クレジットカードやポイントの情報を中心に、お金の効率的な使い方を伝える節約ブログ

クレカマネー

GOLD クレジットカード

「dカード GOLD」を「dカード」と比較検証!本当におトクなのか?

投稿日:

【特報!】ふるさと納税「HIS旅行券」還元率50%

【特報!】年12%の低金利・新しい審査基準で借り入れのチャンス!

年会費10800円(税込み)

基本ポイント還元率1%

国際ブランド:VISA/Master Card

貯まるポイント:dポイント

スポンサーリンク

dカード比較一覧表

まずはノーマルのdカードと比較するために表を作ってみました。

dカードGOLD dカード
年会費 10800円(税込) 1350円(税込)※年一回の利用で無料
家族カード年会費 1枚目無料 2枚目以降1080円 432円(税込み)※年一回の利用で無料
ケータイ・ドコモ光利用料金のポイント還元 10%
基本ポイント還元率 1% 1%
dカードケータイ補償 最大10万円補償(購入から3年以内) 最大1万円補償(購入から1年以内)
お買い物あんしん保険 年間300万円まで 年間100万円まで
海外旅行保険 最大1億円
ラウンジ利用 ×

「dカードGOLD」が通常の「dカード」よりかなり優れている部分は3つあります。
これから、そのお得な3つのポイントを説明していきます。

 

おトク1.携帯料金の10%の「dポイントが還元される」

ドコモにどっぷり浸かっている方にオススメしたいカードです。

ドコモユーザーなら、もらえるポイントや特典も多く、補償も充実しています。

 

基本的にポイント還元率は1%ですが「dカードGOLD」なら毎月携帯料金の10%がもらえます!

「dカード」、「dカードGOLD」共にこれらのカードの基本ポイント還元率は1%となっております。
10%はどの部分でもらえるのかと言いますと、ドコモユーザーとしての毎月の携帯料金の10%分がボーナスとして「dポイント」で毎月還元されます。

 

年会費10800円(税込)分を超えるdポイントを年間で獲得できるのならゴーサイン!

ここでキーポイントとなってくるのが、「dカードGOLD」の年会費10800円(税込)との比較です。

「dカードGOLD」の10%は、月々の携帯料金の10%がもらえるわけですが、ドコモの月々の携帯料金、これは「DAZN for docomo」や「dTV」の動画コンテンツ、「ドコモ光」の料金、そして家族でパケット料金を共有する「シェアパック」等も、月々の携帯料金の対象になってきます。

これらの合計額が月10000円を超えるようでしたら、年間のdポイントの獲得額が1000×12=12000ポイント程度になり、年会費10800円(税込)の額を超えるので「dカードGOLD」を申し込んだほうがおトクということになります。

あと、例えば、家族ですべての回線がらみをドコモに集約し、「ドコモ携帯」+「ドコモ光」+「シェアパック」等で月々の携帯料金が20000円を超えるようでしたら、年間のポイント獲得額が2000×12=24000ポイント以上になりますので、ここまでの携帯料金を支払っているんでしたら、絶対に「dカードGOLD」に申し込んだほうが絶対におトクになります。

ポイント:月々の携帯料金が10000円を超えるようだったら、「dカードGOLD」を選ぼう!

 

一つだけ注意点!「dカードGOLD」を申し込む人は、「月々サポート」を利用してはいけない!

「dカードGOLD」をこれから取得したいとご興味を持っていらっしゃる方は、ただ一点ご注意頂きたいことがございます。
それは、「月々の携帯料金の10%」をもらえるという部分ですが、携帯の分割払いの金額部分は10%の対象外であり、さらに月々サポートの金額分が10%対象額から差し引かれます。
このことを知らないで「dカードGOLD」を申し込む方がいらっしゃるようなので、クレジットカード入手前にこの事をしっかりと把握し、月々サポートを利用する形で携帯を購入せず「dカードGOLD」に申し込むのがよろしいかと思われます。

 

月々サポートは「一括払い」でも「分割払い」でも適用

「月々サポート」は、毎月の携帯料金から引かれる形となりますので、「月々サポート」で携帯を購入してしまうと、たとえ一括払いでも月々の携帯料金から引かれてしまいます。

したがって、「月々サポート」を利用する限り、「dカードGOLD」10%還元の取り分を減らしてしまうことになります。

 

「端末購入サポート」での購入がおすすめ!

では、「月々サポート」の適用を受けないでドコモ携帯を買ういい方法は何かないか?というと、「端末購入サポート」というものがあります。

「端末購入サポート」とは、購入時に一括で携帯端末の代金を値引きするという方法です。

「月々サポート」は2年間にわたって月々の携帯料金から値引きするのに対して、
「端末購入サポート」は、「月々サポート」の2年分の割引額を最初の購入時に一気に値引きしてしまおうというものです。

「端末購入サポート」なら、「dカードGOLD」の10%還元分を侵食することはないので、「dカードGOLD」取得予定の方は「端末購入サポート」での購入をお願いします。

 

「端末購入サポート」は最新機種には使えない!

「端末購入サポート」は、発売からしばらく経った古い機種であれば適用されます。

2018年1月現在であれば、「ipohne8」までの機種なら「端末購入サポート」で購入することができます。

となると、最新機種の「iphoneX(10)」は、「月々サポート」でしか購入できないので、「dカードGOLD」取得予定者は、「iphoneX(10)」の購入は避けるか、もしくは「端末購入サポート」の適用になるまで待たなくてはなりません。

 

 

おトク2.年間100万以上の利用で10000円相当の割引券がもらえる

「dカード」を年間100万以上利用すると、10000円相当のドコモケータイの割引クーポンがもらえ、さらに年間200万以上利用すると20000円相当の割引クーポンがもらえます。

もらえるクーポンは、ケータイだけでなく、「dファッション」「dトラベル」「dTVターミナルのお試しクーポン」等にも交換することができます。

この年間利用額でもらえるクーポンを加味すると、ノーマルの「dカード」は還元率1%なのに対し、「dカードGOLD」は還元率2%と言うこともできます。

「dカードGOLD」の賢い利用の仕方としては、もらえる割引クーポンのラインが年間100万と200万の2段階になってますので、年間100万・200万をぎりぎり超えるぐらいの利用額に抑えるのがベストです。

そのラインを越えてのカード利用は還元率を下げることになりますし、極端な例を出しますが、年間利用額が99万や199万だったりすると還元率が1%付近になってしまうので、計画的に年間100万・200万のラインをぎりぎり超えるようにカードを使っていきましょう。

この割引券もただ1点注意点がございます。

それは、他のクーポンと併用ができないということです。

例えば、10000円引きのクーポンをケータイの割引に使ったとすると、他の割引クーポンと併用できないということです。

10000円引き・20000円引きのクーポンは他のクーポンとは併用できないということを覚えておいてください。

 

おトク3.ドコモ携帯が3年間最大10万円まで補償

クレジットカード「dカード」を使ってケータイ購入した場合にケータイ補償があります。
ノーマルの「dカード」は購入から1年・最大1万円なのに対して、「dカードGOLD」は3年・最大10万円まで補償してくれます。

要件が「水漏れ・全損」と少し厳しく、軽微な故障では補償の対象にはならないのですが、万が一全損レベルで携帯が壊れた時は手厚く補償してもらえます。

この補償を受けるためには、「dカードGOLD」での購入が条件となってますので、

「dカードGOLD」に申し込んでから、「dカードGOLD」クレカで「端末購入サポート」適用で購入するのがベストです。

繰り返しになってしまいますが、ドコモ携帯の購入時に「月々サポート」を適用させて購入してしまうと、「一括購入」「分割購入」にかかわらず、割引分だけ「dカードGOLD」10%還元額から引かれてしまいますから、「dカード GOLD」の方は「端末こ購入サポート」での購入を推奨します。

 

まとめ 「dカード」&「dカード GOLD」のご紹介

「dカード」と「dカードGOLD」でカードでの支払いによるポイントの貯まり方に違いはありません。普通の方なら「dカード」で十分 基本還元率は1%ですが、こえたらリボ設定にして毎月リボ残高が発生するような支払い方をすれば、還元率は1.5%になります。

 

ドコモのスマホ契約者なら、断然「dカードGOLD」がおすすめ!携帯利用料金の10%を「dポイント」で還元。携帯全損3年保証。年間100万カード利用で1万円相当のクーポン取得で実質還元率2% こえたらリボで2.5%にもなります。

 

ポインコデザインもあり!(クリックすると公式サイトに移動します)

 

 

>>「クレジットカード一覧」へ

-GOLD, クレジットカード

Copyright© クレカマネー , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.