら必ずもらえるようなキャンペーンは無いです。

キャンペーンが多すぎる程ある「楽天カード」と比べたら、あまり充実してないのは感じます。

 

まとめ

基本還元率が2%で最高峰なのと、ポイントの使い勝手がいいという以外には目に見えたメリットはないのですが、それでもガス・水道・電気等の公共料金の支払いや、国民年金・税金の支払いには重宝しています。
特に税金は、国税に関してはつい最近からクレジットカードで支払えるようになったので、結構多額になる支払いに対して2%の還元を受けれるのは非常にありがたいです。

でも既に新規募集を停止したカードですので先行きは不透明です。
おそらく、次のカード更新・切り替え時に、還元率1.2%の「リクルートカード(JCB)」に変わる可能性は高いです。

今でも「リクルートカードプラス」が欲しいという方がいるかとは思いますが、現在は年会費無料で還元率1.2%の「リクルートカード」しかありませんのでそちらを申し込むしかありません。

「リクルートカード」は、国際ブランドが「JCB/VISA/Mastercard」から選べますが、「JCB」と「VISA/Mastercard」で若干性格が違います。

「JCB」は株式会社ジェーシービー本体の発行ですが、「VISA/Mastercard」は三菱UFJ発行です。

「JCB」のほうは、電子マネーチャージが「nanaco」と「suica」にしかチャージできませんが、「VISA/Mastercard」は「nanaco」と「suica」だけでなく、「Edy」と「smarticoca」にもチャージできます。
もちろん、どちらもすべてポイントが貯まります。

あとは、「VISA/Mastercard」は「Apple Pay」が使えるのですが、「JCB」のほうは「Apple Pay」には対応していません。

リクルートカード

-リクルートカード

Copyright© クレカマネー , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.