クレジットカードの情報を中心に、マネー(お金)の効率的な使い方・増やし方を伝えるメディア

クレマネ

イオンカード

イオンカードとイオンカードセレクトの審査について解説します

投稿日:

「イオンカード」にこれから申し込もうとしている方は審査について気になっている方が多いと思います。
今回は、そのイオンの代表的なカード「イオンカード」と「イオンカードセレクト」の2枚のクレジットカードの審査について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

クレジットカード全体の中での「イオンカード」審査の難易度

「イオンカード」はクレジットカードの中でも、審査が最も優しい部類のカードに挙げられます。
年収が低い方でも、職業が派遣・パートアルバイトでも専業主婦の方でも審査に通過して「イオンカード」を持てるケースが多いです。

イオンカード(WAON一体型) 審査合否情報

イオンカードセレクト 審査合否情報

 

「イオンカード」は女性の審査が通りやすいカード

「イオンカード」を発行する目的は、イオングループの利用者を増やすために発行していますので、イオングループ店舗の主な利用者層である女性が審査に通りやすい傾向があります。

 

「イオンカード」と「イオンカードセレクト」どちらが審査に通りやすい?

「イオンカード」と「イオンカードセレクト」は審査の難易度が違うと言われています。

審査に通りやすいのは「イオンカード」のほうです。

これからその理由を説明します。

「イオンカードセレクト」の場合は、審査に通過しなかった場合でも、ピンク色のイオンのキャッシュカードを代わりに送って来ますので、イオン側にとってはイオンのサービスを使ってくれる顧客を逃すことはありません。

これに対して「イオンカード」のほうは、審査に通らないと、その申し込んだ人とイオンとの繋がりがなくなってしまうのでイオン側にとってはイオンのサービスを使ってくれる顧客を失ってしまうことになります。

「イオンカード」と「イオンカードセレクト」の審査基準は同じなのですが、顧客の確保という観点から「イオンカード」では合否のボーダーライン上にある方は審査を通す傾向があるようです。

したがって、これから「イオンカード」に申し込む方で絶対に審査に通りたいという方は、「イオンカード」のほうを申し込むことをオススメします。

一方、どうしても「イオンカードセレクト」が欲しいけど審査に通る自身のない方は、そのまま「イオンカードセレクト」に申し込んで頂いて大丈夫です。

なぜかというと、仮に審査に通らなくても、ピンク色のイオンの「キャッシュカード」が送られてきます。

その「キャッシュカード」にお金を入れて貯金をしておけば、次の申込時に「イオン銀行」との取引実績が審査に有利に働き、「イオンカードセレクト」を持てる可能性がでてくるからです。

まとめ

これからの申込で絶対に審査に通りたい!という方は「イオンカード」

イオン銀行との連携で「ときめきポイント」が貯まってお得、「ゴールドカード」の招待の条件も達成しやすいイオン銀行キャッシュカード一体型「イオンカードセレクト」が欲しい方は、「イオンカードセレクト」

もし審査に落ちても、届いたキャッシュカードにお金を入れて貯金してから再度申込にトライしてみてください。

-イオンカード

Copyright© クレマネ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.