クレジットカードの情報を中心に、マネー(お金)の効率的な使い方・増やし方を伝えるメディア

クレマネ

dカード JMBローソンPontaカードVisa

100円ローソンでおすすめのクレジットカードはどれ?

投稿日:

通称「100円ローソン」と呼ばれる「ローソンストア100」。私も自宅から一番近い店がこのお店なのでよく利用させてもらっています。この「100円ローソン」でどのクレジットカードを使えばおトクになるのか?最近、勢力図が変わってきて戦国時代を迎えています。

スポンサーリンク

古き良き時代「JMBローソンPontaカードVisa」1強時代

つい最近までは、100円ローソンといったら「JMBローソンPontaカードVisa」一択でした。

セゾンカードが発行するローソン専用クレジットカード。

このカードで支払えば決済100円ごとに2%の還元率で「pontaポイント」を獲得。

「ローソン」はもともと100円1ポイントだったので、このカードを使うことによりポイント2倍の100円2ポイントにしかなりませんでしたが、

「100円ローソン」のほうは200円1ポイントだったので、それが100円2ポイントになるということは、還元率が0.5%→2%になるということ。

つまり、獲得できるポンタポイントが4倍になるという優れものカードでした。

これに加えて、JALマイレージバンク会員番号も付いた「JMBローソンPontaカードVisa」なら200円ごとに1JALマイル付くので、

「pontaポイント2%」+「1JALマイル」=還元率3%以上

「JALマイル」の価値は航空券の交換に使えば2倍~4倍の価値になりますので、ポイントの使い方によっては、「JMBローソンPontaカードVisa」で得られるポイントの価値は還元率3%以上になるわけです。

 

一強時代に戦いを挑んできたのが「dカード(GOLD)」

そこに割って入ってきたのが「dカード」です。

2017年6月1日から、「100円ローソン」でも「dポイント」サービスが導入され、本家「ローソン」と同じく「dポイント」か「pontaポイント」どちらを貯めるかを選択できるようになりました。

そして、「dカード」は「ローソン」と同じく「100円ローソン」でも決済時3%OFFの特典を加えてきましたので、キャンペーンなしの一番還元率が低い時でも、

ポイント提示0.5%+決済1%+決済3%OFF=常時還元率4.5%になります!

最低でも4.5%なので、「ローソンストア100」ポイント導入キャンペーンで提示ポイントが3倍の時や、Apple Payキャンペーンで決済7倍キャンペーンが重なれば、最大11.5%の還元率にものなったりします。

 

どちらのカードがおすすめなのか?

「JALマイル」と「pontaポイント」を貯めたいか、それとも「dポイント」を貯めたいかのどちらかで選んだほうがいいかと思われます。

「3%OFF」をひっくるめて、キャンペーンを駆使して最大限に還元率で得したい時は「dカード」
「dポイント」加盟店で使いたい場合も「dカード」

「Pontaポイント」加盟店で使いたいサービスがある、絶対「JALマイル」がいいというマイラーの方は「JMBローソンPontaカードVisa」を選択したほうがいいでしょう。

ちなみに、「pontaポイント」は等価で「dポイント」に交換できます。

でも、その逆「dポイント」→「pontaポイント」は5000ポイント交換につき手数料250ポイント徴収されますのでおすすめではありません。

「pontaポイント」は「dポイント」にも交換できるということを覚えておくと視野が広がります。

-dカード, JMBローソンPontaカードVisa

Copyright© クレマネ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.