クレジットカードの情報を中心に、マネー(お金)の効率的な使い方・増やし方を伝えるメディア

クレマネ

EPOS エポスカード

丸井(マルイ)のお得なクレジットカード「エポスカード」の特徴を徹底解説!

投稿日:

年会費無料

基本ポイント還元率 0.5%

国際ブランド:VISA

貯まるポイント:エポスポイント

スポンサーリンク

無料ゴールド招待の登竜門 それが「エポスカード」

世の中に無料でゴールドカードの招待が届くクレジットカードは3枚あります。

その3枚とは、「イオンカード」、「セブンプラスカード」、そして「エポスカード」ですが、その中でも断トツにお得度が高いのが「エポスゴールドカード」です。

その「エポスカードゴールド」の修行の場となる「エポスカード」でも十分にお得です。

では、これから「エポスカード」の特徴をご紹介していきます。

 

年会費無料 ETC無料!

エポスカードは年会費無料で、さらにETC年会費も無料。
両方が無料なカードはなかなかありません。
カード維持費がかからない点は魅力ですね!

ただし他のカードにはあって「エポスカード」にはないものがあって、それは「家族カード」です。
「エポスカード」には「家族カード」は存在しません。
家族カードが欲しい方は、他のカードを追加で申し込むのがいいです。

 

締め日・確定日・引落し日

締め日についてですが、「エポスカード」をインターネット・郵送で申し込んだ方は27日固定になります。
店頭申込即日発行の方は4日も選べます。

締め日・確定日・引き落とし日のスケジュールは以下の通りです。

締め日 確定日 支払い日
27日 6日 27日
4日 11日 4日

「エポスカード」においては、締め日と確定日を把握しておくことが非常に重要になります。
なぜかというと、自動リボに設定するとポイント還元率が+0.5%になるので自動リボに設定すべきなのですが、締め日から確定日までの間にATMで早期返済をするとリボ手数料がかからず+0.5%分がまるまるお得になるからです。

 

エポスカードの基本ポイント還元率は0.5%

「エポスカード」の還元率は0.5%と決して高くない還元率ですが、支払いをリボ払いにすると還元率が+0.5%上昇し、還元率1%と平均以上の還元率になります。

「エポスカード」を手に入れた方はぜひ、リボ払い設定の早期返済をして還元率を1%に保つようにしましょう。

関連記事

エポスカードリボ払い早期返済をエポスATMでやってみた!

 

エポスポイントの有効期限は2年間

「エポスカード」を利用してもらえるエポスポイントの有効期限は2年間です。
ただし、無料ゴールドの招待を受けて「エポスゴールドカード」にグレードアップすればポイント有効期限は無期限になります!
ここは早くゴールドにグレードアップしたいところです。

 

エポスポイントのお得な使い道

貯まったエポスポイントは、商品券や「dポイント」等の電子マネーにも交換できますが、一番お得なのは、「エポスカードVISAプリペイド」へのチャージです。
このプリペイドカードにチャージして使えば、さらに200円につき1ポイント貯まりますので、「ポイント」からさらに「ポイント」が産み出されるからです。
「エポスカード」保有者なら無料で「エポスカードVISAプリペイド」カードが作れます。

 

電子マネーチャージは「EDY」「suica」に可能 ポイントも貯まる

 nanaco  EDY  SUICA  WAON
 ×  〇  ×

nanacoにチャージはできませんが、「EDY」「suica」にチャージできてポイントが貯まります。
チャージした場合のポイント還元率は、基本還元率に準じるので0.5%と決して高くはないですが、特に「suica」のほうは、ゴールドカード特典の選べるポイントアップモールに登録できて還元率+1%にできるので、ゴールドカードの無料招待を受けてグレードアップした時だけ、「suica」へのチャージする意味はあると思います。

 

「エポスカード」は「Apple Pay(アップルペイ)」にも対応

「エポスカード」は「Apple Pay」にも対応しており、「iphone7」に登録すれば電子マネー「QUICPAY」に転換して使うことができます。
ただ、エポスカードの基本還元率は0.5%ですし、「Apple Pay」利用でも0.5%(リボなら1%)で、「Apple Pay」利用によって還元率が上昇するキャンペーンも特に展開していないので、「エポスカード」で「Apple Pay」を積極的に使う理由が見当たりません。
ただ、「Apple Pay」新規登録キャンペーンと、「Apple Pay」一定額以上利用で抽選で当たるキャンペーンは時々開催されていますので、それらのキャンペーン目当てで「Apple Pay」を使うのはありだと思います。

 

「マルコとマルオの7日間」でマルイ10%オフ!

3、5、9、11月の年に4回「マルコとマルオの7日間」というセールが開催され、「エポスカード」決済でマルイでのお買い物が10%オフになります。

実店舗のマルイのお店だけじゃなく「マルイのネット通販(マルイウェブチャネル)」でも同時開催でお得です。

マルイ実店舗のテナントに、「無印良品」があれば、「無印良品期間」中のお買い物で、エポス10%+無印10%オフ=20%オフも可能!

無印良品が入っているマルイ

・上野マルイ(B2F)
・中野マルイ(4F)
・丸井吉祥寺(6~7F)
・マルイファミリー志木(7F)

ユニクロもマルイのテナントに入っていれば、ユニクロの「誕生感謝祭」(創業祭)時に、エポス決済の10%+誕生祭セール品割引とダブルで恩恵を受けることができます。

ユニクロが入っているマルイ

・草加マルイ(地下1階)
・北千住マルイ(6階)
・マルイファミリー溝口(6階)
・なんばマルイ(7階)

 

エポトクプラザ優待でお得!

「エポスカード」優待施設が7000店舗以上あり、対象店舗で「エポスカード」を提示すると割引等の特典が受けられます。
有名なのはファミレスの「ロイヤルホスト」。5%オフの優待を受けることができます。
グルメはもちろんのこと、他にはミュージカルや演劇等の「エンタメ」、アミューズメント施設や水族館などの「レジャー」施設、温泉、カラオケ、ショッピング、美容院等、とにかく多彩。
「エポスカード」はこれらの優待を受けるだけでも手に入れる価値があります。

 

エポスカードウィークスでさらにお得!

毎年2回、5月と9月に「エポスカードウィークス」が開催され、エポトクプラザの一部店舗の優待がさらに豪華になります!
例えばファミレスの「ロイヤルホスト」は通常時5%オフのところ、なんと15%オフ!
こんなにお得なら使わない手はないですね。
他にも様々な店舗で優待特典を受けることができます。

 

エポスカードの入会キャンペーンポイントは最高8000ポイント

「エポスカード」では時々、入会8000ポイントキャンペーンを開催しますが、8000ポイント満額もらうにはカード利用10万円以上が必要だったりして少し条件が厳しめです。

ただ入会するだけで8000ポイントもらえるわけではないので、その点には注意しておきましょう。

関連記事

エポスカードの入会申込は8000ポイントを狙うべき?

「エポスカード」を無料ゴールドにグレードアップさせた時のお得さはランキング上位!

「エポスカード」で修行して、無料ゴールドにクレードアップさせた場合の「エポスゴールド」カードのパフォーマンスはハイレベルで、クレジットカードランキングの上位にもランクインするぐらいのスペックです。

お得なクレジットカードランキングにご興味がありましたらこちらの記事もご覧ください。

ポイント還元率で選ぶおすすめクレジットカード比較ランキング

-EPOS エポスカード

Copyright© クレマネ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.