クレジットカードやポイントの情報を中心に、お金の効率的な使い方を伝える節約ブログ

クレカマネー

ランキング 楽天カード

審査が通りやすい(甘い)クレジットカードを全て紹介!

投稿日:

審査の通りやすいカードは確かに存在します。

・正社員ではないため年収が低くクレジットカードの審査に通るのが不安な方

または、

・過去に支払いが遅れて信用情報に傷が付いてしまい、クレジットカードの審査に通らなくなってしまった方

こういった方々はまず、自分が手に入れたいカードではなく、審査に通りやすいカードに申し込んでクレジットカードを手に入れ、そのカードで半年以上支払い日に遅れることなく支払いをして信用情報を積み上げたあとに、本当に自分が欲しいクレジットカードに申し込むのがいいと思います。

この記事では、審査に通りやすいといわれているカードを一通りご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 

楽天カード 年会費無料

2018年1月に「楽天カード」が取扱高が1位になりました。

楽天、クレジットカード取扱高トップに(日本経済新聞)

「楽天カード」の取扱高が1位になった理由の1つに、「楽天カード」は審査に通りやすく皆が簡単に取得できるカードだったのが理由の1つにあります。

一般的に、クレジットカードの審査にぎりぎり通った人のショッピング限度額は30万円といわれていますが、「楽天カード」は一時期、ショッピング限度額を5万や10万といった低額でクレジットカードを発行し、通常は審査に通らない方のショッピング限度額を低くすることによってカード発行枚数を増やしてきました。

クレジットカードの取扱高が1位になった今は5万・10万発行といったことは無くなりましたが、それでもクレジットカード全体から見れば今でも十分審査に通りやすいカード、それが「楽天カード」です。

楽天カードの解説ページはコチラ

 

スポンサーリンク

 

マジカルクラブTカード 年会費無料

クレジットカードの審査にギリギリ通った方の限度額は30万が一般的なのは「楽天カード」のところでもお話ししましたが、「マジカルクラブTカード」も同様にクレジットカードの限度額を低くして温情発行してくれるようなカードです。
「マジカルクラブTカード」は今でもクレジットカードのショッピング限度額を5万円で発行することもあるそうです。
中には3万円で発行してもらえる場合もあるようです。
審査が通った場合のショッピング枠は最初は低めですが、3か月後、6か月後に増枠されやすいので心配はいりません。

また、このカードを申し込む場合、同時に「ニッセン」のオンラインショップの会員登録も行われます。
クレジットカードの会員を増やすと「ニッセン」を使ってくれる顧客も増え顧客開拓につながります。
「ニッセン」のターゲットとなる層は主婦層がメインですが、主婦層は、専業主婦やパートアルバイトexの方が多いため、審査を厳しくしてしまうとターゲット層に対してクレジットカードの発行ができなくなります。
それが、「マジカルクラブTカード」の審査が比較的易しいと言われる理由です。

 

マジカルクラブTカードの解説記事はコチラ

 

スポンサーリンク

 

ライフカード 年会費無料

消費者金融「アイフル」の子会社「ライフカード」株式会社が発行しているクレジットカードがライフカードです。
一般的に、消費者金融系のクレジットカードは審査に通りやすいと言われているのに加えて、「ライフカード」は2017年7月以降誕生月ポイント5倍(還元率2.5%)から誕生日ポイント3倍(還元率1.5%)に変更したことによりカード会員離れをおこしてしまったため、その穴埋めとなるカード会員獲得のために最近審査がさらにやさしめになっているといわれています。
「ライフカード」もショッピング限度額30万を下回る「20万」や「10万」でカードを発行していますので、審査に通りやすいカードであるのは間違いないです。

さらに、ライフカードにはもう1つ特別なルートがあって、年会費無料の「ライフカード」の審査に落ちてしまっても、一定の条件を満たした方だけに、年会費5000円の有料「ライフカード」の案内がメールできます。

なので、無料「ライフカード」に落ちてしまっても、有料「ライフカード」で救済してくれるという2段階構造になっています。

2段階体制でカードを発行してもらえる可能性があるので、今までクレジットカードの審査に通らなかった人は「ライフカード」も検討してほしいところです。

有料ライフカードの解説ページはコチラ

 

スポンサーリンク

 

アメリカンエキスプレスゴールドカード 年会費29000円+税

「アメリカン・エキスプレス」略して「アメックス」のプロパー(公式)カードと言われているカード群も審査に通りやすいと言われています。
なぜなら、通常のカード会社はクレジットカードの審査をする時に「CIC」という信用情報を覗いてから判断を下すわけですが、「アメックス」は外資系の企業なだけに、その「CIC」の情報を見ずに審査をすると言われています。
なので、過去に支払いが遅れて「CIC」の信用情報に問題があったとしても、「アメックス」はそこを見ないので審査に通る可能性が十分にあるわけです。

中でも、ゴールドカードの「アメックスゴールド」が一番審査に通りやすいと言われています。
なぜなら、年会費を(29000円+税)と一番多く払うので、お金をたくさん収めるかわりに審査に通して頂くという意味合いで、「ANAアメックス」や「アメックス・グリーン」といったゴールドより下のランクのカードよりも審査に通る可能性が高まるといわれています。

ですから、絶対に審査に通りたいなら「アメックス・ゴールド」で申し込むのがいいです。

ただし、「アメックス」の審査に関しては、正社員ではないと審査に通ることは難しいかなといったところです。

正社員じゃない方も含め、年収が低かったり、住居が賃貸だったり、勤続年数が短かったり、会社の規模が小さかったり、固定電話がなかったり、いわゆる属性の低い低属性の方が申し込んでも審査には通らない可能性が高いので、そういった方は「アメックス」に申し込むのはやめたほうがいいと思います。
低属性の方は、このページで先に取り上げた、「楽天カード」「マジカルTカード」「ライフカード」に申し込むのがいいと思います。

アメックス(AMEX)カードの解説記事はコチラ

-ランキング, 楽天カード

Copyright© クレカマネー , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.