クレジットカードやポイントの情報を中心に、お金の効率的な使い方・増やし方を伝えるメディア

クレカマネー

イオンカード

イオンゴールドカードの条件と最短2か月で取得する方法を解説!

投稿日:

【特報!】楽天カードが新規入会&利用で「7000ポイントもらえるキャンペーン」を12月18日(月)10:00まで開催!!!申込するなら今!

クレジットカードの中には、条件を満たすと無料でゴールドカードへの招待(インビテーション)が届くカードが存在します。その無料招待が来るカードは3つあって、「セブンカードプラス」、「エポスカード」、そして「イオンカード」です。ここでは、イオンカードのゴールドカード無料招待について解説したいと思います。

スポンサーリンク

私もイオンカードセレクトゴールド ディズニーデザインを取得しました!

私自身、2016年の10月に「イオンカードセレクト」を申し込み、12月にはゴールドカードの条件を満たし、しばらく経った次の年の2017年5月に「イオンカードセレクトゴールド」を入手することができました。

自分が実際に条件を満たして入手してみていくつか気づいたことがありますので、それも含めイオンカードのゴールド無料招待の解説をしていきたいと思います。

 

「イオンゴールドカード」の招待が来るカードは限られている

「イオンカード」の中でも、ゴールド無料招待(インビテーション)が来るカードはほんの一部です。

・イオンカード
・イオンカード(WAON一体型)
・イオンカード(ディズニーデザイン)
・イオンカードセレクト
・イオンカードセレクト(ディズニーデザイン)

これ以外の「イオンカード」ではゴールド無料招待は来ません。

「イオンカード」の中で最もおすすめといえば「イオン銀行キャッシュカード」との一体型である「イオンカードセレクト」ですが、そのカードが無料ゴールド招待の対象になっているだけで十分ですね。



「イオンゴールドカード」になるとどんな特典があるのか?

「イオンカード」がゴールドにグレードアップすると、どういった特典があるのか解説します。特典は3つです。

1.イオンや空港のラウンジに入れる

私がゴールドカードを取得してから最も恩恵を受けているのがこれなんですが、全国にあるイオンの中にある「イオンラウンジ」を使うことができます。

お金を払って喫茶店でコーヒーも飲むまでもなく、ちょっと無料で休憩してお茶でも飲みたい時には最適ですね。

「トップバリュー」のお菓子も出ますし、ホット・コールドの「トップバリューブランド」のドリンクも飲み放題です。

また、羽田空港のラウンジも使えます。

羽田空港第一旅客ターミナル内

エアポートラウンジ[中央]
エアポートラウンジ[北]
エアポートラウンジ[南]

羽田空港第二旅客ターミナル内

エアポートラウンジ[南]
エアポートラウンジ[北]
エアポートラウンジ[北ピア]

 

2.国内・海外旅行保険が付く

ゴールドではないノーマルの「イオンカード」には旅行保険は付いていません。(以前は付いていたようですが無くなってしまったようです)
「イオンゴールド」にグレードアップすることによって国内・海外の旅行保険が付きます。

海外旅行保険は自動付帯

海外旅行保険は自動付帯なのでカードを使わなくても持っているだけで効果を発揮します。

死亡・後遺障害:3,000万円
傷害治療費用:200万円
疾病治療費用:100万円
賠償責任:3,000万円
携行品損害:30万円(自己負担3,000円)
救援者費用:100万円

金額が低めの補償となっていますが、年会費無料でこれだかの保証が付いてくるは有難いですね。
「死亡・後遺障害」以外は他のカードと補償金額を合算できるので、補償を厚くしたいのなら同じく年会費無料で海外旅行保険自動付帯の「エポスカード」と2枚保有しておくのがベストだと思います。

国内旅行保険は利用付帯

国内の旅行も利用付帯ですが保険が付いてます。旅行中の交通機関や宿泊を「イオンゴールドカード」で支払えば保険が適用されます。

傷害による死亡・後遺障害 3,000万円
傷害による入院(最高180日分)日額5,000円
傷害による通院(最高90日分)日額3,000円

 

3.ショッピング保険の補償金額がグレードアップ

「ショッピング保険」とは、クレジットカードで購入した商品が偶然な事故で使い物にならなくなったときに、その損額を補償してくれる保険です。
年会費無料でポイント還元率のいいカードにショッピング保険が付いてるカードは少ないのですが、「イオンカード」にはショッピング保険が付いています。
ノーマルの「イオンカード」だと、購入から180日・年間最高50万まで補償ですが、「イオンカードゴールド」にあると180日・年間最高300万円まで補償されます。

 

以上、ゴールドになると3つの特典が付与されます。

「イオンカード」ゴールドの条件とは?

イオンカード/イオンカード(WAON一体型)/イオンカードセレクト共通の条件

1.年間カード利用金額が100万円以上
2.カード入会からのカード利用金額累計が500万円以上
3.年間のカード利用件数が120件以上、かつ利用金額80万円以上
4.イオングループのみの利用が直近1年間で60万円以上

イオンカードセレクトのみの条件

5.イオン銀行の住宅ローンを利用
6.定期預金残高が500万円以上
7.投資信託残高が100万円以上
8.個人年金保険を契約

 

「イオン」はゴールド招待の条件は一般的には公表していないのですが、だいたいこんなところだろうと言われています。

「イオンカードセレクト」は「イオン銀行」とキャッシュカード機能一体型のカードなので、「イオンカードセレクト」の申し込みと同時に「イオン銀行」も自動的に開設することになります。
5~8までの「イオンカードセレクト」のみの条件は「イオン銀行」を通しての取引になるので、「イオンカードセレクト」でしか達成できない条件となります。

これらの中で、なるべくお金を使うことなく、少ない元手で達成できる方法は何だろうか?と考えました。
そして、出した結論が「7.投資信託残高が100万円以上」で条件を達成することでした。

 

投資信託100万以上預けることにした理由

私が「投資信託」でゴールドを目指すことにした理由は、

・「イオン」を通じて特に購入したいものもなかったし、カード利用額もせいぜい月数万円だったので、カード利用の条件を達成しようとすると、お金を無駄遣いしてしまうこと。
・定期預金の条件500万と比べて、投資信託は元手のお金が100万で済むこと。
・投資信託なら数か月100万円預けて、ゴールドの招待が来たら解約すれば元手の100万が戻ってくるので損をしない。

これらの理由で投資信託で条件を達成することに決め、投資信託口座を開設し100万よりちょっと多めの110万円を投資信託に預けました。

投資信託を100万円預けたら2か月目で条件を達成していた

私は2017年11月1日に投資信託に100万を預けましたが、その次の月の12月には条件を達成しゴールドの条件を達成していたようです。

ゴールドの招待ハカギや通知等は一切なかった

私の場合だけかもしれませんが、ゴールドの条件を達成してもイオン側からの通知は何もありませんでした。
年が明けてから5月になって何気なく管理画面の「各種カード切替・追加申込み」のところをクリックしてみたら

ゴールドに無料で切り替えられますとの案内が表示されていました。

 

すぐに、デスクに電話して私がいつゴールドの条件を達成したか聞いてみたのですが、

「だいたいでしかわかりませんが2016年の12月頃には条件を達成しているみたいですね」

「ゴールドの案内ハガキを遅らせて頂いたいと思うのですがご覧になられましたか?」

ゴールドの案内ハガキなんか来てませんし・・・

まぁそこは「イオン」のシステムがうまくいってないということで納得することにしました。

 

イオンの管理画面の「各種カード切替・追加申込み」はマメにチェックしよう!

私のように、ゴールドの条件を達成しても「イオン」から案内が来ない場合もありますので、イオンの管理画面はマメにチェックするようにしたほうがいいですね。

まとめ

イオンゴールドカード最短の取得を目指すなら投資信託100万で条件を達成できる「イオンカードセレクト」です。
「イオンカード」のほうだと結構な額のカード利用が必要なのでおすすめではないですね。

「イオンゴールド」目的で「イオンカード」を取得するなら絶対に「イオンカードセレクト」!

これだけは覚えておきましょう。

 

>>イオンカードセレクトの詳細&申込はコチラ

-イオンカード

Copyright© クレカマネー , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.