クレジットカードの情報を中心に、マネー(お金)の効率的な使い方・増やし方を伝えるメディア

クレマネ

インヴァストカード

インヴァストカード クレカポイントが自動で投資信託に投入!

投稿日:

2017年7月24日に新しいクレジットカードが登場します。その名もインヴァストカード。インヴァスト証券の提携カードで発行はジャックス。では、「インヴァストカード」をこれから解説していきます。

スポンサーリンク

「インヴァストカード」の年会費は?

年会費実質無料です。
初年度無料、次年度以降1250円(税抜)ですが、前年に一度でもカード利用があれば翌年は無料です。

 

ETC年会費・家族カードも無料

ETCカードの年会費、家族カードの年会費もかからないのがいいですね。
ETC年会費無料カードって意外と少ないのでこの点はメリットかと思います。
家族カードも無料でしたら作りやすいですよね。
家族にたくさん使ってもらい、貯まったたくさんのポイントを投信積立に流し込むのもありだと思います。

 

「インヴァストカード」のポイント基本還元率は?

「インヴァストカード」のポイント還元率は1%。
獲得したポイントは自動でETF(Exchange Traded Fund 上場投資信託)に積立投資されます。
売買手数料は無料。
積立投資はアグレッシブ型、バランス型、パッシプ型の3タイプから選ぶことができ、自分好みの投資が行えます。

ジャックスのポイントアップモール「JACCS」モール経由で他のサイトで買い物をすればボーナスポイントが付与され、基本還元率を含めた合計還元率は1.5%以上になりますが、このボーナスポイントも自動的に積立投資に入ります。

この自動で積立投資されるシステムのメリットは、「積立投資」の部分よりもポイントの失効がないところにあると思います。
クレジットカードでポイントを貯めている時に、そのポイントには有効期限があって、うっかりその有効期限を迎えてしまってポイントを失効したという出来事を経験された方も中にはいると思います。

ポイントが毎月自動で投資積立にまわされるのならポイント失効の心配はなくなるので、これはいいシステムだと思います。

 

「インヴァストカード」からの電子マネーチャージでポイントは?

ジャックス発行のカードは、どの電子マネーにチャージしてポイントが貯まるのかが共通で決まっています。

だからと言って、確定事項ではなくあくまで推測になるのですが、

「インヴァストカード」は国際ブランドが「VISA」だけなので、「nanacoチャージ」は無理なはず。「JCB」だったら可能だったと思います。
「suica」「SMART ICOCA」へチャージできてポイントも貯まる。
しかし、「EDY」のほうはチャージできるけどポイントが貯まらない。

こういう形になると思います。

 

「インヴァストカード」利用には口座開設が必要

「インヴァストカード」を利用するには、ポイントの投資先となる「インヴァスト証券」の「トライオートETF」の口座開設が必要になります。

 

「インヴァストカード」はこんな方におすすめ!

仕事が忙しく、なかなか自由な時間がとれないという方におすすめです。
仕事が忙しいとクレジットカードの還元率を追い求める時間もないと思います。
その点「インヴァストカード」は、基本還元率も平均以上の1%ですし、忙しくてクレジットカード関連のことにまで気がまわらない時でも、ポイントを失効することなく自動的に投信積立に投入されますので、「クレジットカード・ポイント」関連に余計な気を遣う必要がなります。

ほったらかしで、そこそこの還元率

というのかこのカードの特徴です。

インヴァストカード入会キャンペーンも実施中です。口座開設+カード発行で1000円 利用登録で8500円 最大9500円プレゼント!

 

>>「インヴァストカード」の詳細&申込はコチラ

-インヴァストカード

Copyright© クレマネ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.