クレジットカードやポイントの情報を中心に、お金の効率的な使い方・増やし方を伝えるメディア

クレカマネー

EPOS エポスカード

エポスカードの還元率を解説します!

投稿日:

【特報!】楽天カードが新規入会&利用で「7000ポイントもらえるキャンペーン」を12月18日(月)10:00まで開催!!!申込するなら今!

エポスカードの還元率を把握したいという方が多くいらっしゃるみたいなので、こちらで解説していきたいと思います。
エポスカード(スタンダード)・エポスカードゴールド・エポスプラチナカードの還元率をそれぞれわかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

エポスカードのポイント基本還元率は0.5%

まず、ベースとなる基本還元率ですが、「エポスカード」を普通に使った場合、ポイント還元率は0.5%です。

ゴールドカードの「エポスゴールドカード」もプラチナカードの「エポスプラチナカード」も0.5%です。

今時の高還元率のクレジットカードは1%ポイント還元が当たり前なので、エポスカードの0.5%という数値に「低い」と感じる方もいるかもしれません。

しかし、「エポスカード」は、あらゆるテクニックを駆使することによって、他のクレジットカードを追い抜くほどのパフォーマンスを発揮し、高い還元率を実現します。

エポスカード(スタンダード)

テクニックその1 リボ払いにしてポイント還元率を2倍の1%に!

まず1つ目のテクニックですが、リボ払いにすることによってポイント還元率は0.5%から1%に上昇します。

「リボ払いにすると、リボ手数料がかかるんじゃないの?」

と、思われる方もいるかもしれませんが、あるテクニックを使うことによってそのリボ払いの手数料を0円にすることができます。

そのテクニックとは、全国各地に「エポスATM」があるかと思われますが、「エポスカード」の締め日から確定日の間に、「エポスATM」でリボ払いにした分を返済すると手数料がかかりません。

「エポスカード」の全額リボ払いに設定する「いつでもリボ」にして、確定日前に「エポスATM」で全額支払う。

これによって、エポスカードは常時還元率1%にカードにバージョンアップするわけですね。

「エポスATM」が近くにない方には、コンビニのATMでも返済可能!

「エポスカード」の早期返済は、別に「エポスATM」あなくても、近くのコンビニ「セブン銀行」「イオン銀行」「ゆうちょ銀行」「ファミリーマート・ローソン・スリーエフ等にある)E-net ATM」でも支払い可能です。

ただし、「エポスATM」と「その他コンビニATM」ではちょっとした違いがありまして、

それは、

「エポスATM」は、1円単位で支払い可能なので、端数を残すことなく1円残らず全額支払うことができますが、

「その他コンビニのATM」は、1000円単位でしか支払いができないということです。

それによって、「その他コンビにのATM」で支払いを行ったばあい、千円未満金額が余ってしまい、その金額に対してリボ手数料がかかってしまいますが、せいぜい数百円ですからたいしたリボ手数料の金額にはならないので(10円程度)、「コンビニATM」で支払う方にとってはそれほどデメリットにはならないでしょう。

関連記事:エポスカードリボ払い早期返済をエポスATMで行う具体的手順

 

エポスゴールドカード

メリットを最大限に利用すれば還元率最大3%に!

「エポスカード」を使っていくと「エポスゴールドカード」の招待インビテーションが届きます。

「エポスゴールドカード」になっても、基本的な部分は変わりありません。

基本還元率は0.5%で、自動リボ払いを選択すると還元率1%になります。

これに加えて、「エポスゴールドカード」では年間利用額による、ボーナスポイントが与えらます。

年間利用額50万円で2500ポイント
年間利用額100万で10000ポイント

年間利用額50万ぴったりで止めますと、還元率は+0.5%

年間利用額100万ぴったりで止めますと 還元率は1%となります。

年間利用額100万を達成すれば10000ポイントもらえますが、50万達成時の2500ポイントはもらえなくなります。

選べるポイントアップモールで3倍

これだけはなく「エポスゴールドカード」になると、「選べるポイントアップショップ」というものがあり、3つ登録したものがポイント3倍になります。

ポイント3倍を還元率に引き直すと、基本還元率0.5%の3倍ですから1.5%になりますので、「えらべるポイントアップショップ」に登録したものは+1%還元率がアップします。

年間100万円カード利用したとして、「エポスゴールドカード」の合計還元率を計算しますと、

「選べるポイントアップショップ」に登録したお店では還元率3%
「選べるポイントアップショップ」に登録しなかったお店では還元率2%

「エポスゴールドカード」では、年間利用額100万円でボーナスポイント10000ポイントを頂いたら、それ以降はボーナスポイントはもらえませんので、100万円以上使えば使うほど還元率は下がっていくことになります。

したがって、「エポスゴールドカード」では年間利用額100万円少し超えるぐらいで後は利用しないでおくことが賢い使い方と言えます。

「エポスカード」(スタンダード)で獲得できるエポスポイントのポイント有効期限は2年間ですが、「エポスゴールドカード」にグレードアップするとポイントの有効期限が無くなり

この点も、「エポスゴールドカード」のメリットと言えます。

 

エポスプラチナカード

「エポスプラチナカード」になると、年間100万利用でなんと20000ポイントもボーナスポイントがもらえますが、「招待プラチナ」でも年会費が20000円(税込)かかるので、年間100万利用でプラスマイナス0ということになります。

「エポスプラチナカード」は年間カード利用100万単位でもらえるポイントも増えていきますが、徐々に還元率が悪くなってしまいます。

年間利用額 獲得ボーナスポイント 還元率
100万円 20000ポイント 2.00%
200万円 30000ポイント 1.5%
300万円 40000ポイント 1.33%
500万円 50000ポイント 1.00%
700万円 60000ポイント 0.86%
900万円 70000ポイント 0.78%
1100万円 80000ポイント 0.73%
1300万円 90000ポイント 0.69%
1500万円 100000ポイント 0.67%

したがって、ポイントだけで比較するなら「エポスゴールドカード」年間100万円利用で止めておいたほうが一番ポイント還元率がいいということになります。

 

エポスカードへお願いしたい改善点

「エポスプラチナカード」よりも「エポスゴールド」100万円利用で止めておいたほうがポイントの還元率がいいという仕組みは「エポスカード」の年間100万円以上の利用を阻害していると思います。
「エポスプラチナ」の還元率や年会費の仕組みを変えて、「エポスゴールド」よりもおトクになるように変更すれば、「エポスプラチナ」にグレードアップして何百万も使う人が出てくるのではと思います。
関連記事:

 

エポスカードの総合解説記事

 

ETCカードで最強のクレジットカードは「エポスゴールドカード」

 

エポスカードに銀魂(ぎんたま)デザインが登場!

 

エポスカードの還元率を徹底解説!

 

-クレジットカードTOP-

-EPOS エポスカード
-

Copyright© クレカマネー , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.