クレジットカードやポイントの情報を中心に、お金の効率的な使い方を伝える節約ブログ

クレカマネー

デビットカード プリペイドカード

プリペイドカード&デビットカード還元率比較ランキング2018

投稿日:

今回は、「クレジットカード」ではなく「プリペイドカード」と「デビットカード」の還元率の高いカードをご紹介したいと思います。
ツケ払いの「クレジットカード」と違って、「プリペイドカード」は前払い、「デビットカード」はすぐに口座残高から引き落としされるものです。
「プリペイドカード」は審査がなく簡単に取得でき、「デビットカード」も審査が必要なカードも若干存在しますが、基本的に審査は必要としません。
「プリペイドカード」と「デビットカード」は審査がいらないという点で非常に似ています。

 

「プリペイドカード」や「デビットカード」を使うにしても、ポイントが付与され、しかもできれば還元率の高いカードを使いたいですよね。

「プリペイドカード」には、「デビットカード」や「クレジットカード」からチャージできるものがあるので、チャージとの複合技でお得になる組み合わせを含め、おトクなカードをご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

Kyash(キャシュ) 還元率2%+α 年会費無料

2018年6月7日にバーチャルカードしかなかった「Kyash」が還元率常時2%のリアルカードを出してきました。
クレジットカードを「Kyash」に登録すれば、「Kyash」を利用した瞬間にクレジットカードから差し引かれる「デビットカード」のような役割になります。
クレジットカードチャージでポイントが貯まるかどうかはこれから検証が必要ですが、もしポイントが実際に貯まるとなれば、例えば還元率1.2%のカードなら合計3.2%の還元率になります。

「Kyash」の詳細については、↓コチラ↓をご覧ください。

関連記事:kyash(キャシュ)が還元率2%のリアルカードをリリース!クレジットカードチャージもできて最強に!

 

プリペイドカード「LINE PAY(ラインペイ) カード」 最大2% 年会費無料

2018年5月31日までは還元率2%でしたが、2018年6月1日からは「LINE PAY」のコード決済を含めた「LINE 」サービスの利用額によって「LINE PAY カード」の還元率が最大2%になりました!
マイカラーが「グリーン」なら還元率2%ですが、それ以外のランクなら還元率1%以下なので、マイカラーが「グリーン」じゃない人は、コード決済をはじめとした「LINE PAY」のサービス全般を使って翌月に「グリーン」にしないといけません。
「グリーン」になれる条件は公表されておらず、LINEが自由に決めるような形になっています。

 

関連記事:LINE Pay ラインペイカードが改悪!ポイント還元率が常時2%から最大2%へ変更!

 

デビットカード「Sony Bank WALLET(ソニーバンクウォレット)」 最大2% 年会費無料

ソニー銀行が発行するデビットカード「Sony Bank WALLET(ソニーバンクウォレット)」です。
ポイント還元率が0.5%、1%、1.5%、2%とステージに応じて4段階に分かれており、最上級ランクの「プラチナ」ランクになるためには、ソニー銀行の「外貨預金」か「投資信託」に1000万円以上預ける必要があります。
でも1000万以上預ければ無条件で常時還元率2%なので、預貯金が1000万円以上の方にとっては「Sony Bank WALLET」が最有力候補になります。

 

デビットカード「タカシマヤプラチナデビットカード」 常時2% 年会費32400円(税込)

預貯金1000万円も持ってない!という方におすすめなのが「タカシマヤプラチナデビットカード」です。
こちらのカードは、ソニー銀行発行のデビットカード「Sony Bank WALLET(ソニーバンクウォレット)」と一体型となったカードです。
年会費32400円を支払うことになりますが、ポイント還元率常時2%を実現できます。
タカシマヤでのお買い物なら還元率10%!

 

プリペイドカード「ポレットカード」+「セディナカード jiyu!da!」+「JALカード」 還元率合計3%

「ポレットカード」はセディナと提携して発行されたプリペイドカードです。
チャージした時点で0.5%のポイント加算
提携の「セディナカード」からのチャージならチャージ手数料無料でおトク。
「セディナカード」の中でも「セディナカード jiyu!da!」ならクレジットカード代金の支払いに納付書払いを選択できるので、

ポレットチャージ0.5%+セディナカード利用0.5%+コンビニ納付書払い「JALカード」→「JMB WAON」2%=3%の還元が可能です。

くわしくは↓コチラ↓をご覧ください。
関連記事:ポレット(Pollet)カードチャージにおすすめのクレジットカード

 

「ANAJCBプリペイド」+「楽天銀行デビットカード(JCB)」 還元率合計最大1.65%

「ANA」が発行するプリペイドカード「ANAJCBプリペイド」です。
カード利用につき0.5%マイル獲得。

チャージでボーナスマイル
半年間のチャージ合計額が
24万円以上→一律360マイル
12万円以上→一律180マイル
ぴったり12万・24万使えば還元率0.15%マイル加算。

そして「ANAJCBプリペイド」に、還元率1%の「楽天銀行デビットカード(JCB)」からチャージできますので、プリペイドカード+デビットカードの組み合わせで、還元率が最大1.65%になります。

クレジットカードで「ANAJCBプリペイド」にチャージもあり!

「楽天銀行デビットカード(JCB)」でなく、クレジットカードでチャージしてもOKです。

還元率1%の「JCB」ブランドのクレジットカードでチャージすれば合計還元率1.65%になります。

「ANAJCBプリペイド」にチャージできる「JCB」ブランドのカードは、開放JCBであれば可能です。

「楽天カード」(1%)
「Yahoo!Japanカード」(1%)
「ECナビカードプラス」(1.1%)
「アクシスカードプラス」(1%→年間200万利用で翌年度2%)

株式会社ジェーシービー発行の「JCB」ブランドのカード(いわゆる提携JCB)例「リクルートカード」ではチャージできません。

 

プリペイドカード「au wallet プリペイドカード」+「エポスカードゴールド」還元率合計最大2.5% 年会費無料可能

au携帯の契約者が持てる「au wallet プリペイドカード」は、200円につき1ポイント貯まる還元率0.5%のカードです。
「au wallet プリペイドカード」にチャージできるクレジットカードで一番おトクなのが「エポスカードゴールド」です。
「エポスカードゴールド」の基本還元率は0.5%ですが、自動リボ払いを選択することによって還元率2倍の1%にすることができます。(エポスカードの自動リボ払いはリボ手数料がかからない技があります!)
さらに、年間50万使えば2500ポイント付与で還元率+0.5%。年間100万使えば10000ポイント付与で還元率+1%(2500ポイントと10000ポイントはどちらか片方だけもらえます。)
「エポスカードゴールド」は年間100万ぴったり使えば還元率2%の高還元カードです。
還元率2%で「エポスカード」にチャージして、「au wallet プリペイドカード」で支払えば合計還元率2.5%になります。
「エポスカードゴールド」は、直接取得すれば初年度年会費5000円かかりますが、年間50万円以上利用で翌年度より年会費永久無料。
それよりも、スタンダードカードの「エポスカード」を取得して修行を積めば、ゴールドカードへのインビテーション(招待)が届きますので、年会費無料で「エポスカードゴールド」が持てるようになります。
急いでない方はぜったい「エポスカード」で修行を積んでゴールドの招待を受けたほうがいいと思います。

関連記事:au wallet プリペイドカードへのクレジットチャージに最適なクレジットカードが現れる!

-デビットカード, プリペイドカード

Copyright© クレカマネー , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.